life

「100かいだてのいえ」シリーズ 待望の最新刊は『そらの100かいだてのいえ』

そらカバー_文字つめ修正
シリーズ累計部数は270万部! 大人気絵本、「100かいだてのいえ」シリーズはご存じでしょうか? それまでの絵本の概念を覆した、縦開きの絵本です。

これまで2008年の『100かいだてのいえ』を皮切りに、2009年に『ちか100かいだてのいえ』、2014年に『うみの100かいだてのいえ』が刊行。作者・いわいとしおさんが描く、イキイキとした動物たちや、すみずみまで楽しめる細かい描きこみ、縦開きの2ページを使った大迫力の絵で、多くの子どもたちを魅了してきました。

この「100かいだてのいえ」シリーズの、待望の最新作が8月8日(火)に発売されます! その名も『そらの100かいだてのいえ』。100階建てというだけでもかなりの高さなのに今度は空が舞台、どんな物語なのでしょう? 中身をちょっとだけご紹介します。

今度は空へ!『そらの100かいだてのいえ』をちょっとだけご紹介

今作の主人公はシジュウカラのツピくん。

sub4

あるさむい雪の日のこと、おなかをすかせたツピくんがみつけたのは、ひとつぶのひまわりの種でした。「これじゃ、おなかいっぱいにはならないや……そうだ! はなをさかせて、たねをふやそう!」ツピくんは、植える場所を探しに、空へと飛びたちます。

そしてこれまでの「100かいだてのいえ」シリーズとはひと味ちがう、住人たちが登場!

sub1

100階へいくことを勧める雲さんに……

sub2

種に水をあげてくれる雨さん。

sub9

虹のバームクーヘン! 素敵!

sub6

ほかにもユニークな住人たちが登場します。最上階である100階にいるのは、いったい誰なのでしょうか? そしてツピくんは、花を咲かせることはできるのでしょうか?

今作も、生きものや植物と自然環境とのつながりが、ユニークな切り口と親しみやすいタッチで描かれています。家の1階1階を、すみずみまでじっくりと見たい一冊。きっと親子で一緒に楽しめますよ!

発売は、2017年8月8日(火)の予定です。

<『そらの100かいだてのいえ』詳細>
作者:いわいとしお(岩井俊雄)
出版社:偕成社
発売日:2017年8月8日(火)予定
定価:1200円+税
サイズ:22cm×31cm
ページ数:32ページ

さらに刊行に合わせて、展覧会・サイン会も予定されています。

原画を見てみませんか? 展覧会・サイン会も開催

大阪・阪急うめだ本店にて、展覧会「あそびにおいで!100かいだてのいえ いわいとしおの絵本の世界展」が開催。「100かいだてのいえ」シリーズの全原画の展示をはじめとした充実の内容です。7月26日(水)、8月7日(月)には作者・いわいとしおさんが来店されるそうですよ!

会期は夏休み、7月26日(水)~ 8月7日(月)です。

<展示会詳細>
会期:2017年7月26日(水)~ 8月7日(月)
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
時間:
日~木曜日 午前10時~午後8時
金・土曜日 午前10時~午後9時
最終日 午前10時~午後6時
入場料:一般(中学生以下)700円 こども(3歳~小学生)500円 3歳未満 無料(すべて税込)

主催:阪急うめだ本店 企画:ラフォーレ原宿 企画協力:偕成社 協力:小学館

<作者・いわいとしおさんが登場>
★いわいとしおスペシャルトークショー「『そらの100かいだてのいえ』ができました!」★
日時:7月26日(水)午後1時~(約30分)
会場:9階阪急うめだホール
定員:400名(要予約)
★いわいとしお サイン会★
日時:7月26日(水)午後3時~、8月7日(月)午後1時~
会場:9階阪急うめだホール
定員:各回50名(要予約)

※いずれも要事前予約
※サイン会への参加は入場券を購入済みで、当日グッズショップにて対象書籍を購入した人が対象

阪急うめだ本店 ホームページ:http://www.hankyu-dept.co.jp

※申し込み方法の詳細は7月5日(水)から掲載

発売日はもうすぐ。最新刊を心待ちにしていた子どもたちも、まだ読んだことのない人も、ぜひ実物を手に取って楽しんでくださいね!

文・しらた まよ