entertainment

知ってた?「ねるねるねるね」のイガイな事実

ねるね

魔法使いのおばあさんが出てきて「練れば練るほど色が変わって〇〇をつけて、うまーい!!」の昔懐かしいCMでおなじみのお菓子「ねるねるねるね」。

1986年の発売から30年以上にわたって愛されているロングセラー商品です。子どもの頃、大好きで食べていたというママも多いのでは?

この商品、ピンクやブルーなど、カラフルな色のお菓子を練って作るのが特徴。子どもの頃はカラフルな色や変化する色に惹かれて食べていたけど、大人になった今考えると「合成着色料や保存料を使っていて体に悪そう~!」と思ってしまうかも?

でも、実はイガイな事実が……。まずはコチラの動画をご覧ください。クラシエフーズ公式 チャンネル「ねるね研究室」の「イガイガイのうた」。

「イガイガイのうた」で知る、意外な事実

なんと合成着色料・保存料ゼロ!

では着色には何を使っているかというと、ナスや紫キャベツに含まれる天然の色素「アントシアニン」なのです。「アントシアニン」は、クエン酸などを加えて酸性にすると赤色に、重曹などを加えてアルカリ性にすると青色に変わるという特徴があります。「ねるねるねるね」の色変わりにもこの特徴が使われているのです。

ただお菓子を食べているだけかと思いきや、実は理科の実験にもつながっているなんて、驚きです!

パンダは笹だけ食べているのではない? 動画で知る、世の中のイガイ

パンダ世の中には意外なものがいっぱい! 「イガイガイのうた」1番では合成着色料の話のほかに、「トイレットペーパーの端を三角に折るのはマナーで行っているのではない」という、知って楽しい意外な話も共に紹介。ほかにも「パンダが動物園で笹だけではなく○○も食べている」「戦国時代に恐れられた騎馬軍団のヒミツ」など全4編の「イガイガイのうた」が配信中です(4/3現在)。見たら思わず「えっ!」と言ってしまうかも。

食べる
ところで動画をご覧になったみなさん、この「イガイガイのうた」、妙に耳に残りませんでしたか?

この曲を作ったのは、一児のママであり、CMプランナーの本間絹子さん。NHKのみんなのうた『おはようのうた』や、サントリー燃焼系アミノ式、健康系カテキン式などのCMを手掛けている方です。この「イガイガイのうた」、本間さんが実際にお子さんと知育菓子(R)を作っていたときに自然に口ずさんだフレーズから生まれた曲なんです。ママとしてお子さんとお菓子を作っている時にこんな曲が作れちゃうなんて、ステキ! こんなところにもイガイな事実がありました。

ご紹介した動画は、2017年3月23日(木)から約1年間公開されています。お子さんと一緒に見てみませんか?

 

参考:クラシエフーズ公式YouTubeチャンネル「ねるね研究室」

こちらの記事もオススメです