life

こんなふうになりたい! 結婚37年目のご夫婦の「夫婦コーデ」Instagramが大人気

File_000

今、大注目のインスタグラマー、bon_pon夫妻をご存知ですか? 結婚37年目となる60代のご夫婦で、センス抜群の「夫婦コーデ」をおさめた写真が話題となっています。
2017年3月現在、フォロワーの数はなんと37万人。日本だけではなく、世界中から「素敵なご夫婦」「憧れます」「こんな歳のとり方がしたい!」というコメントが届いているんです。

おふたりの投稿する写真は、どれも本当にステキ! 愛があふれる「夫婦コーデ」の数々をご覧ください。

bon_ponさん(@bonpon511)がシェアした投稿

bon_ponさん(@bonpon511)がシェアした投稿


ふたり並んでいる写真だけで、夫婦仲のよさが感じられますね。ファッションセンスはもちろんのこと、おふたりが夫婦として積み重ねてきた年月や、確かな愛情がうかがえるからこそ、こんなにも人びとを惹きつける写真が撮れるのだと思います。

bon_ponさん(@bonpon511)がシェアした投稿

bon_ponさん(@bonpon511)がシェアした投稿


イベントシーズンの写真もとってもおしゃれで楽しそう! 服の配色にも目を引かれますが、腕を組んだり、手を繋いだりする姿にほっこり癒されます。同時に、うらやましい気持ちにも……。ポストカードにして、「夫婦円満」のお守りとして部屋に飾りたい!

bon_ponさん(@bonpon511)がシェアした投稿

bon_ponさん(@bonpon511)がシェアした投稿

bon_pon夫妻のInstagramに魅了された結婚6年目の筆者は、「30年後、私も夫と、年をとっても手を繋いだり腕を組んだり、お揃いの服を着たり……ずっと仲良く寄り添っていたい」という気持ちになりました。

「こんなふうになりたい」とこのご夫妻を結婚生活の理想にする人、「素敵だなあ」と癒された気持ちになる人……たくさんの人が、さまざまな理由で、bon_pon夫妻の投稿に魅せられているのだと思います。

そこで、今、世界中から注目されるbon_pon夫妻に、「おふたりの結婚生活」についてのお話を伺ってみました。

結婚37年目に思う「夫婦は二人で一人前」

――投稿から、とても仲のよさそうなご夫婦だということが感じられますが、おふたりの馴れ初めを教えてください。

bonさん(夫)・ponさん(妻):東京の専門学校で出会いました。bon(夫)20歳、pon(妻)19歳のころから付き合って、bon24歳、pon23歳のときに結婚して、現在に至っております。

――結婚生活の中で“危機”を迎えたことはありましたか? もしあれば、それをどう乗り越えましたか?

bonさん・ponさん:もちろん喧嘩は数え切れないほどしましたが、離婚を考えるほどの危機はなかったです。今は喧嘩をするほどのパワーもなくなりました。

――結婚生活37年目をこのような形で迎えられた秘訣はなんですか?

ponさん:いつの間にか37年も経ってしまったという思いです。
結婚してから現在までbonは仕事が忙しく、朝出勤したら帰りは午前様という生活でした。結婚生活37年といっても、実質一緒にいられた時間は3分の1くらいだと思います。この3月でいよいよ退職するので、やっとゆっくり二人の時間が持てると思うととても嬉しいです。今までの時間を取り戻すつもりで、残りの人生を仲良く暮らしていきたいと思っています。

――これまでの夫婦生活の中で、「この人と結婚して良かったな」と感じた瞬間を教えてください。

bonさん:自分と全く違う性格に魅力を感じました。そのおかげで人生を楽しく感じることができたこと。

ponさん:家族想いのところ。どんなに仕事が忙しくても、休日は家族と一緒に過ごすことを優先してくれたこと。出会った頃から今に至るまで、ずっと変わらずに私を大切に想ってくれているところ。情緒が安定していて、いつも穏やかで優しいbonの人間性を尊敬しています。「飲む・打つ・買う」をしない人でよかったです。

――おふたりが思う「結婚とは」?

bonさん・ponさん:「二人で一人前」。お互いの足りないところを補いながら生きていくこと。

――ママスタには、子育てまっただなかのママたちがたくさんいます。どうしても育児が優先になり、夫婦としての時間を持てないという声も多いですが、そんなママたちにメッセージをお願いします。

ponさん:我が家の場合は、とにかくbonの仕事が忙しく、朝出勤したら帰りは午前様という生活でした。娘が二人おりますが、平日はパパと一緒にご飯を食べることもできず、パパの寝顔しか見れないという状態でした。パパがいるのに母子家庭のようでした。夫婦の時間などもありませんでした。
それでも家庭が破綻することなく、娘たちも父親を毛嫌いするようなこともなく(かえって父親が好き)やってこられたのは、夫が本当に家族想いで、せっかくのお休みの日も「家でゴロゴロしていたらかえって休んだ気がしない」と、休日には家族と出かけることを優先してくれたこと、いつでも穏やかで優しかったことだと思います。
それは私に対してもずっと変わりませんでした。私も喧嘩はしても、夫のことを愛していました。私達夫婦は性格も体型も全く対照的ですが、相性だけは良かったのかなぁと思います。せっかく大好きな人と夫婦になったのですから、一生添い遂げたいと思っています。

 

結婚生活37年目を迎えるおふたりの言葉は、お互いを思いやる気持ちであふれていました。相手に対しての「尊敬」の気持ちを感じること、それが夫婦円満の秘訣なのかもしれませんね。筆者は、お二人のお話をお聞きして、夫に対しての「感謝」や「尊敬」の気持ちをちゃんと伝えようという気持ちになりました。

人生には、良いときもあれば悪いときもある。どんなときでも、夫婦として一緒に乗り越えていけば、bon_pon夫妻のように素敵な夫婦に、いつかなれるかしら……。

 

「二人で一人前」

心に刻みたい言葉です。

 

bonpon夫妻のInstagramはこちら

 

60代の共白髪の夫婦(夫=bon 妻=pon)

アカウント名@bonpon511の511は結婚記念日(1980.5.11)

文・鈴木じゅん子