life

プラレールの駅にホームドアが設置! 『今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション』

_prw_PI1fl_C9l9AvoB

(c) TOMY

プラレールの誕生から58年。世代を超えて楽しんでいるご家庭は多いのではないでしょうか? プラレールは線路をつなげて電車を走らせるだけでも楽しいのですが、最近は新しい技術を取り入れていて、ますますパワーアップしています!

7月13日(木)、ホームドアがついた駅という、時代の流れに沿った新商品『今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション』が発売されます。

プラレールらしく細部まで技術が詰まったこの商品、実は単におもちゃとして優秀なだけではなく、おもちゃ会社の皆さんのある想いが込められていました。

プラレールの駅にホームドアが設置されました

_prw_PI2im_fbOl0tk2

(c) TOMY

『今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション』はプラレールシリーズのレールや車両と合わせて遊ぶことのできる、都会の大型駅をイメージした商品。1番線から3番線までの路線・ホームと「トミカ」でも遊べる駅前ロータリーなどのセットで、1番線、3番線にはホームドアがあります。

ちなみにホームドアとは、実際の鉄道の駅で、線路側に設置される可動式のドアのことです。

pixta_11983788_M

ホームドア参考

普段は閉まっていて、電車の乗り降りをするときに開くしくみで、ホームへの転落や車両との接触を防ぐ目的で設置されています。全国の駅へのホームドアの設置率は年々上昇しているのだとか。

_prw_PI5im_A3T0PHk1

(c) TOMY

この時代の流れを受けて、ホームドアがプラレールの駅にも設置されました! 1番線のホームドアは、本物の駅同様、停車に合わせて自動で開くしくみ。レバーを使ってホームドアを閉めると、電車が動き出します。開閉時にはサウンドも連動し、効果音が流れます。さらにレバー操作によって、駅に到着した車両の停車・発車を自由にコントロールできますよ。3番線のホームドアは手動での開閉となります。

「まもなく3番線に新幹線がまいります」「駆け込み乗車はおやめください」など本物の駅のようなサウンドが40種類も収録されており、まさに現代の鉄道の駅を再現したかのようですね。

さらにさらに、スマートフォンアプリでの楽しみ方もあります。

スマートフォンアプリで、プラレールのなかに自分が登場!?

_prw_PI8im_SlIS64MC

(c) TOMY

『今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション』とスマートフォンアプリが連動し、スマートフォンをかざすと、アプリ上で駅の中を乗客が行き交います。

ランダムで出現する登場人物(プラキッズ)たちをタッチすると、さまざまなセリフが表示。ほかにもアプリ上でユーザーの顔写真を撮影するとユーザーの顔をした登場人物が出現するという、まるで自分がプラレールの世界の一員になったような体験ができます。家族みんなで楽しめそうですね!

ところでプラレールは遊んで楽しむだけでなく、鉄道会社での訓練にも使用されるといったように、おもちゃの枠を超えた社会的な役割も果たしているのだとか。

また、この商品には、子どもたちに自分だけの駅を自由自在にコントロールすることで創造力をより一層膨らませてほしいホームドアとその安全性について楽しみながら学んでほしいという、おもちゃ会社の皆さんの想いが込められているそうですよ。子どもたちがプラレールから学ぶことはたくさんあるのですね。

『今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション』は7月13日(木)発売です。プラレールファンのみなさん、ぜひチェックを!

『今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション』

希望小売価格:7,500円(税抜)
発売日:2017年7月13日(木)
対象年齢:3歳以上
取扱場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップ等

文・しらた まよ