life

『THE世界大学ランキング 日本版』が初登場!各大学の知られざる特色・強みが明らかに!

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

『THE世界大学ランキング 日本版』が初登場!各大学の知られざる特色・強みが明らかに!

国際的な大学評価の権威として知られ、世界の大学ランキングを発表しているイギリスの高等教育専門誌『THE(Times Higher Education)』が、今年3月末、日本の大学だけに絞って評価・ランキングづけした『THE世界大学ランキング 日本版 2017』を発表しました!

日本にはたくさんの大学がありますが、それぞれ大学の特色や強みを理解するのに参考になりますよ。

日本版『大学ランキング』が初登場!

『THE世界大学ランキング 日本版 2017』は、THEがベネッセと協力して初めて日本版を作ったものです。

これまでの世界ランキングが、大学院の研究力に比重を置いた評価指標を採用している(研究実績が乏しい大学は評価されにくい)のに対し、日本版では学部の教育力を重視している点が特長なのだとか。

また、教員数や資金などの“教育リソース”、留学生比率などの“国際性”、高校教員からみた“教育満足度”、人事担当者や研究者からみた“教育成果”、の4分野を総合的に見て、国内435大学を評価し、上位150を発表しました。

早稲田・慶応は10位以下に!国立大学が上位を独占!

それでは早速見てみましょう!

<総合ランキング>
1.◇東京大/88.5
2.◇東北大/87.4
3.◇京都大/86.8
4.◇名古屋大/86.3
4.◇東京工業大/86.3
6.◇大阪大/86.1
7.◇九州大/85.1
8.◇北海道大/82.8
9.◇筑波大/81.7
10.○早稲田大/75.9
(◇=国立、○=私立、大学名/スコア)

ベスト50の内訳は国立が33校と大半を占め、私立は12校、公立は5校という結果になっています。

世界ランキングより日本版で順位を大きく上げた大学は、“国際性”のスコアが高く、教育満足度が高い大学が多いようです。

総合順位だけでなく各4分野別の順位をみると、偏差値だけでは測れない各大学の特色や強みが見えてくるのではないでしょうか。

偏差値だけではわからない!?真のグローバルな大学は?

さらに、『国際性』のランキングを細かく見てみるとおもしろい結果が見えてきます。

なんと総合トップの東京大学が、『国際性』では54位という評価になっています。

私立大学としては共に有名な早稲田vs慶応では、『国際性』では早稲田が圧勝(早稲田が17位で慶應は130位)という結果に!

また、教員の約4割が外国人で文科省の『スーパーグローバル大学』にも取りあげられている会津大(福島県)は、12位にランクイン。就職率もほぼ100%という点も大学の魅力のひとつとなっているようです。

国際教養大(秋田市)は、13位という高評価に加え『教育満足度』もトップという結果でした。徹底した英語教育などで近年関心を集めています。

独自の国際的な実践的技術者教育を実施している長岡技術科学大(新潟県)は、25位とその特色を生かした結果となりました。

その他、国際教養大学(総合20位、国際性13位)、立命館アジア太平洋大学(同24位、1位)、東京外国語大学(27位、6位)、神田外語大学(46位、19位)、福岡女子大学(48位、7位)など国際性としての評価が充実しているにも関わらず、まだよくそのことを知られていない大学もあり、ランキングが発表されたことで国際的な学びを得たい学生の指針となるかもしれませんね。

詳細はこちらをチェック→「THE 世界大学ランキング日本版総合ランキング2017

このランキングはほかにも、学生に対する細やかな教育環境の整備や受験合格者レベルの向上にどう取り組んでいるかなども参考になることが多く、興味深いデータです!

ぜひ、将来の子供の大学選びの参考に一度目を通してみてはいかがでしょうか?

Photo/MSSA/shutterstock
参照/
AERA dot.「私立トップは慶應じゃなかった! 日本版「大学ランキング」が初登場」
Between 情報サイト「「THE世界大学ランキング 日本版」発表-教育力重視の評価の下、国際性の”私高国低”が鮮明に」

関連コラム

キリスト教系・仏教系幼稚園、それぞれの特色とは?
子供の読書意欲を上げる!『ぬいぐるみお泊り会』のススメ
子供の学習意欲を高める!リビングに『スタディコーナー』を作ろう
親子で楽しめる!ちょっと変わった図鑑特集

コラム出典:『THE世界大学ランキング 日本版』が初登場!各大学の知られざる特色・強みが明らかに!
(by ならいごとキッズ マガジン)