life

9割が不倫目当てって本当!? 柴門ふみさんが断言した、同窓会に出席する理由とは。

51f1503cebc0361f6ceff488def179c3_m

現在TBS系で放送中のドラマ「同窓生〜人は三度恋をする〜」の原作者、漫画家でエッセイストの柴門ふみさんが、朝のワイドショーで語った持論がちょっとした話題になりました。

このドラマは、同窓会で再会した者同士が、不倫関係になっていくというもの。
実際に柴門さんが30代の頃に出席した同窓会での経験が、ドラマに反映されているそうです。

番組中、「同窓会ってそういう(不倫)目的で行ってる人がいるってことなのですか?」という問いかけに、柴門さんは9割以上がそうである、と断言され、このことが話題になったのです。

同窓会は、婚活パーティのように、みな初対面の「はじめまして」という状況ではなく、過去の思い出を共有しているという安心感があります。久しぶりの仲間たちに会って、昔話も大いに盛り上がるでしょう。その気安さから、警戒心が薄れてしまうのかもしれません。盛り上がりすぎて、新たな関係が生まれることもあるのでしょう。実際、私が受けている離婚相談でも、同窓会がきっかけで浮気に発展した、というケースがあります。

柴門さんが「特に専業主婦の方は、日頃イベントが少ない分、気合いが入っちゃって、ドラマも起きやすい」と言われていたように、出会いが少ないと言われる専業主婦の方が不倫に発展する可能性が少なくないのかもしれません。

かつての同級生に若く美しく見られたい、と思うのは女性として当然の気持ち。
さらに元カレや、かつて憧れていた人が出席するとわかっていたら・・・
新しい服を買い、美容院にも行き、メイクもしっかり整える女ごころも理解できます。

柴門さんが発言した「9割以上」というのは少し多すぎるように思いますが、同窓会という魔法にかけられて、何かしらの期待感を持って参加される方は、意外と多いのではないでしょうか。

※本記事は岡野あつこの「離婚相談救急隊」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!
 http://www.rikon.biz