entertainment

赤ちゃん連れもOKのアニメ『おじゃる丸』ママシアター上映会

赤ちゃん連れで映画館に行くなんてとてもできない、子どもを産んでから映画なんて見たことがない、というママは多いかもしれませんね。でも2017年5月3日(水・祝)に開催される「おじゃる丸まったりアニメまつり」は小さなお子さん連れのママも大歓迎! 親子でまったりしながら『おじゃる丸』のアニメが楽しめる、ファミリー向けのママシアターなんです!

小さな子どももOK! ママシアターとは

「おじゃる丸まったりアニメまつり」はSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアムで開催中の展覧会「大おじゃる丸博~”まったり”のすべて~」の関連イベントのひとつ。

今回開催される「ママシアター」は子どもを連れたパパママのための上映会で、会場は小さな子どもが怖がったり驚いたりしないよう通常より明るめに、音量も小さめになっています。また、簡易授乳スペースやおむつ替えができるスペースも用意されているとのこと。これなら赤ちゃんが泣きだしてもお互いさまで、気がねなく鑑賞することができますね。

また、展覧会では期間ごとにデザインが変わる『おじゃる丸』オリジナルシールを各デザイン先着1000名にプレゼントしています。ぜひこの機会に親子でまったりと『おじゃる丸』の世界を楽しんでみては?

oja_sticker

提供:株式会社デジタルSKIPステーション

Eテレ『おじゃる丸』スペシャルの3作品を上映!

「おじゃる丸まったりアニメまつり」で上映されるのは3編。いずれも「おじゃる丸スペシャル」としてNHK Eテレで放送された長編アニメーション作品です。

「満月ロード危機一髪~タマにはマロも大冒険~」

ヘイアンチョウと月光町をつなぐ「満月ロード」が消えちゃう!? そのピンチを救うため、ヘイアンチョウより伝わる10個のタマを集める大冒険に出発します。

「銀河がマロを呼んでいる~ふたりのねがい星~」

銀河鉄道の切符をもらったおじゃる丸とカズマは、終点「ねがいかなう星」をめざして銀河鉄道に乗り込み、銀河の星々を旅します。果たしてその結末とは?

「わすれた森のヒナタ」

ヒナタという女の子、そして森の中で出会った不思議な生き物たちと一緒に旅へ出たおじゃる丸。しかしなぜかみな記憶を失っていて……。ラストには驚きの真実が明らかに。

当日は3作品を2回ずつ、計6回の上映となります。

かわいらしいキャラクターやほのぼのとしたセリフで子どもたちに人気の『おじゃる丸』。ぜひ「満月ロード危機一髪」のゆかいな冒険ストーリーや、「銀河がマロを呼んでいる」のファンタジックな雰囲気を、ママも一緒に味わってみてくださいね!

文・井伊テレ子

おじゃる丸まったりアニメまつり

日時:2017年5月3日(水・祝)10:00〜(開場9:30)
会場:埼玉県 SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ4階映像ホール
料金:無料(要ミュージアム入館料/入退場自由)