child

“練馬区あるある”を描いた絵本の製作が決定! 練馬区×人気絵本作家「のぶみ」さんのコラボ作品

IMG_9791
独立70周年を迎えた東京都・練馬区は、2015年から実施している練馬区広報プロジェクト「Yori Dori Midori 練馬」の一環として、区民の練馬区への愛着を“絵本”で育む「I♡練馬あるある」キャンペーンをスタート!

この「I♡練馬あるある」キャンペーンでは、練馬区と区内在住の人気絵本作家のぶみさんとのコラボが実現! このたび、のぶみさんが練馬区の“あるある”を描いたオリジナル絵本の製作が決定したそうですよ。

いったいどんな内容の絵本なのでしょうか?

練馬区の”あるある”がいっぱいの絵本が誕生!

IMG_9784
『ママがおばけになっちゃった!』や『しんかんくん』シリーズ、テレビでも話題となった『いのちのはな』など子どもから大人までの胸に響く、数多くの絵本を手がけてきたのぶみさん。Eテレ『みいつけた!』の「おててえほん」や『おかあさんといっしょ』の「げんしじんちゃん」などのアニメのイラストも担当される人気絵本作家さんです。

そんなのぶみさんと練馬区がコラボして誕生した絵本『I ♡練馬あるある』は、「練馬区はオーストラリアの形に似ているけど、大きさが全然違う」、「練馬スパゲッティは給食で人気だけど、具材の練馬大根は抜きにくい」など、練馬区の“あるある”を少し自虐的に表現しつつも、どこかクスっと笑えて、最終的には区への愛着が自然と湧いてくるような内容となっています。

のぶみさんは 「絵本に使ったあるあるネタは、区民の方の意見も取り入れながら、面白いと思ったものを詰め込みました。この絵本を読んで、『あ、練馬区ってそうだよね!』とか『そんなワケねーだろっ!』とか、いろいろとツッコミを入れながら、練馬区の良さを改めて分かってもらえると嬉しいなと思っています」とコメントされています。
IMG_9783

かわいいアニメが楽しめる「キャンペーンムービー」もチェック!

絵本の完成に先がけて、2017年6月15日(木)からは「のぶみ」さんらしい絵のタッチが印象的なキャンペーンムービーが公開されています。

こちらは、6月19日(月)から「西武池袋線池袋駅デジタルサイネージ」で、6月26日(月)から7月2日(日)まで「西武線車内ビジョン」でも放送されるそうですよ。

練馬区民でもそうでない方でも楽しめる、のぶみさんの新作絵本。これを読めば練馬区の新たな魅力を発見できるかもしれませんね!

絵本の完成は7月下旬を予定しているそうです。
IMG_9789
練馬区の“あるある”と魅了がたくさん詰まった絵本『I♡練馬あるある』。
発売がとっても楽しみですね!

文・赤石みお

『I ♡練馬あるある』

IMG_9784

作家:のぶみ

完成時期: 2017年7月下旬(予定)

特設サイトURL: http://i-love-nerima-aruaru.jp/