life

仕事復帰後の授乳はどうしたらよいのでしょうか

記事提供:イクシル

ixil4005_LL
仕事復帰後の授乳はどうしたらよいのでしょうか
仕事復帰後赤ちゃんへの授乳については、どのように行っていけばいいのでしょうか。夜間は断乳するしかないのでしょうか。

ママからの相談:「生後2カ月で仕事復帰する場合の授乳」

『息子が生後2カ月になる来月、仕事に復帰します。これまでは9割が母乳でしたが、保育園に行くようになると朝8時から夕方6時まで母乳をあげられなくなります。このような場合、夜も母乳をあげずに断乳した方がいいのでしょうか。かなり胸が張るのではないかと心配です。(30代・女性)』

出来れば授乳してあげるのが理想

最近の傾向としては、母乳が出るうちはなるべく母乳を与えていくことが赤ちゃんのためにもお母さんのためにも理想的なようです。

『現在母子手帳からは断乳という言葉が消され、お子さんが自分から離れていく卒乳を推奨しています。授乳回数が減ってくるとおっぱいの出が悪くなりますし、乳腺炎を起こしやすくなる点に注意してください。(産科看護師)』

『母乳は赤ちゃんにとってかけがえない栄養源です。免疫力を高めつつお母さんとの絆を深め、安らぎを与えてくれる大切なものですので、母乳が出ている間は出来るだけ授乳してあげるのが良いとされています。(産科看護師)』

母乳育児は断念するしかないの?

多くの女性にとって、仕事しながらの母乳育児は簡単ではありません。仕事中に母乳で張ってくるおっぱいは、どうケアしていけばいいのでしょうか。また、母乳育児は断念するしかないのでしょうか。

『仕事中は頻回に搾乳することは難しいでしょうが、搾乳しなければ張ってしまいます。トイレに行った時などに、少しでもよいので搾り出してください。おっぱいの張り防止といっても、母乳を全部絞り出してしまうと余計に胸が張ってきてしまいます。搾乳する時は、全部絞り出そうとせずに圧抜き程度にしておきましょう。(産科看護師)』

『仕事復帰にあたっての授乳方法は、ケースバイケースです。休憩時間などに搾乳出来る環境なら胸が張るのを防ぐこともできますし、母乳の分泌を維持することも可能です。搾乳した母乳は、冷凍保存しておけば自然解凍して12時間以内に授乳出来ます。冷蔵保存でも、24時間以内でしたら授乳可能です。完全母乳とはいかなくても、搾乳したおっぱいを保存しておいて保育園で飲ませてもらうことは出来るかもしれません。(産科看護師)』

夜間の授乳はママの体力優先で

母乳を冷凍・冷蔵しておけば、ママでなくても母乳が与えられて便利です。では、赤ちゃんへの夜間の授乳はどうすればいのでしょうか。夜間は断乳したほうがいいのでしょうか。

『生後2カ月頃は夜間の睡眠が整い始める頃ですが、まだ3時間置きに授乳が必要な時期です。体力面や睡眠時間の面で問題がなければ、夜間の授乳をしても良いでしょう。(産科婦人科看護師)』

『夜間の授乳が難しいようならお母さんの体力回復や睡眠時間確保のために、寝る前にミルクを与えて一晩ぐっすり寝てもらう夜間断乳を行う方法もあります。しかし、夜間断乳をするとお子さんの体重面での心配が出てくる可能性があります。夜間断乳と併せて、昼間に授乳回数を増やすようにしてください。一度夜間断乳を始めたら、途中で止めずにやり抜きましょう。(産科婦人科看護師)』

仕事をしながら、夜間3時間置きの授乳は大変です。夜間授乳についてはママの体調とよく相談し、赤ちゃんの体重増減に注意しながら昼夜でバランスよく授乳回数を調整していきましょう。

<関連リンク>
授乳中に起こる生理痛の悪化の原因と対処法
やっぱり母乳はスゴかった!知っておきたい「母乳のチカラ」と「粉ミルクの役割」
母乳の適切な保存方法と解凍方法

コラム出典:仕事復帰後の授乳はどうしたらよいのでしょうか
(by イクシル)