life

保育園児は幼稚園児よりも食べ残しや好き嫌いが少ない?

pixta_15108945_M

先日筆者の子どもが通う幼稚園で、保護者向けに食育の勉強会がありました。給食業者の社長さんを招き、園児がどんなものを食べているのか実際に味わいつつ、食に関して勉強しよう、という会です。

その給食業者の社長さんは、幼稚園への弁当の卸しや保育園への調理師の派遣を多く扱っていて、「子どもにおいしいと思ってもらいたい」という信念で長年研究を重ねてこられたとのこと。そんな社長さんへ、「好き嫌いをなくしたい」「残さず食べてもらいたい」と思うママさんたちの質問が寄せられていました。

コツやレシピ、咀嚼、運動などなど回答とポイントを伝授していただいたのち、社長さんから独自の、気になるご意見が出されました。

『幼稚園児よりも保育園児の方が、食べ残しが少なく、好き嫌いも少ないかもしれない』

幼稚園ママたちはざわざわ……。

しかしもちろん社長さんに、幼稚園ママをけなす意図はありません。社長さんは園児の給食のプロ、これは冷静になって聞かなければ。

社長さんは、その理由を

『保育園児は保育園にいる時間が長いからではないかと思う』

とされていました。どういうことなのでしょうか? 社長さんのお話は、以下だいたいこのような感じでした。

保育園児は、お腹が減っても好きに食べられない→苦手なものでも残さず食べる

保育園児は幼稚園児よりも園にいる時間が長い。例外もありますが園にいる間、食事はお昼とおやつで、保育園から提供されるものだけになります。子どもが苦手な食材も当然出ます。食事の時間もしっかり管理されているので、乱暴な言い方ですが「食事の時間以外にお腹が減っても我慢」ということに。

さらに保育園児は登園時間が早く、午前中にカラダを目いっぱい動かして遊んだあと、お昼ごはんの頃にはとてもお腹が減っていることでしょう。

おなかが減っていれば、残さず食べられる。もしかしたら空腹という調味料と、友達と一緒に食べられる環境の効果で、苦手なものでもおいしく感じるのかも?

さて、幼稚園児はどうでしょうか。

幼稚園児は、降園後に好きなものを食べられる機会が多い→苦手なものを残す?

多くの幼稚園は保育園よりも園に滞在する時間が短く、降園後、子どもたちは自宅やお友達の家、外や習い事の教室などで過ごすことになります。

そこには何があるのかといえば、自分が好きなお菓子、ジュース等々……。習い事の教室でお友達同士でお菓子交換、なんてこともあります。

幼稚園児の場合、おいしいお菓子がすぐ手の届くところにあり、食べる時間もある。自分が好きなものを食べられる機会が自然と多くなってしまうから、給食やお弁当でわざわざ苦手なものに手を付けずに済み、残してしまうのかも?

……ということでした。

この意見に賛否両論があるとは思いますが、幼稚園児のいる我が家の場合は、振り返ってみればその通り……反省。自分、甘かったです。

苦手なものでもおいしく食べてもらうために調理を工夫し、好きなものにばかり目がいかないように環境を整えること。大切なことを改めて認識させていただきました。がんばります。

文・しらた まよ