talentcolumn

中山&内田:第7回 子どもにしゃべらせてあげることが大事だと思う

お子さんがいる中山秀征さん、内田恭子さんのお二人に、パパとして・ママとしてどのような生活を送っているのかお話を伺いました。
全8回の連載インタビューのうち、第7回目をお届けします!

■中山さんは、4人の男の子のお父さんとしてどのような生活を送られていますか?

中山:うちはね、高校生1人、中学生2人、小学生1人いるんですけど、全員男なもんだから、とにかくパワフルな生活を送っていますよ(笑)
僕よりも、妻のほうがパワフルですごいな~と思いますけどね(笑)

uchinaka_7_pic01

内田:ひでさんの奥様は本当に尊敬します!私は二人でも大変なのに、男の子4人を育てていて、お仕事もして、とっても美しくて・・すごいな~っていつも思います。

中山:妻の一言で、4人ともピタッと言うことを聞くからね。僕が何を言っても聞かなくても、妻の言うことは聞くね。年頃になって、男同士の相談とかそろそろ来るかな~と思った時期もあったけど、案外妻の方に相談していたりね(笑)
子どもにとって、母親の存在は本当に大きいんだろうなぁ。

内田:うちは、まだ1歳と4歳の男の子なんですが、小さいながらも、外の顔と家での顔があるんだとこの間気づいたんですよ。
幼稚園に行き始めると、子どもの世界がどんどん広がっていきますよね。

集団生活の中で先生に怒られることもあるので、家に帰ってきてから、どうして怒られちゃったのかな?と話し合うと、自分なりに反省したり考えて、「次はこうしよう」と思うみたいです。子どもなりに、家では甘えていても外ではちゃんとやらないと、という気持ちがあるようですね。

そして次の日に先生が「今日は一生懸命やっていましたよ」と連絡くれたりすると、外に出ることで日々成長していってるんだなぁと感じます。

uchinaka_7_pic02

中山:集団生活すると子どもってどんどん成長するよね。下に兄弟がいると、上の子の成長につながると思うけど、4歳じゃまだないかな?

内田:それがあるんです!下の子のパジャマがズボンから出てたりすると、私が言わなくても上の子がズボンの中に入れてあげたり、ボタンをかけてあげたりするのを見ると、じ~んときますね。

■子育ての中で、旦那さまや奥さまと相談されることがあると思うのですが、どのような考えで子育てをされていますか?

内田:やっぱり、子どもと一緒にいる時間が長いのは私のほうなので、連絡はすごくまめにするようにしています。
今日は幼稚園でこんなことがあったから、どっちがその話をする?とか相談したり、本人の様子次第では口をはさむけど、本人がこうだったら僕は口出さないからね、とか事前に夫婦で話し合いをして、子どもと話をするようにしています。

uchinaka_7_pic03

中山:そうだね。うちもそうやってどんなことも夫婦で相談しながら、対応してきたよ。全部そういうことの積み重ねで、僕たちも子どもに育ててもらっているなぁと感じることもあった。あとは、やっぱり子どもにしゃべらせてあげることが大事だと思うな。

うちは、食事の時間に家族でよく話すようにしているよ。年齢が上がると話さなくなっちゃうから、食事の時だけは今日何があったのか聞くようにしているね。

僕たち親が知らないところで、何か抱え込んでいたりすることもあるから、それを話す場を作ってあげるのが大事だよね。

会話の量がないと分からないこともあるし、たくさん話す中でいろんなサインが見えてきたりするからね。

ありがとうございました!
お二人とも素敵なママ・パパであるのが伝わってきました。
次回は、親になってから変化した考え方についてお聞きします。
お楽しみに!
(撮影:chiai)

Print

『22nd キンダー・フィルム・フェスティバル』

開催日:8/13(水)~17(日)
会場:調布市グリーンホール
主催:一般社団法人キンダー・フィルム(22nd キンダー・フィルム・フェスティバル実行委員会)
公式HP:http://www.kinder.co.jp/