life

まがる!おれない!ハブラシで、歯みがきタイムを楽しく♪

Fotolia_66002952_Subscription_Monthly_M.jpg

きちんと歯みがきして欲しいのに、なかなかそうはいかないのが子どもたち。我が家の息子(4才)も、歯みがきタイムはバトルの始まり。追いかけ回して押さえつけてゴシゴシ、ギャ〜!が日課でした。でも、とあるハブラシを使い始めてから、ガミガミ言わなくても自分で歯みがきができるようになったんです!

まがる、おれない!安全ハンドルのクリニカKid’sハブラシ

そのハブラシがこちら。クリニカKid’sハブラシです。

IMG_0086.jpg

今までも、息子が好きな戦隊モノやキャラクターのハブラシを買ってみたり、歯みがき粉の味を選ばせたり、いろいろ試行錯誤はしていたのですが、このクリニカKid’sハブラシは、なんと……

P3160117.jpg

グネ〜ンと、こんなに曲がるのです!
で、ハブラシをクネクネさせながら「こんなに曲がるんだよ、すごいよね〜!」と見せびらかしたところ、息子も興味津々。自分で手に取って、歯みがきするようになりました!

とはいえ、この曲がる機能、本来、子どもの気を引くためのものではありません。
子どもの歯みがき時の「安全性」と「清掃性」を兼ね備えた「まがる・おれない 安全ハンドル」なのです。

FotorCreatedら.jpg

歯みがき中の転倒など、万一の時は、側面方向にハンドルが曲がって口への負担を低減(写真左)。また、ブラッシング方向には曲がりにくく(写真中央、右)、きちんとみがくことができます(*子どもが歯みがきする際は、保護者がそばで注意を払うことが大切です)。

いつも、歯みがきに集中できず、ウロウロしてしまう我が息子。今までは「危ないから動かない!」などと叱ったりしていましたが、このハブラシならそこまでガミガミ叱らなくてもいいかな、なんて、少しおおらかな気持ちに。そんなワケで、筆者の怒る回数が減ったことも、息子が歯みがきしてくれるようになった理由の1つなのかも知れません。

スクリーンショット 2017-03-16 12.15.47.png

「まがる・おれない 安全ハンドル」を採用してるクリニカKid’sハブラシは、「0−2才用」と「3−5才用」の2種類。
「0−2才用」は、自分みがきのハブラシの習慣づけを考えた超ソフトな弾力のハンドルで、毛のかたさは口にやさしい“やわらかめ”。
「3−5才用」はきちんとみがけるソフトな弾力のハンドルで、毛のかたさは“ふつう”。ともにオープン価格です。

0才から始める歯みがき習慣で、ムシ歯のない歯を目指そう!

子どものムシ歯は12才頃から増える傾向にあるといいます。その前に、正しい歯みがきを習慣化することが、とても大切です。
乳歯が生えはじめたら、ママやパパが仕上げみがきを。ハブラシが持てるようになったら、ハブラシを自分で持たせて口に入れる練習をスタート。ブクブクペができるようになったら、歯みがき粉などを使いはじめ、3〜5才頃には、食べた後は自分でみがく習慣づけを。
そして、小学校の低学年くらいまでは、大人が仕上げみがきをしっかりしてあげるのも忘れずに!

ハブラシをチェンジして、イヤイヤ歯みがきタイムを、楽しい歯みがきタイムに♪また、筆者は、クリニカKid’sハブラシの発表会で教えていただいた、子どもの歯みがきを応援するウェブサイト『HA!HA!HA!パーク』が、とても参考になりました!子どもの歯みがきに苦戦するママ必見!ですよ。

【参考】
クリニカ

転載元:まがる!おれない!ハブラシで、歯みがきタイムを楽しく♪(by マムメモ)

関連リンク

家の中のこまごまとした物は、100均収納トレーですっきり仕分け!
みんなはどうしてる?使わなくなった人形やぬいぐるみの処分方法
大切な我が子との時間 絵本タイムで育みたい親子のコミュニケーション