life

妊娠初期に下痢が起きるのはなぜ?流産の可能性もある原因について

記事提供:Doctors Me

妊娠初期に下痢が起きるのはなぜ?流産の可能性もある原因について

妊娠初期の妊婦さんは、体調が優れずに落ち着きません。不安定なつわりの時期に現れる症状のひとつに、下痢の症状が挙げられます。

過度に心配する必要はありませんが、その下痢の原因と対処法を挙げていきましょう。

要チェック項目

□妊娠初期の下痢の原因はつわりの対応策が原因かも

□妊娠初期は自律神経が崩れがち。下痢の原因の一つに

□妊娠初期の下痢の症状での注意点は食事方法と水分補給

妊娠初期の下痢の原因

女性は妊娠をすると、女性ホルモンが大量に分泌されるので妊娠前の身体とはかなり変わります。

それは、ヒト絨毛性ゴナドトロピン、プロゲステロン(黄体ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン)などの分泌が活発になっている状態で、普段とは格段とホルモンバランスが崩れています。

このホルモンバランスが崩れた状態は女性の身体を大きく振り回します。ホルモンバランスが崩れると自律神経を大きく乱します。自律神経が崩れることで腸の働きが弱まることで引き起こるのが下痢の症状です。

ひどいつわりは下痢の一因に

非常に体調が優れなくて辛い時期です。思うように自分で家事をこなすことが出来なかったり、吐きづわりに食べづわりなどつわりのさまざまな症状によっても下痢を引き起こしやすくなります。

食の乱れ

つわりがひどい時期には、特定のものしか口に出来なかったり、飲み物しか飲めなかったりと普段とは全く違う嗜好になってしまいます。

また、食べづわりは、空腹になると吐き気を催すために常に食べている状態が続きます。これら暴食が腸の状態を悪化させ、下痢の症状を引き起こします。

妊娠だけでも、女性の身体は体調の変化が著しいなか胃腸がこれらに対応することが出来ずに下痢になってしまいます。

つわりは非常につらい症状ですが、それでもご自分の身体を大事に食事に気を付けることが大切です。

妊娠初期の下痢で気を付けるべき注意点とは

妊娠初期の下痢の症状

妊娠による女性の身体の大きな変化とつわりによる食生活の乱れによって胃腸が対応出来ない状態から下痢が引き起こることがあります。

偏った食事を控え、こまめに水分補給を

食生活は、脂っぽい食事や甘いものなど偏った食事になりすぎないように気を付ける必要があります。つわりによる吐き気や嘔吐などでは、腸内環境が水分不足に陥りがちですからよく水分補給をするように心がけましょう。

食事時間にも影響がある

また、食事時間などにも気を付けてなるべく胃腸に負担がないようにします。妊娠初期は、お腹のなかの胎児の大事な神経や脳神経、四肢神経発達に大事な時期ですから、栄養摂取とバランスに気を付ける必要があります。

加えて、妊娠、つわりといった大きな身体の変化による精神的な負荷、ストレスが胃腸に大きな影響を与え下痢になることもあります。

妊娠している女性の身体は過度に敏感になっているので、下痢の原因がストレスといった場合があります。そんなときは、ゆったりと構えてリラックスして過ごすことを心がけましょう。

妊娠初期の下痢の症状に対する対応策

妊娠初期の下痢には様々な要因がありますが、つわり自体が辛い症状なのでつわりを上手に乗り切らなければいけません。自分の身体とお腹のなかの赤ちゃんを大切にして、つわりのタイプに応じて乗り切るしかありません。

妊娠女性の冷えは要注意! 流産になることも

妊娠している女性の身体には冷えは大敵です。冷やすことはお腹の赤ちゃんにが居心地悪く、流産を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

極力身体、とくに下半身を冷やさないように温めましょう。食べ物にも気を付け、身体を温める食材を選んで摂取し、冷たい飲み物は避けるようにしましょう。

妊娠初期の下痢は我慢しないでお医者さんを受診する事

妊娠初期の女性の身体は大きく変化し、自身もそれについていくことが困難かつどう対応すれば良いか分からないことが多々あります。

つわりに耐えるだけで精いっぱいということがよくあります。女性のなかには貧血に悩む人も多く、妊娠前から貧血対応で鉄剤を摂取、また妊娠を目的に鉄剤を摂取し始める女性も多いです。

妊娠後に、この鉄剤の副作用で下痢が続くというケースがあります。妊娠初期の下痢には原因がさまざまに考えられますからあまり無理をせず専門医師を受診しましょう。

妊婦さんはさらに貧血になりやすいことからも、お医者さんの指示を仰ぎましょう。

妊娠初期の下痢には様々な要因がある

妊娠初期の下痢の症状が続くと、水分不足から知らずしらずに脱水症状を引き起こすことがあります。

これはお腹のなかの赤ちゃんへの影響も良くないので、極力水分補給、栄養補給を心がけ下痢の症状が和らぐように対処しましょう。

ママの身体とお腹のなかの胎児を第一に、つわりと下痢の症状を乗り切りましょう。

下痢の症状だけでなく強い吐き気や腹痛、発熱など普段の下痢の症状と異なる症状の場合は速やかに専門医師、ここでは産婦人科の医師を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】

妊娠中のストレスによる悪影響 胎児の寿命を縮める可能性も?【最新研究】

妊娠中のB群溶連菌感染に注意!妊婦さんが気をつけたい6つの感染症

妊娠・出産特集の症状・原因・治療

コラム出典:妊娠初期に下痢が起きるのはなぜ?流産の可能性もある原因について
(by Doctors Me)