child

入園、入学……。新生活がスタートしたママの心温まるエピソード

pixta_17687457_M

この春から、お子さんが保育園や幼稚園、小学校への入園・入学をして、新生活が始まったというご家庭も多いと思います。
親も子も、さまざまな経験を重ねていく時期ですよね。
新しく始まった生活、新しく広がった世界の中で、子どもたちは生活ペースを掴もうと一生懸命ではないでしょうか。
そして、それは親も同じ。入学・入園の準備の疲れが未だに取れないというパパやママも多いと思います。新生活が始まるこの時期は、気づくと疲れが溜まっているものです。

筆者もこの4月に、娘が幼稚園に入園しました。
3年間、ずっと一緒に過ごしてきた娘が幼稚園に通うようになり、寂しさと、自分の時間が持てる嬉しさが混じった気持ちで入園を迎えました。
まだ1週間ですが、慣れない生活には若干疲れ気味……。その一方で、ママ友から聞く新生活スタートにまつわるほほえましい話に癒しを感じています。

今回は、新生活にまつわるほっこりエピソードをご紹介したいと思います。

新生活がスタートしたときのほっこり話

「今日うちの子、旦那のシャツを着ていったみたい。クリーニングに出そうと思ったら息子のがあった……昨日もワイシャツ学ランの上を着てからズボンをはこうとして上がまだ大きいからボコボコ。愛すべきバカ息子。朝から大変。でもまだ手がかかるのも少し嬉しい」

「新一年生の帰りを外に出て待ってるお母さんを見ると何かほっこりする」

「幼稚園から帰って来て、一生懸命その日にあったことを話してくれる姿に成長を感じて泣ける」

「この春から小学校に行った息子が、帰り道に咲いていたお花を摘んでプレゼントしてくれました。小学生になったという気持ちからお兄ちゃんぽいことをしたいと思うのでしょうか。すごく嬉しい出来事でした」

「明日から預かり時間が1時間長くなる……『ちょっと長くなるだけ?』って何回も聞いてきた娘。小さいながらに心配なんだろうね。かわいい」

「真新しいシャツの新中学生らしい子見かけると、ガンバレーって応援したくなっちゃう」

「うちの中1。ワイシャツのボタンと学ランのホックを自分で止めることができない……」

「園バスだけど、泣かないで平気な顔して乗っていったから、逆になんか寂しかった」

「いつの間にか、こんなに成長していたんだな」
新しい生活がスタートし、思いがけないシーンで子ども新しい一面を見ることができます。
親も子も、今までの生活が変化してペースをつかむまでには時間がかかるかもしれませんが、その中で起こるほっこりエピソードはきっと良い思い出になりますね。

文・鈴木じゅん子

こちらの記事もオススメです

参考トピ (by ママスタジアム
新生活が始まった皆さん