life

子連れ旅行の前にチェック!子供と一緒に飛行機に乗るときのマナー8つ

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

子連れ旅行の前にチェック!子供と一緒に飛行機に乗るときのマナー8つ

そろそろGWや夏休みの予定をたてはじめているファミリーも多いのではないでしょうか?

せっかくの長期休みですから、飛行機を使って遠くに出かけてみるのも良いですよね。

そこで今回は、子連れで飛行機に乗るときに、知っておきたいマナーを8つご紹介します!

1.フライト時間は子供が寝る時間に合わせよう!

飛行機の中では、狭い座席に静かに座っていなくてはならないため、小さな子供は退屈し、ぐずってしまうこともしばしば。

ですから、子供がフライト中に眠くなるような時間帯の飛行機をとることをおすすめします!

国内便など短時間のフライトの場合は、日中の子供がいつもお昼寝をする時間帯をねらい、ハワイなど長時間のフライトの場合は、子供がいつも寝ている夜の時間帯に飛行する便を設定すれば、機内で子供が退屈してぐずることも少なくなりますし、周りの乗客に迷惑をかけない分、パパやママも安心していられますよ。

2.子連れに優しい航空会社や空港のサービスを事前に調べておこう!

とくに国際線ですと、実際の出発時間よりも、かなり前にチェックインする必要があります。

飛行機に乗るまでの時間が長く、子供は退屈してしまいますし、パパやママも子供の相手で疲れてしまうことも。

そんなパパやママ、子供たちのために、日本の空港の中には「キッズラウンジ」など子供のためのスペースが設置されているところがあります。

そういった場所では、乳幼児が安心してハイハイできるスペースや、ちょっとしたおもちゃなどが用意されていて、子供を自由に遊ばせてあげることができます。

また、搭乗時には時間がかかってしまいがちな親子連れのために、「優先搭乗サービス」があります。

機内が乗客で混雑する前に、ゆっくり荷物をしまったり、子供の席を準備したりすることができるので、ぜひ利用しましょう!

また航空会社によっては、事前に予約をしておけば、機内食も離乳食(ベビーミール)や子供用の食事(キッズミール)を用意してくれます。

赤ちゃん用の粉ミルクやおむつなども用意されていることはありますが、数に限りがありますので、できれば自分で持参したほうが安心ですね。

3.赤ちゃん連れのときは、ベビーベットや優先席を利用するのがおすすめ

JALの国内線にある「クラスJ」という座席であれば、後方には3歳未満の赤ちゃん連れのための優先席も用意されていて、プラス1000円で利用できるようです。赤ちゃんもゆったり搭乗できますね。

また、機材によっては、スクリーンの前の席や、壁面の前の席にはバシネット(ベビーベット)が設置されています。バシネットには寝ている赤ちゃんにつけられる安全ベルトもあり、長時間のフライトのときなどにはぜひ使いたい設備です。

ANAの場合は、一部の便を除いて国内線でもベビーベットが使えるそうですよ。

ただ、路線や機材によっては、バシネット自体がなかったり、必要なかったりすると思いますので、事前に航空会社に確認してみてくださいね。

4.気圧の変化で耳が痛くなる子も!耳抜き対策を忘れずに

飛行機の離陸や着陸の際、高度が大きく変化すると、耳が痛くなりますよね。

大人ですと耳抜きができますが、赤ちゃんや小さな子供はどうしたらよいか分からず、耳が痛くて泣いてしまうことも。

それを防ぐために、赤ちゃんの場合は、離着陸時に合わせておっぱいやミルクを飲ませてみましょう。もう少し大きな子供の場合は、同じタイミングでお茶やお水などを飲ませましょう。

ごくんと飲み物を飲み込むことで自然と耳抜きができ、痛みで大泣きするのを防ぐことができますよ。

5.飛行機の中は公共の場!おむつ替えは必ず化粧室で

長時間のフライトで座っていると、ついその座席が「プライベート空間」のように思ってしまいがちですが、機内は大勢の人たちと共有する公共の場所だということを忘れてはいけません。

「おしっこだけだから匂わないし」「すぐに終わるから大丈夫」とおむつを座席で替えるのはマナー違反です!おむつ替えは必ず化粧室でしましょう。機内のトイレには、赤ちゃん用のおむつ替え台があります。

また使用済みのおむつは、そのままトイレのごみ箱に捨てるのではなく、備えつけのエチケット袋やビニールなどにいれて、しっかり閉じてから捨てましょう。

6.子供が退屈しないために、DVDや塗り絵、シールブックなどを持参しよう

小さな子供は、狭い座席にじっとしていると、退屈して大きな声でぐずりはじめますよね!仕方がないこととはいえ、周りの乗客に迷惑をかけてしまう心配があります。

そのためにおすすめなのが、子供が大好きなDVDなどを見せることができるポータブルDVDプレイヤーや、集中して遊べる塗り絵やシールなど、子供が好きな遊び道具をできるだけたくさんもっていくことです。

ただし、音が出て周囲の人に迷惑をかけるものはNGです。おもちゃや映画に飽きてしまったら、席をたって飛行機の中を静かに探検してみてもよいでしょう。もちろん気流が安定してシートベルトサインが消えているときに限ります。

7.ひとりで座れる子供には、飛行機内でのお約束を事前にしておこう!

座席にひとりで座れる年令の子供には、事前に「前のお客さんの迷惑になるから足をぶらぶらして、前の席を蹴ったらだめよ」「前の席の人に響いてしまうから、食事のテーブルを開け閉めして遊ばないでね」「お話はしても良いけれど、小さな声でしようね」などと前もってお約束しておきましょう。

8.隣や前後の席の乗客へひと声かけるだけで、印象UP!

いくら準備や、子供への言い聞かせをしたとしても、小さな子供ですから、騒いでしまったり、泣いてしまったりすることはあるでしょう。

そんなときは、必ず周りの乗客に対して、「お騒がせしてすみません」とひと言声をかけましょう。周囲の人も「うるさいな」とイライラしていても、こういった一言があるだけで印象が全然違ってくるはず。

できれば、搭乗したときに「子供がおり、ご迷惑をおかけするかと思いますが、気をつけますのでよろしくお願いします」と一声かけておけば、周りの乗客とも良好な関係が築けますよ。

小さな子供がいると、飛行機での長時間のフライトは心配で勇気がでないというパパやママもいるかもしれませんが、子供が小さいうちからいろいろな経験をさせてあげることも大切です。

ぜひ今年のGW、夏休みに子連れ飛行機デビューしてみませんか?

PHOTO/NadyaEugene/Shutterstock
参照/
ANA公式サイト「子供と一緒に海外旅行!~機内の過ごし方 不安解決マニュアル~」
AllAbout「赤ちゃん・乳児連れの飛行機!成功する乗り方の基本」

関連コラム

子供とスーパーに行く前に教えたい買い物マナー
賢いママは図書館を利用している!子連れで気をつけるべきマナーは?
7割が子連れにイラッとした経験あり!?しっかりと教えたい電車内でのマナー
できてないと恥ずかしい!?友達の家に遊びにいく前に子供に教えておきたいマナー

コラム出典:子連れ旅行の前にチェック!子供と一緒に飛行機に乗るときのマナー8つ
(by ならいごとキッズ マガジン)