entertainment

「モアナはマウイにとって一番のヒーロー」『モアナと伝説の海』日本版声優の屋比久知奈さん&尾上松也さんから見たモアナとマウイの関係は?

大ヒット公開中のディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。もうご覧になりましたか? 美しい映像とともに注目を集めているのが、強くて勇敢なヒロイン・モアナと、彼女と一緒に冒険の旅に出る伝説の英雄・マウイのキャラクター。劇中でふたりが歌う「どこまでも ~How Far I’ll Go~」(主題歌)と「俺のおかげさ」も、公開前から話題となっていましたよね。

今回ママスタでは、日本版声優をつとめる屋比久知奈(モアナ役)さん&尾上松也(マウイ役)さんへのインタビューが実現!

4M6A0395

マウイから見たモアナ、そしてモアナから見たマウイはどんなキャラクター? 吹替キャストのおふたりと、それぞれのキャラクターの共通点とは? おふたりが子ども時代に大好きだったディズニー作品は?……モアナとマウイを演じたおふたりならではのお話を、たくさんうかがうことができましたよ。

――モアナ役の屋比久さん、マウイ役の松也さん、おふたりとも日本版声優に決定したときには「夢が叶った」とおっしゃっていましたよね。決定を知らされたときの率直な気持ちや、思わずやってしまったことなどがあったら教えてください。

松也さん:オファーをいただいてオーディションを受けて、役が決定するまでには、とても時間がかかりました。発表を待っている間は、かなりモヤモヤしながら生活していましたね。「いつ決まるのだろう、いつ決まるのだろう」と散々周りにこぼしていて。

僕のキャスト決定の発表はサプライズで、最初は『モアナと伝説の海』とは全然関係ない、ただの取材だと言われて現場に行きました。それが全くのうそで、会場に用意されていた箱を開けて、中に入っている紙を見てみたら「マウイ役決定!」と書いてあって。嬉しさを感じるのと同時に、僕が「いつ決まるのだろう」とそわそわしていたときも、周りのみんなは知っていたんだということに気がついて、少しだけ腹が立ちましたよ(笑)。「なぜ言わないんだ!」と。ですので、嬉しさと怒りが入り混じった、複雑な気持ちでしたね。

屋比久さん:私も発表はサプライズでした。私は自分が選ばれるなんて思ってもいなかったので、喜びのほうが先にワッときたんですけど、役に決まったことが本当に信じられなくて、夢心地というか……。翌朝起きて、日記を読んで台本を見て、「あっ、夢じゃない!」というのが数日間続きました。

――ディズニー・アニメーションの大ファンでもあるというお二人ですが、子どものころにはどういうディズニー作品を見ていましたか? また、今回『モアナと伝説の海』の吹き替えをするにあたって、見直した作品などがあったら教えてください。

松也さん:僕は小さいころは『ダンボ』がとても好きでした。大きくなってからは『アラジン』が好きになって、声優に決まってからは、アニメーションと一緒に劇団四季のミュージカル版『アラジン』も見ましたね。僕の中では、『アラジン』のジーニーがマウイと重なる部分があったので。

屋比久さん:私も小さいときにはディズニー作品が大好きでよく見ていたんですけど、1番最初に見た作品は『バンビ』でした。本当に大好きで、幼稚園のころはずーっと見ていたくらい。私はそのころから英語が大好きだったので、ずっと字幕版を見ていたんです。ですから今回、モアナ役をやらせていただくにあたって、これまで見てきたディズニー作品を改めて日本版で見直したんです。「こんな新しい楽しみ方があったんだ!」と、作品の魅力を再発見できました。

――モアナとマウイの関係は、これまでのディズニー・アニメーションに見られるような「お姫様と王子様」という感じではないですよね。兄妹のようでもあり、師匠と弟子のようでもあり……と、すごくいい関係だなと感じました。そこで日本版声優のおふたりにお聞きしたいのですが、マウイから見たモアナ、そしてモアナから見たマウイは、どんな人物だと思いますか?

松也さん:マウイから見たモアナは、マウイよりはるかに強い意志を持っている存在。マウイは強そうに見えるけど、かなり脆くて弱い部分や、コンプレックスみたいなものを抱えて生きていて、それを覆い隠すために、明るく陽気に振舞っているところもあるように思いました。そういうふうに虚勢を張って生きている彼からすると、自分の信じる道をまっすぐに突き進んでいくようなモアナを、最初はとても鬱陶しく感じると思うんですね。ある種の羨ましさもあると思うんですけど。でも、そんな彼女と旅をすることによって、自分も殻を破って、自分の本来やりたかったことや、過去の過ちと向き合う勇気をもらえる……そういう面では、実はマウイにとって、モアナは一番のヒーローなのかなという気もしますね。

屋比久さん:モアナから見たマウイというのは、半分神様で半分人間、ということですごく大きな存在ではあるんですけど、自分の島や世界が大変なことになってしまった元凶でもあるんですよね。「彼がいないとみんなを救うことができない」という一途な思いでマウイを探しに出かけて、強引に引っ張って一緒に冒険をするんですけど、彼はモアナのそういう必死な気持ちを理解してくれない。しかも、あんなに大きな体をしているのに怖がりだったり……だから最初は「なんだこいつ」と感じたんじゃないかと。でも、一緒に冒険していくうちにマウイの弱さを理解して、モアナ自身も彼に共感するところを見つけるんだと思います。「自分が何者なのか」というところにおいては、二人とも同じような悩みを抱えていて、マウイの方も、モアナと一緒に旅をしていくうちに、とても頼もしい存在に変わっていくじゃないですか。モアナ自身もすごくたくましい女の子ではあるんですけれど、彼女の旅というのはひとりきりでは達成できないこと。だから、それを支えてくれるマウイはモアナにとってかけがえのない存在だなと思いました。

――ディズニー・アニメーションといえば、やはりキャラクターによる歌の場面が毎回楽しみですよね。モアナの「どこまでも ~How Far I’ll Go~」とマウイの「俺のおかげさ」、どちらも二人の性格や思いがよく表れた印象的な曲でした。歌唱のシーンでは、どんなことを心がけていましたか?

松也さん:マウイが歌う「俺のおかげさ」は前半の、彼がまだ虚勢を張っている場面ですよね。ああいう明るさで自分を保っているところがあると思ったので、楽しい雰囲気で歌おうと心がけていました。
僕自身、小さいときからディズニー作品を見ながら育ってきて、ディズニー・アニメーションには、明るく楽しい音楽もあれば引き込まれるような音楽もあると感じていて。そして今回の僕のパートは、楽しい音楽の方。ですので自分自身が楽しみながら歌うことを大事にしていました。

屋比久さん:主題歌の「どこまでも ~How Far I’ll Go~」は、憧れや不安、葛藤や決意といったモアナの思いがギュッと詰まっている曲なんです。もともとが英語の曲なので、日本語に翻訳すると、どうしても言葉が少なくなってしまうんですよね。だから「 想い」だけは負けたくない、モアナの気持ちはしっかり伝えたい、と思っていました。「歌を歌う」というよりは「言葉を音に乗せて伝える」という意識で、丁寧に歌おうと心がけていました。

――今日はお二人とも、モアナとマウイをイメージした衣装ですね。松也さんと屋比久さんは、互いの演じたキャラクターと本人の印象を比べて、似ているなと思うところはありますか?

松也さん:僕から見た屋比久さんとモアナですか? もう、「どこが似てる」と言う必要もないんじゃないかってくらいですよね。ほぼモアナじゃないですか!(笑)。このまっすぐで純粋な感じもそうですし、見た目もそうですし、歌声もほぼそのままって感じですし……。初めてお会いしたときは、まだ話したこともなかったけど、見た瞬間に「モアナだ」と思いました。ですので僕のなかでは完璧に屋比久知奈=モアナですね。

屋比久さん:松也さんも、マウイと同じようにすごく頼もしい存在です。私は最初、モアナを演じることに不安を感じていたのですが、作品の中でモアナがマウイに支えてもらったように、声で演じるときにも支えてもらったなと思いました。今日のインタビューも、松也さんがいてくださったので、安心して受けられました(笑)。

4M6A0386(1)

屋比久さんと松也さん、お互いのよいところを理解しあった兄妹のような空気で、「まるでモアナとマウイのよう!」と感じました。
『モアナと伝説の海』は、これまでのディズニー・ヒロインのイメージをドカンと打ち破ってくれる、パワフルな映画です。「か弱いヒロインのモアナを、明るいマウイがぐいぐいリードしていくんでしょ?」と思っている方は、劇場でその期待を大きく裏切られますよ! 奥深いふたりのキャラクターとその声に、ぜひ注目してみてくださいね。

文・伊東杏奈