life

2017年春ドラマ、ママたちの注目ナンバー1は『母になる』でした!

main

2017年春ドラマ、すでにはじまっているものもあれば、これからはじまるものも。忙しい育児のつかの間の自分タイム。全部観たいけれど、時間には限りが……。そんなママたちの新ドラマ期待度ランキングが、ママスタ調べで発表されました。このドラマをチェックしておけば、ママ同士の会話にも困らないかも?

日テレ『母になる』がダントツ人気!

sub1

4月12日(水)に、初回放送を終えている『母になる』が61.2%とダントツですね。3歳という幼い頃に誘拐されてしまった我が子と9年ぶりに再会し、その空白を埋めていく……という沢尻エリカさん主演のドラマ。初回を観たママたちからもこんな声が。

『沢尻エリカの、子どもがいない人生もアリかなって思ってた……みたいな台詞のところで何か泣いちゃった』

『録画今観終わったけど号泣! 早く次が観たい』

『耳たぶの話、自分の息子とかぶって大泣きした』

『やばいわー(号泣)』

当然、筆者も泣きました……。「母」になることで失ったものへの憧れ。それでもかけがえのない子どもへの想いを沢尻エリカさんが熱演し、これからが楽しみな内容でしたね。毎日“母になる”ことに迷ったり、悩んだりしているママたちにとっては、見逃せないドラマです。

ブルゾンちえみにも期待? 『人は見た目が100%』

ファッションやメイクに興味のないリケジョが、ステキ女子への研究をしていくというコメディタッチのドラマ『人は見た目が100%』。ドラマに出てくる「女子モドキ(JSM)」の3人ほどは酷くないにせよ、最新のファッション事情に疎くなっているママたちは多いのでは? オシャレに興味あるけどなかなか……というママたちの心の声が、期待度2位という結果に繋がっているのかもしれませんね。初回放送を観たママたちからはこんな声が。

『ブルゾンちえみ 負けてないね。ファッション雑誌パラパラ見てる感覚でなかなか面白かった』

『面白かった』

『ブルゾン演技自然で良かった! 個性派女優として大成してほしい』

自分磨きに時間をかける暇もないママたちは、「女子モドキ(JSM)」の3人の気持ちが分かりますよね(笑)。ブルゾンちえみさんの演技にも注目な『人は見た目が100%』で、今年の春はオシャレママになってみては?

亀梨くん&山Pの最強タッグに、ママたちもドキドキ?

3位に輝いたのは『ボク、運命の人です』。ジャニーズの亀梨和也さんと山下智久さんが『野ブタをプロデュース』以来の共演となることで話題を集めました。女運のない亀梨さん演じるが、山下さん演じる自称「」と名乗る謎の男にと一緒に、木村文乃さん演じる運命の相手春子にアプローチしていくというお話。

お二人のテンポの良い会話が面白く、話のスピード感も素晴らしかった第一話。ママスタBBSからの反応はというと、

『意外と面白かった。 ピンポンして山ピーがいて亀梨がすぐガチャってドア閉めたとき、子どもたちと爆笑したw 子どもと安心して見れる系で良かった』

『亀梨君かっこいー 久々に面白いドラマだねー』

『山Pかっこいいー!』

『やばい、おもしろくなってきた』

脚本は『プロポーズ大作戦』でお馴染みの金子茂樹さん。『野ブタをプロデュース』や『プロポーズ大作戦』など、ドキドキしながら観ていたあの頃を思い出させてくれそうなドラマに、亀梨くんと山Pの共演。ママたちの期待が高まるはずです(笑)。

『CRISIS』や『あなたのことはそれほども』もママたちの注目度高し!

他にも小栗旬さんと西島秀俊さん主演の本格派刑事ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』はテロリストや政治家、新興宗教に軍事スパイなど、国家を揺るがす強敵に立ち向かう刑事を、小栗さんや西島さんが演じます。スケールの大きな事件に、ドキドキのアクション。それにまつわる人間模様も描かれていて、第一話からハラハラしましたね。イケメンたちが格好良く戦う姿を見られるだけで、ママたちは目の保養になりそう。

また、既婚者同士のW不倫の行く末を描く、大人気コミックの実写ドラマ『あなたのことはそれほど』も注目! もともと原作のファンだったというママも多いのかもしれません。「結婚した相手は本当に人生最愛の人ですか? ──あの人が良かったけど、この人でいいと思っていた ──」という、思わずドキッとさせられるテーマのドラマ。人間の弱くてずるくて、それでも愛おしいところがリアルに描かれるところに、ママたちの期待も高まります。

毎回「何を観ようかな~」と選ぶのが楽しみの新ドラマシーズン。今期は最終的にどのドラマがヒットするでしょうか? ママたちの期待度ランキングと照らし合わせてみたいですね。そして願わくば、子どもに邪魔されることなく、つかの間の自分時間を楽しみたいものですね(笑)。

 

文・渡辺 多絵

こちらの記事もオススメです