life

みんなはどうしてる?使わなくなった人形やぬいぐるみの処分方法

Fotolia_134083952_Subscription_Monthly_M.jpg

処分したくても何とな~くためらってしまうもの、それはぬいぐるみや赤ちゃんを模した人形のたぐい。見た目がリアルであればあるほど“捨てる”という行為に抵抗を覚えてしまうものです。
我が家でもおままごとでだいぶ活躍してきて年季の入った人形があるものの、処分の方法がわからず踏み切れないまま…。ふと、みんなはこういう時どうしているんだろう…と気になったので周りのママ友に聞いてみました。

リサイクルショップやフリマ、寄付に出す

使用感がそれほどなく綺麗な状態であれば、リサイクルショップで引き取ってもらったりフリーマーケットに出す、という意見がまず1つ。大切に使ってきたけれど子どもの成長に伴い不要になってしまったものを、どこかで誰かが喜んで遊んでくれていると思うと嬉しいですよね。
また、児童館や保育所で寄付を受け付けているところもあるので、近所をリサーチしてみるのもいいかもしれません。

気にせず捨てる!

ひな人形や五月人形ならともかく、子どものおもちゃの人形程度なら気にせずに指定のゴミの日に捨てる、という全く気にしない派も多数いました。なかには「そういうことを気にするタイプでずっと捨てられなかったけど、思い切って1つ捨てたら何も気にならなくなった」という声も。要は初めの勢いが肝心なんだそう。
気になってしまう場合には、視線が合わないよう紙袋などに入れ、お清めの意味を込めて塩をふりかけるだけでも何となく気持ち的に安心するようです。

神社などで人形供養をしてもらう

やっぱり自分で処分するのは気が引けてしまう…と、神社で人形供養を行ってもらったというママさんもいました。基本的には自分で持ち込みをする形ですが郵送OKの神社もたくさんあるので、近所に人形供養を行っている場所がなくても安心してください。
供養にかかる費用は神社によってだいぶ差があるよう。しかし1年に1度人形供養祭を無料で行っている神社や葬儀場もあるので、すぐに手放す必要のないものならそういった日まで待つのもいいと思います。

今までさんざん悩んできた筆者でしたが、意外にも“普通に捨てる”という声が1番多かったことで何となく気がラクになりました。
今までありがとう、という感謝の気持ちさえ忘れなければ、あとは自分の納得する処分方法で大丈夫!お困りの方は、是非参考にしてみてくださいね。

転載元:みんなはどうしてる?使わなくなった人形やぬいぐるみの処分方法(by マムメモ)

関連リンク

家の中のこまごまとした物は、100均収納トレーですっきり仕分け!
あげるママ&もらうママも、気持ちの負担ゼロ!こんなプチギフトはいかが?
シンプル好きさん必見!セリアの白雑貨に夢中になる人増加中♪