life

ママの不安を解消! あのミニオンが見守る、子どものひとり寝

d7763-8-372959-1

最初は映画の脇役として登場したのにいつしか主役、さらにはあの有名テーマパークに自身たちのエリアまで作らせてしまったキャラクターといえば……そう、ミニオンです! 本国・アメリカではもちろん、日本でもすっかり人気が定着していますよね。
そんなミニオンが、このたびモニタリングカメラになって登場。まだ目が離せない子どもを持つママに、ぜひ注目してほしいのです。

「ちゃんと眠っているかな?」ママの不安をミニオンが解消

d7763-8-940911-3まず目を引かれるのが、なんといってもかわいいルックス。映画『ミニオンズ』に登場するミニオンのひとり、スチュアートがモチーフになっています。じつは『怪盗グルーの月泥棒 3D』などシリーズ3作すべてに登場しているミニオンは、このスチュアートだけなのだそう。グルリと大きなひとつ目は、そのままカメラを思わせます。コンパクト(縦12cm、幅6.5cm)で愛らしい見た目なので、子どもスペースのカラフルなインテリアにもすんなりとなじみそうですね。

そんなスチュアートの今回のお仕事(?)が、モニタリング。大きな目はモニタリングカメラになっているので、ママがその場にいないときでも子どもの様子に目を配ることができるのです。
d7763-8-350104-2たとえば別室にいる子どもが何をしているのか気になるとき、寝かしつけには成功したけど「目を覚まして泣き出したらどうしよう?」と心配なとき……。特に子どもが風邪で咳き込んでいるときなどは、別室にいながらも「ちゃんと眠れているのかな?」と不安になるものですよね。
ほかに遠方に住んでいる家族が気になる場合、自宅で飼っているペットが留守中どうしているか知りたい場合、などなど。
「ミニオンズ スチュアートカム HD Wi-Fiカメラ」を使えば、自分がその場にいなくても気になる部屋の様子を24時間いつでも確認できます。

しゃべった声がミニオンになる? 遊び心ある機能も

ママにうれしいポイントは、5つ。

設定が簡単

スマホとの接続にはWi-Fi(無線LAN)を使用するので、LANケーブルにつなぐ必要がありません。Wi-Fiが届く範囲で自由に設置場所を決めることができます。

動いているものを感知する機能が搭載

動体検知機能を搭載していて、「スチュアートカム」のセンサー範囲内で動いているものを感知。何か動いた場合スマホ側にプッシュ通知でお知らせすることもできるので、留守宅の防犯カメラとして使うことも。

映像が録画できる

映像は録画できるので、スマホ内にデータとして保存もできます。「ママがその場を離れた瞬間に、子どもがこんなことができるようになっていた!」なんて記念すべきタイミングも、思い出として残せます。

暗闇でもしっかり見える

夜間にうれしいのが赤外線暗視機能。暗闇でも映像がしっかり確認できるので、子どもをひとりで寝かせるときも安心ですよね。

d7763-8-348788-7

マイク機能で会話ができる

スマホと「スチュアートカム」双方で音声のやり取りができるから、まだ電話が使えない小さな子とも簡単におしゃべりできます。しかも「スチュアートカム」からスチュアートの声を発声させたり、スマホからの声をスチュアートの声に変換できる「ミニオン・トークバック」機能も! これは子どもが喜びそうですね。

これまで「モニタリングカメラに興味はあるけど、そこまでしなくても……」と思っていたママも、思わず心が動きそうな「ミニオンズ スチュアートカム HD Wi-Fiカメラ」。「子どもが下校してから、自分が帰宅するまでに30分の余白がある」なんて日常よくありそうなシーンでも、大活躍しそうです。価格も意外にお手頃なので、ミニオンを一匹飼う(?)ような気持ちで試してみるのもよさそうですよ。

「ミニオンズ スチュアートカムHD Wi-Fiカメラ」
日本代理店:株式会社F.K.Solutions
(ライセンス:ユニバーサル・ブランド・ディベロップメント)

小売販売価格:12,800円(税別)
発売時期:2017年6月7日
iOS/Android 認証アプリ名: Tend APP
直販サイト

本記事に使用されている各社名、キャラクター名、コピーライト、プロダクト名のすべてはUniversal Studios.の登録商標であり、Universal Studios Licensing LLCのライセンスです。

文・鈴木麻子