life

最新食トレンドをママ目線でチェック! アジア最大級の国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN 2017」レポート

IMG_9194

3月上旬、幕張メッセで開催されたアジア最大級の国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN(フーデックスジャパン)2017」にお邪魔してきました。こちらのイベントは食品業界関係者限定の専門商談会なのですが(そのため一般開放はされていません)、まずはその規模の大きさに驚き! 世界中の食品や飲料、その技術の数々が一堂に集結したパワーに圧倒されながら、新しい発見もたくさんありました。最新の食トレンドに密着した新製品から、子どもに優しいおやつまで、ママ目線でおススメを探してきましたよ。

「美食女子グランプリ」受賞! “食べるマスク”じゃなくて“ドレッシングがマスク”になる?

IMG_9229

ママたちがひとりの女性として気になるのは美容と健康。まずは「美食女子グランプリ」受賞の注目商品をご紹介します。
美食女子グランプリ」とは、モデルや栄養士、フードコーディネーターなど食に対する意識の高い女性たちが「味」「食べやすさ」「パッケージ・ビジュアル」などの視点から、次のトレンドを予測してグランプリを発表するものです。

今回、こちらの「ミール部門でグランプリを獲得したのが、正田醤油株式会社から発売されている「SOY Beauty おからびじん ごまドレッシング」。イソフラボンはもちろん、ビタミンや食物繊維など、美容に嬉しい成分たっぷりの“おから”を使ったドレッシングで、なんとシールド乳酸菌®入り! シールド乳酸菌®とは、免疫力を高めてくれる乳酸菌で、今はやりの「食べるマスク」に入っていることでも有名です。ドレッシングを食べるだけで“おから”の美容成分を摂取できて、しかもシールド乳酸菌®で免疫力を高められるなんて、いいことづくしのドレッシングですね。早速いただいてみました。

IMG_9490

お酢とは違う、舌に響くような酸味を少し感じますが、ごまの香ばしさとおからの口当たりで全く気になりません。一緒に食べていた4歳の娘も「おいしい!」の太鼓判。このピリッとした酸味が、なるほど「食べるマスク」の味に似ているかも。これがシールド乳酸菌®なのでしょうか。お豆腐にかけても、パスタに混ぜてパスタサラダにしてもとっても美味しいドレッシング。流行りそうですね。

今年は「食べるマスク」じゃなくて「ドレッシングがマスク」になるかも……?

こちらも「美食女子グランプリ」ママの愛部門受賞! どこでも麦茶がのめちゃいます。

IMG_9222

美食女子グランプリ2017」の「ママの愛部門」でグランプリを獲得したのは、株式会社伊藤園から4月6日に発売される「さらさら健康ミネラルむぎ茶 40g」。お茶の老舗伊藤園が、今まであるようであまり見かけなかった、水でもお湯でもすぐに溶けてくれる粉末のインスタントむぎ茶を発売します。持ち運びに便利なポケットサイズになっているので、外出先でもすぐに使えるのが嬉しいですね。乳児用規格適用食品なので、乳幼児からお年寄りまで安心して飲めるノンカフェインのむぎ茶。今年の夏は、特に大活躍しそう!

IMG_9225

同じ伊藤園の商品で、もうひとつ目にとまったのが「Relax PEACH 500ml」。試飲させて貰うと、なんだか「ふ~」と肩の力が抜ける感覚に。ジャスミンティーとピーチのブレンドが、ほのかに甘くスッキリしていて飲みやすい! ハマってしまいそうな予感です。まさに気分は「Relax」。ジャスミンティーはカフェインが少ないのも、ママにとっては嬉しいですよね。夜、子どもが寝た後のお茶タイム用ドリンクを日々探している筆者は、このひとくちのために頑張れそうな気がします。是非チェックしてみて下さいね。

これからは非常食も「絶品!」の時代

IMG_9263

次におススメしたいのが、杉田エース株式会社から発売されている保存食「IZAMESHI」シリーズ。賞味期限の長い保存食というと食感がパサパサしていて味気ないイメージですが、こちらの保存食はどれも本当に美味しいのです! IMG_9265

通常のお惣菜やパンとしてお店に並んでいてもおかしくないクオリティは、日本災害食大賞を受賞。素晴らしいですね!

被災された方々の心の支えにもなる食事を、ここまで美味しく作り上げたIZAMESHIシリーズのご飯からは、優しさとあたたかさが伝わってきます。

IMG_9269

保存食は、自分ではなかなか取り揃えない……という方も多いかも。こちらの「IZAMESHI」シリーズはギフトパックにもなってるので、プレゼントにあげても喜ばれそうです。使わずに賞味期限が切れそうになっても、保存食としてではなく、普通のお惣菜として食べれるところが嬉しいですね。

子どもが大好きスティックゼリーも、果汁100%で安心・安全

IMG_9253

子どものおやつの定番「スティックゼリー」。柔らかいゼリーは喉につまる心配がなく、スティックタイプになっているので手も汚れず、しかも持ち運びやすいという、まさにママにとってテッパンなおやつ。

農水フーズ株式会社から発売されている「国産果汁100% スティックゼリー」は、「美食女子グランプリ2017ママの愛部門銀賞も獲得。スティックゼリーは、その便利さに比重をおかれ、今まであまりゼリー自体の質が重視されてきませんでしたが、やっぱり子どもに与えるなら果汁100%が安心です! プルッとした食感に、果汁の味がしっかりとしているゼリーがのどをすり抜けていく感じ、やみつきになります。子どもに“お菓子”をあげているというよりも、フレッシュな“果物”をあげている気分になれて、なんだか罪悪感が抜けますよ(笑)。

DHAグミで、子どもの頭が良くなるかも?

IMG_9256

最後に、目が引き寄せられたのが株式会社ユニマットリケンから発売されている「こども肝油ドロップグミ」と「こどもDHAドロップグミ」。

「えっ!? 肝油?」と驚いてお話を聞いてみると、昔は栄養補給として良く食べられていた肝油ドロップを、バナナ味にして現代風にしたのだそう。確かに食感はジェリービーンズに似ていて、ほのかなバナナ味が、子どもにも食べやすい! 今は昔と違って、食べ物が豊富にある時代。肝油のような特別な栄養補給は必要ないかもしれないけれど、日常の食生活から不足しがちな部分を是非補給してもらえればとのこと。

青魚に多く含まれるDHAも、学習能力向上の効果や健康維持にも大切な栄養素ですが、毎日青魚を食べさせるのは大変! でも、子どもの頭のために(笑)DHAは摂らせたいし……というママには必見ですね。普段のご飯の足りない部分を、子ども用サプリメントでうまく栄養バランスを補ってみてはいかがでしょうか?

 

このほかにも、おススメしたくなる商品にたくさん出会えた「FOODEX JAPAN 2017」。時代に合わせて、いろいろなアイディアの詰まった商品が出てくるんだな……と、食品を取り扱う企業の方々の努力に頭が下がる思いです。

そうやって「食べる人」への気持ちを込めて作られた“食品”を、「家族」のことを想って選ぶ“ママ”たち。つながっていく「想い」を感じられた、そんな「FOODEX JAPAN 2017」でした。

時代が変わっても、「食」の周りにはいつも笑顔があふれていて欲しいですね。

取材・文 渡辺多絵