life

4年前の出産から坐骨神経痛に…今から骨盤矯正は可能?

記事提供:イクシル

ikp0386_LL

4年前の出産時に産後の骨盤ケアをしなかったためか、痛みやしびれなどの坐骨神経痛の症状に今に至るまで悩まされているという相談が寄せられています。年をとってから症状が悪化するのではと不安で今から骨盤矯正を行いたいようですが、専門家の皆さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「坐骨神経痛に悩まされています」

『4年前に初めて出産しました。その後の骨盤のケアが手につかず、さらしも巻いていなかったので、骨盤が開いたままのせいか坐骨神経痛のような痛みに悩まされています。出産後から座っているだけでズキズキと痛み、長時間座るとお尻全体がしびれるような感覚になります。今から骨盤を矯正して、元の位置に戻すことは出来るのでしょうか?歳をとってからこの痛みに悩まされるのではないかと不安です。(20代・女性)』

時間はかかるものの、試してみる価値はあり

出産後から時間がかなり経っているため、骨盤を矯正するというよりも痛みを軽減させるために治療は無駄ではないようです。坐骨神経痛に関しては、原因をはっきりさせるために受診を勧める声もありました。

『産後しばらくは、リラキシンというホルモンの影響で骨盤が柔らかくなっていますので産後半年までに矯正することを勧めています。しかし、5年も経っているのですぐに矯正することは難しいと思います。時間はかかると思いますが、少しでも痛みを軽減させるために矯正体操や整体での矯正を試みてください。(看護師)』

『初産からだいぶ時間が経っているようですし、今の時期に骨盤を矯正するのは既に開いて固まった状態なので難しいと思います。骨盤矯正の時期は、出産して元の非妊娠時の体に戻ろうとする2カ月頃から半年が良いとされています。整骨院などで施術を受ける方法もありますが、相談者さんが望むような結果につながるかといわれると、やってみないことには分かりません。(看護師)』

『坐骨神経痛があるようですので、一度整形外科などで検査をされてみてはいかがでしょうか?神経がなんらかの形で圧迫されて、それによって引き起こされている場合もあります。異常が無いことを確認するためにも、大切だと思います。(看護師)』

続けてみよう!自分で行う骨盤矯正体操

自宅で行える骨盤矯正が紹介されています。このような体操を続けるとともに、普段からの姿勢に注意することで改善につながるかもしれません。

『家で簡単に出来る体操をご紹介します。仰向きで横になり、膝を立てます。両膝を揃えたままで左右に倒します。これを2~3分続けてください。また足を伸ばして座り、両手を前に出してお尻で前へ10歩・後ろへ10歩進みます。これを数回繰り返してください。他にもインターネットなどで紹介されていますから、参照してみてください。普段から姿勢を正しくし、片足だけに重心をかけたり・足を組んだり・片側の手ばかりで荷物を持つことは避けてください。(看護師) 』

産後数年が経過していることから骨盤矯正自体は難しいかもしれませんが、痛みを軽減させるために体操や整体などでの治療を受けることは無駄ではないようです。家で簡単に出来る骨盤矯正体操もありますので、ひとまず続けてみましょう。

<関連リンク>
妊娠後期の足の鋭い痛み…このまま我慢するべき?
産後の坐骨神経痛。整形外科か整体院どっちへ行けば?
産後の腰痛はどこにいけばいいの?病院の選び方

コラム出典:4年前の出産から坐骨神経痛に…今から骨盤矯正は可能?
(by イクシル)