life

急な体調不良……夜でも医師が自宅に来てくれるサービスがあるって知ってる?

pixta_26035015_M夜、子どもが突然、体調を崩したら心配になりますよね。こんな時にお医者さんが自宅に往診に来てくれるサービスがあるって知っていましたか?

それは「ファストドクター」という、現役のお医者さんによる夜間医療相談・救急往診サービスです。Webまたは電話で問い合わせると、現役のお医者さんが自宅に往診に来て診療してくれるそうなのです。ママとしてはとっても心強いですね。現在、都内23区を中心にサービスが利用でき、今後、埼玉や千葉などにも広がっていくそうです。

筆者の周りで、実際に利用したという都内在住のママがいたので詳しく聞いてみました。

『夜、突然子どもが体がかゆいと言いだし、見たらじんましんのようなものが出ていました。このまま朝になるまで様子を見るか、夜間救急に行くべきか迷っていて……。以前ママ友が「お医者さんが自宅に来て診てくれるんだって。利用してみたら?」と教えてくれていたので、Webから「ファストドクター」に問い合わせてみました。

じんましんらしきものが出ている部分の写真を撮って、いつからどんな症状が出ているかなどを書いて、メールで送信。待つこと約10分ほどで、コールセンターから返信の電話がありました。現在の症状や子どもの体重などを聞かれ、往診が必要だと判断されたようで、住所と連絡先を聞かれました。先生が到着するまで1時間弱くらいでした。

自宅に到着してからは、先生が子どもの様子を診て、経過やかゆみが増した時の対処法も丁寧に教えてくれたので安心できました。その日は数日分のお薬を処方してくれました。

料金は、交通費1400円だけお支払いして終了。病院に行く際に、出されたお薬がわかるように内容も書いてくれました』

この「ファストドクター」、サービスはこのようになっているそうです。

「ファストドクター」サービス内容をもう少し詳しく

対象となるのは都内23区と多摩地域の一部にお住まいの方(2017年6月現在)。電話などで症状を聞き、救急往診の必要があると判断された場合は、お医者さんが自宅に来てくれて、診察、検査、処置、必要があればその場で薬まで処方してくれます。

時間は20時~24時(最終受付は24時)。

料金は健康保険適用となるので、都内23区内の医療費のかからない子どもなら実費の交通費(一律1400円)以外はお金がかかりません。※都内23区は中学3年生まで医療費が無料

キャプチャ

今回のように「突然、じんましんが出た」というような場合にも、必要があると判断すれば医師が往診してくれるようです。

利用の流れはこのようになっています。

①電話またはWebフォームから往診依頼。折り返し、コールセンターからの連絡があり、簡単なヒアリングのあとに、往診の可否が決まる

②医師が自宅へ訪問(最短30分)

③自宅で診療。部屋の中での診察に抵抗感がある場合は、玄関口やエントランスでの診察も可能。診察内容に応じて、その場で、医師が持参した数日分の薬(内服薬から外用薬まで50種類以上の薬)を処方

④かかった料金(健康保険診療費+交通費一律1400円)はその場で現金、またはクレジットカード払い

※都内23区は中学3年生まで医療費が無料なので、交通費のみ(※多摩地域は自治体による)

※対象エリア:都内23区および多摩地域の一部(電話で要確認)

ママやパパも利用できる!

具合の悪い子を夜間救急に連れて行かなくても、お医者さんが自宅に往診に来てくれたら、ママとしてはとっても助かりますね!

この夜間訪問サービス、大人も利用できます。「高熱で歩くのもつらいのに、子どもを連れて病院なんて無理……」というママや、「仕事が忙しくて病院に行く時間がない」というパパにも役立ちそう。現在、このサービスは都内23区および周辺地域が対象ですが、今後は千葉や埼玉でも活用できるようになるそうです。

文・間野 由利子

<参考>ファストドクター(Fast DOCTOR)
http://fastdoctor.jp/
TEL: 03-4405-6613
時間:月~日 20:00-24:00(最終受付24時)
※予約数によっては24時より早くクローズする場合があります