life

遊びながら図形センスUP!?子供に贈りたい知育玩具6選

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

遊びながら図形センスUP!?子供に贈りたい知育玩具6選

自分の子供や孫、友人のお子さんに贈るプレゼント選びって悩みますよね。

好きなキャラクターや興味のある玩具などを知っている、知っていない関係なく、あれこれ考えるだけで、なかなか「これ!」といったものが見つからないという方に是非お勧めしたいのが、遊びながら学べる『知育玩具』です。

知育玩具は、子供の知能的発達を促進するおもちゃで、子どもの学習の助けになるおもちゃとしても知られています。また、知育玩具を使うことで、“考える力”や“表現力”等といった知能全般の発達を目的としています。

例えば、学校で図形を勉強しますよね。これが“勉強”という形ではなく、“遊び”から身についてしまえばどうでしょうか? しかも、遊びから図形センスまで伸びてしまうという知育玩具があるんです!

今回は、遊ぶだけで図形センスが伸びる、子供に贈りたい知育玩具の紹介をします。

ピタゴラス ひらめきのプレート(対象年齢 1歳半~)

出典:Amazon

“遊べる”“ひらめく”“算数に役立つ”この知育玩具は、1歳半から小学生まで長く遊べます。

特殊な磁石が内蔵されたプレートの端と端が反発せずにくっつき、まだ、手や指の力が弱い1歳半の子供であっても“くっつける”ことができます。中には、この“くっつく”という動作が楽しくて、ひたすら遊んでいる子もいるようです。

“くっつける“ことがまだできなくても、はじめは床に並べたり、プレートを重ねて平面遊びから入ることもできます。

また、磁石になっているので、冷蔵庫やホワイトボードに貼り付けて遊ぶこともでき、“ひらめき”次第でさまざまな遊びができますよ。

2歳~3歳頃になると、おままごと等のごっこ遊びができるようになる子供が増えてくるので、プレートを使って、簡単なおうち、駐車場、トンネル等の立体を作って、ごっこ遊びと兼用することもできます。

4~5歳頃になると作り方のヒントを参考に、さらに高度な作品を作ることができるようになるでしょう。“展開図と立体”を楽しく学べて得意にできる、大きなきっかけになるはずです。

ゲオマグ パネル180 454(対象年齢 6歳~)

出典:Amazon

ゲオマグパネルシリーズは、カラフルな三角形、四角形、五角形に加え、磁石内蔵のバーとスチール製のボールを組み合わせてさまざまな作品を作ることができるおもちゃです。

以前、「算数が得意な子供が遊んでいる」と一躍有名になったこの商品ですが、ブロックとは違い、磁石内蔵のパーツで物理的、幾何学的な形、いろいろな種類やサイズの模型、また、二次元、更には三次元のリアルな模型を作ることができるなど、基本的な自然の法則を簡単に遊びながら学ぶことができます。

科学や建築学、工学への最初のステップへ自然にアプローチしてくれ、このような質の高い遊びを体験できることから、ゲオマグ製品は、知育玩具として、ヨーロッパで『親が選ぶ最優秀玩具賞』、『親子で遊ぶ玩具金星賞』、『おもちゃ博士の最優秀玩具賞』、『オッペンハイム・トイポートフォリオ金賞』、などの国際的な賞を受賞しています。

遊びながら、磁石のもつ性質を学ぶだけではなく、集中力・発想力・想像力、には好奇心を育みます。

図形キューブつみき(対象年齢 3歳以上)

出典:Amazon

付属の『パターンカード』をお手本にカラフルな50個の立方体の積み木を並べたり、積み上げたり等と子供の図形世界が広がります。

パターンカードは、平面問題から立体問題まで36問あり、立体的な作品を作るには、見えていないところをどう積み木で積むかを考えある必要があるので、遊びながら図形感覚が育ち、想像力も高めます。

はじめは、パターンカード通りに“並べる”・“積む”といった動作をしなくても、立方体の積み木で自由に遊ばせてあげるだけでも学ぶことが多いでしょう。

少しずつ積み木に慣れ、徐々にパターンカードに挑戦し、できるようになってくるとより楽しく遊べるおもちゃです。

立体パズル(対象年齢 3歳~)

出典:Amazon

110種類の作品例を参考にブロックを組みかえて図形をつくるおもちゃです。一般的な平面パズルに加え、立体的な作品も組み合わせ次第で多くの作品を作ることができます。

指先を使うことで脳が刺激され、“考える力”や“想像力”を高めます。また、遊びながら図形の認識はもちろん、思考力も育めますよ。

NEW たんぐらむ(対象年齢 3歳~)

出典:Amazon

形や大きさが異なる7種類の木製ピースを使い、シルエットを作るパズルです。付属の『ガイドボード』を使い、切り抜かれている穴にピースがはまるように考えながら置いていきます。

ピースを穴にはめ込むことで、それが正解なのか、又は不正解なのかが分かりやすく“達成感”が得られやすいように作られています。

ガイドボードは、最小2ピース、最多で7ピースをはめ込むことができ、全20枚セットです。

はじめは2ピースからはじめ、徐々にステップアップしていきながら遊べるので、長く遊べます。中には大人にとっても難しい問題があるようなので、子供も大人も幅広い年齢で楽しめますよ!

ケースにピースをしまう方法も10通り以上あるので、お片付けも“集中力”を高めながら楽しく遊べます。

ポリドロン(対象年齢 4歳~)

出典:Amazon

4色8種類の幾何学的な形をはめ合わせ、平面的な模様や立体的な形を作れるおもちゃです。

英国生まれのポリドロンは、学校の算数や数学の図形の授業のために発明・開発され、日本でも富山県立山室中学校の数学でポリドロンを実際に使用し、立体の展開図を考える授業がありました。

斜めにもつなげられることで、さまざまな形を作り出すことができ、また完成したものを折りたたむようにすることで自然に部品が外れるため、簡単に片付けられる点も特徴です。

一見はめるのが難しそうですが、二片の凸凹を重ね、指で上から押えてパチンと音がしたらはめ込みは完成。

机やテーブルの上や空中でもはめることができるので、大きなものも作り上げることができます。子供も大人も一緒になって遊べるシステム遊具として、世界的に広まっているおもちゃの一つです。

これらの知育玩具で遊べば、「必ず図形に強くなる!」というわけではありませんが、“遊ぶ”ことで数字の感覚や図形センスが身に付きやすいと言えます。

作品例を参考に1つ完成させれば“達成感”を味わえ、向上心や集中力はもちろん、「もう一回やりたい」「次は何を作ろう?」というワクワク感から想像力も高まるでしょう。

今回ご紹介した知育玩具は、大人も一緒に遊べるので、ぜひお子さんと一緒に図形センスを磨いてみてはいかがでしょうか?

参照/
AllAbout暮らし『小学校の入学祝いにおすすめの知育玩具2015』
富山市立山室中学校『新入生説明会(1)』

関連コラム

おうちで創造力UP!『マイファーストクレヨラ スタンプワークショップ』を使ってみた【知育玩具レビュー】
お兄ちゃん・お姉ちゃんになる子供とママへ!おすすめ絵本5選
指先を刺激して創造力を育てる『マイファーストクレヨラ 2ウェイおえかきボード』を使ってみた【知育玩具レビュー】
保育士や書店員らが選んだ、おすすめファーストブックはこれ!

コラム出典:遊びながら図形センスUP!?子供に贈りたい知育玩具6選
(by ならいごとキッズ マガジン)