entertainment

NHKアニメ『わしも-wasimo-』の主題歌はあのアーティストでした!

レコーディング

毎週月、火曜日の18時からはじまる、NHK Eテレの10分間のアニメ『わしも-wasimo-』。おばあちゃん型ロボット「わしも」と、その家族や友達が繰り広げる奇想天外なストーリーに、子どもたちがくぎ付けになっている人気アニメです。

4月に入り、いつも通りに流れる『わしも』のオープニング曲「わしものうた」。聴いていると、あれ? 声が違う??

主題歌を歌うのはあの大人気歌手だったのです。

『わしも』の世界に溶け込む歌声の主は

今までとは違う高さのキーに透き通った声。コンピューターをイメージしたようなアレンジは同じなんだけれど、柔らかい感じの歌い方に「誰……?」と名前を見てみると、なんと歌手の木村カエラさん!

wasimo

カエラちゃんが『わしも』……? と驚いて一瞬目を疑いましたが、カエラちゃんだからこそアリなのかも(笑)。

ポップからロックまで幅広く歌いこなし、元気いっぱいに踊っている明るいイメージの木村カエラさん。エンディング曲『明日も me too』も楽しそう! 軽快な歌声が、すっかり『わしも』の世界に溶け込んでいますね。

ん? 歌詞も変わってる?

そして、もうひとつ。4月からわしものオープニング曲の歌詞が一か所変わったことにお気づきですか? 今までは「2014年ロボット」だったのが、「2014年ロボット」に変わったのです。とっても小さな変化だけれど、実はこの2014年型ロボットという言葉、ずっと気になっていました。だって、わしもは最新型のロボットなのに、2014年型だったら年が進むにつれて最新型じゃなくなってしまうのでは……と。現に今は2017年ですし、どうなのかな~? なんて思っていたら、4月から2014年製ロボットに変更されていました! 2014年製であれば、新しい型番が出ない限りいつまでも“最新型”でありつづけられますね。スッキリです(笑)。

 

アニメの原作『WASIMO』は宮藤官九郎さん&安齋肇さんが、雑誌『小学一年生』で連載されていた絵本。亡くなってしまったおばあちゃんの代わりに作られたという、ちょっぴり切ないはずのその設定を笑いに変えてしまうとは、さすがクドカンワールド! これからも月・火曜日に元気を貰えること、楽しみにしてます。

 

文・渡辺 多絵  イラスト・みとうかな

参考トピ (by ママスタジアム
木村カエラがNHKアニメ『わしも-wasimo-』の主題歌を歌う!