life

『とりあえず書く』で数学が得意に!?できる子に共通する『手を動かす』効果とは?

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

『とりあえず書く』で数学が得意に!?できる子に共通する『手を動かす』効果とは?

誰かと話しているときに、手元では落書きをしていたり、オーバーなジェスチャーをしたり…そんな人、あなたの周りにもいませんか?

しかし、この一見落ち着きがない人のようにも思える「手を動かす」という行為が、実は問題解決能力や、創造性を高める効果があるのだそうです。

今回は、手を動かすことの効果についてご紹介しましょう。

数学が得意な子は、まず手を動かす!

数学オリンピックに出場するような数学が得意な子供たちは、問題を見て、すぐに答えがすぐにわからなくても、まずはとにかく手を動かして「書きながら」考えていくという共通点があるそうです。

また、こんな実験結果も。

ある小学校で、小学生に数学の問題を解かせました。その後、子供たちを2つのグループに分け、一つ目のグループには問題をどうやって解いたのかを手を使って、書いたりすることによって説明させ、二つ目のグループには口頭のみで説明させました。すると、強制的に手を使って説明させられたほうのグループのほうが、問題解決能力が高まることがわかりました。

つまり、答えがすぐに分からなかったとしても、数字や文字、図形や表など頭に浮かんだアイデアを視覚化することによって、思考が整理され、解決までの道筋が見えてくるというわけです。

身振り手振りが多い子供ほど創造性が高い!

創造性を高めるのにも、手の動きが役立つことがわかっています。

イギリスで行われたある研究では、9歳~11歳の子供に空き缶や新聞紙などの日用品の利用法を挙げさせる実験を行ったところ、身振り手振りの多い子どもほど、創造的なアイデアを数多く思いつくという結果が出たそうです。

これは、手の動作が、物体の大きさや形などを想像することにつながり、そこからクリエイティブな使い方を思いつくことが原因なのではないかと推察されています。

子供に手をどんどん動かすように促そう!

手を動かすことで、思考の道筋がひらけるという効果については、勉強以外の場面にも応用できそうですね。パパやママは、ぜひお子さんに「手を動かす」ことを促してみましょう。

たとえば、子供が悩みや課題を抱えているとき、ただ親として話を聞くだけでなく、その問題の原因や今後の対策などについて紙に書き出すことで、冷静に思考が整理されてくるはずです。

また、一日の過ごし方について、表や図にして考えさせてみると、自主的に有意義な時間を過ごそうという姿勢に変わっていくかもしれませんよ。

手を動かして、何かを「書く」ということは、子供の思考力や創造力を高めてくれる大切な行為なのですね。

つい「じっとしていなさい!」「落ち着いて!」と注意したくなりますが、その体の動きや手の動きが子供の可能性を広げてくれているかもしれません。ぜひ家庭でも、子供に手を動かして考える習慣を身につけるように促してみませんか?

PHOTO/Lorelyn Medina/Shutterstock
参照/
ライフハッカー「科学が証明:超シンプルなあることで子どもの創造性が伸びる」
一般社団法人「国際ボディランゲージ協会」よくできる子は、よく手を動かす〜子どもの能力とボディランゲージとの関係〜
AllAbout「学力アップの秘訣!身体を動かすことの大切さ」
家庭学習研究社「できる子どもは手で考える?」

関連コラム

目指せバイリンガル?インターナショナルスクールは進路に注意!
天才?秀才?子供のIQテストってどうするの?
お金持ちへの分かれ道?!英語力と年収の関係とは?
親の期待が子供の学力を伸ばす!?『ピグマリオン効果』を子育てに取り入れよう!

コラム出典:『とりあえず書く』で数学が得意に!?できる子に共通する『手を動かす』効果とは?
(by ならいごとキッズ マガジン)