life

お化粧してる子が4割も? イマドキの10歳女子とは?

main

女の子にとって、カラダやココロ、環境が変化し始める“10歳”。そんな10歳の女の子にとって大切なことを伝える『10歳の未来』プロジェクトが活動中です。その一環として、10歳前後の女の子の“イマ”を切り取った『10歳キラキラ白書』2017年度版が発表されました。その内容は、まさに“イマドキ”。私たちが子どもの頃とはだいぶ異なるその感覚に、二人の娘をもつ筆者は今から戦々恐々……。みなさんもぜひご覧ください。

ブラジャーの所有率は4割程度 はじめてブラをした時の感想は?

sub1

女の子の“オトナの階段”一歩目ともいえる「ブラジャー」。10歳での所有率は40%とのこと。半数以下になりますが、11歳になると60%に増加します。10歳から11歳というと、二次性徴が表れはじめる時期。胸も大きくなり始めるし、そろそろ初潮も意識し始めますよね。

ブラジャーに対して、生理用品の所持率は33%と低め。生理用品よりも、ブラジャーデビューの方が先! という子が多いのですね。

ブラジャーの購入は、8割の子が「親と一緒に」と回答。

はじめてお母さんと一緒にブラジャーを買いに行った時の感想は

『ちょっとだけ恥ずかしかった』

『誰かに見られてるかなってドキドキした』

はじめてブラジャーをつけた時の感想は

『大人の仲間入りしたいみたいで嬉しかったし、揺れないから痛くなくて楽だった!』

『ちょっと違和感があったけど、大人になった気分で嬉しかった』

など、大人への一歩を踏み出した女の子たちの期待と不安が入り混じった「ドキドキ」が、なんだか微笑ましいですね。

半数近くがお化粧!? 理想の彼氏や結婚年齢、憧れの芸能人は?

ココロ編では、心理面の発育状況を調査。将来の夢や憧れ、異性に対する意識や恋愛面について聞いてみると、なんと! 70%以上が「恋愛中」なんだとか。10歳女子……充実してますね~。

しかし、さらに驚くのが半数近くの44%が「化粧をいつもする・時々する」のだそう。化粧をし始めたのが高校を卒業してからの筆者にとっては、驚愕の事実。恐らく、マスカラやチーク、色付きリップ程度だとは思うのですが(そう願いたい)、そんなことしなくても十分カワイイよー! と言ってあげたいです。どうせ、20年後以降は化粧なしでは外出できない、むしろ面倒臭いくらいになってしまうのですから、今くらいプルプルお肌のすっぴんライフを満喫してもらいたいものです。

また、理想の結婚年齢は25歳、平均は23.2歳という結果に。その年齢計算のち密さに、10歳ながらも“現実的”な女の一面が垣間見えて面白いですね。

sub3

憧れの女性有名人はダントツで石原さとみさん。キレイでオシャレで英語も堪能……10歳女子、理想がお高い!

友達とは「交換日記」「手紙」でコミュニケーション

トモダチ(学校)編では、主に学校での友人関係やコミュニケーションツールの“イマ”を調査。悩みを相談できる親友が「いる」と答えた子は73%も。しっかりと友情が育めていて素晴らしい!

2大コミュニケーションツールに輝いたのが「交換日記」と「手紙」です。どんなに携帯電話やスマートフォンの普及が進んでいても、小学校時代の友達とのコミュニケーションがアナログであることに、なんだかホッとしますね。

sub4

友達との間で流行っているものは、恋バナに次いでカラダの話やブラジャーの話、PPAPのモノマネもするそうです。10歳くらいになってくると、どんどん“友達にしか話せない”事柄が増えてきそうですね。

10歳を境にお風呂事情が変わっていく……

pixta_1197716_M

カゾク編は、家族との関わり方、家庭での生活習慣についての調査です。イマドキの10歳女子の1か月のお小遣い平均額は813円なんですって。あれ? 意外と少ない。どんなに子どもがイマドキになっても、やっぱりそこは親がしっかり管理しているんですね。10歳女子のママたち、さすがです。

そして、やはり約45%の子が自分用の携帯、スマホを持っているのだそう。公衆電話の数も少なくなってきているこのご時世、子どもの頃から携帯電話を持つというのは、これからどんどん当たり前になっていくのかもしれませんね。

10歳はお風呂事情も急変。 今まで一緒に入っていたお風呂、10歳以降はひとりでの入浴が増え始め、11歳以降は急増。また、お父さんと一緒に入る子は激減していくというパパにとっては切ない現実、10歳がターニングポイントみたいですよ。


ココロとカラダの変化がはじまる10歳。今まで“子ども”だった我が子が、少しづつ“大人”へと近づきはじめるこの時期は、だんだん親よりも友達との関係を大事にしていくようになります。今、4歳と2歳の娘の子育て真っ最中の筆者にとっては、10歳なんてまだまだ先だけど考えるだけで寂しくて涙が出そうに……。でも、それが「成長」であり、だからこそ「今」を大切に触れ合っていかなくてはいけませんね。

子どもが小さい頃は小さいなりの。大きくなれば大きいなりの悩みが尽きないのが子育て。娘が10歳になっても、相変わらず親子バトルを繰り広げてそうだな……と調査を見てしみじみ思った筆者でした。

10歳キラキラ白書2017

調査期間:2016年9月~12月
対象:ワコールが運営する小学生・中学生女の子下着の悩み解決するサイト
「ガールズばでなび」訪問者1,882名(10歳=266名)
方法:インターネット調査

 

文 渡辺 多絵