life

コーヒーなのにふわっ!とろっ!? 新しい食感のコーヒー飲んでみました

暑くなってくると冷たい物が飲みたくなりますが、わが家では子どもたちも含めてシェイクが最近のお気に入りです。お出かけ先で少し休むことになったとき。飲み物だけでは物足りない、でもアイスは食べにくい……というわけで、ファーストフード店でシェイクを買うことが増えてきました。

家でもシェイクを飲みたいと思える暑さになってきた最近、自宅で飲めるシェイクが発売された……そんなうわさを耳にしました。何やら食感がおもしろいらしいのです。さっそく買いに行ってきました。

進化系デザート飲料の味はいかに?

シェイク
その商品は「雪印コーヒー SHAKE」。あの「雪印コーヒー」から進化したデザート飲料です。

パッケージには、「5回程度振ることで、ふんわりとろっとした食感が楽しめます」の文字が。その通りに振ってみると、確かに普通の飲み物ではなさそうな、重さを感じる感触です。そういえば付属のストローも通常より太め。本当にシェイクのような飲み物なの?
いざ飲んでみると、シェイク……というよりゼリーのような舌触り。とろっとした食感と甘いまろやかなコーヒー味が混ざって、まるで昔ながらのコーヒー牛乳を食べているかのようです。冷たいあのシェイクを想像して飲むと「シェイクじゃないじゃん!」 と突っ込みたくなるところはさて置き、小腹を満たすデザートとしていいかも! 優しいコーヒー味は、子どもたちもきっと気に入ることでしょう。

「雪印コーヒー」は、発売から今年で55年。そういえば、幼いころ祖父母の家に行くと朝食にこのコーヒーが出てきたな……という懐かしい思い出があります。一昨年発売された「たべる雪印コーヒー」という名のプリンに続き、デザート系ニーズを満たしたこの商品。お子さんのおやつに、小腹が空いたときに、そしておもしろい食感を試したいときにぜひ、いかがでしょうか?

文・山内ウェンディ