entertainment

Eテレ『おさるのジョージ』の魅力がより深く楽しめる! 「おさるのジョージ展 『ひとまねこざる』からアニメーションまで」がこの夏開催

IMG_9625

Curious George and related characters, created by Margret and H. A. Rey, are copyrighted and registered by Houghton Mifflin Harcourt Publishing Company and used under license.Licensed by Universal Studios. All rights reserved.

Eテレで毎週土曜朝8:35から放送中のアニメ『おさるのジョージ』。好奇心いっぱいのジョージが巻き起こす大騒動は子どもたちに大人気! いつも楽しそうにいろんなことにチャレンジするジョージの姿は、ママから見てもとっても愛らしいですよね。

そんな『おさるのジョージ』の魅力を伝える展覧会おさるのジョージ展 「ひとまねこざる」からアニメーションまでが、2017年8月9日(水)より銀座松屋で開催されます。原作の絵本「ひとまねこざる」シリーズから現在放送中のアニメ版まで、ジョージの世界をたっぷりと楽しめる内容になっています!

絵本原画やスケッチなど約200点を日本初公開!

『おさるのジョージ』の原作は、1941年にアメリカの絵本作家レイ夫妻によって生みだされた『Curious George』という絵本です。日本では絵本「ひとまねこざる」シリーズとして1954年に出版され、これまでになんと約550万部も販売されているそうです! 子どもと一緒に図書館や書店へ出かけたときに絵本を見た、あるいは家に持っているというママも多いかもしれませんね。
今回開催される展覧会では、その「ひとまねこざる」シリーズから約200点にも及ぶ貴重な絵本原画やスケッチを日本初公開。レイ夫妻の制作にまつわる様々な資料を展示します。柔らかな色鉛筆や水彩の筆致からは、描く手のぬくもりまで伝わってきそう。原画ならではの美しい色づかいもぜひ間近でご鑑賞くださいね。

アニメの絵コンテや設定画も

さらにアニメ版『おさるのジョージ』からは絵コンテや設定画、映像などが展示されます。このアニメーションは、絵本「ひとまねこざる」シリーズを原作として2006年より制作されているもの。ジョージの冒険を通して子どもたちに「観察すること」「原因を考えてみること」「試してみること」など、科学的な考え方を学んでもらおうという番組です。
身の回りにあるものや起こることを何でも知りたいジョージ。それを見守る黄色い帽子のおじさんも素敵ですよね。そのアニメの設定資料を見られるということで、ふだんEテレで『おさるのジョージ』を見ている子どもたちやママにとっては興味深い展示になりそうです。

展覧会おさるのジョージ展 「ひとまねこざる」からアニメーションまでは、「絵本版クラッシックジョージ」と「アニメーション版ジョージ」、それぞれの魅力をたっぷりと伝えてくれます。見ればジョージの世界をもっと深く知ることができ、毎週Eテレで放送中のアニメもさらに楽しめること間違いなし! この夏休み、親子で一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

文・井伊テレ子

おさるのジョージ展 「ひとまねこざる」からアニメーションまで

会場:松屋銀座8階イベントスクエア
会期:2017年8月9日(水)~8月21日(月)
時間:10:00~20:00(入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場)
主催:NHK、NHKプロモーション
協力:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
入場料金:一般1,000円(700円)、高校生700円(500円)、中学生500円(400円)、小学生300円
 ※カッコ内は前売り料金です(小学生には前売り料金はありません)