entertainment

ヒルトン東京ベイでのお泊りディズニー。親子で大満足の内容が盛りだくさん! 

ヒルトン東京ベイ

お子さんの誕生日や記念日など、大切な日は家族で特別な思い出を作りたい……。そんなときに「お泊りディズニー」を計画するご家庭も多いのではないでしょうか。
このたび、一児の母である筆者が、娘の3歳の誕生日をオフィシャルホテル・ヒルトン東京ベイでの「お泊りディズニー」でお祝いしたときのレポートをお届け! ファミリーでのお泊りディズニーを計画されるご家庭は、ぜひ参考にしてくださいね。

■まずは情報収集から

ディズニーが大好きな我が家の娘。3歳の誕生日は「お泊りディズニー」で!と思い立った筆者は、さっそく子ども連れでのお泊りディズニーについて、情報収集をしてみることにしました。

まずはなんといってもホテル選び。東京ディズニーリゾート近辺には、いくつかの提携ホテルがありますが、ここに宿泊すると、混雑しているときでも安心の入園保証や、移動に便利なシャトルバスなど、子連れでディズニーを訪れるお客さんにとってはありがたい特典がいろいろとあるようです。
なかでも、我が家のようにまだ小さい子どもを連れて行く場合は、子どもの体力や体調が心配……。しかし提携ホテルを利用していれば、再入場スタンプを押してもらい、ホテルに戻って休憩することもできます。「せっかく行くなら、とことん楽しみたい!」という想いが叶い、さらに子どもの調子に合わせてゆっくりできるというのは、とても魅力的。

そこで、東京ディズニーリゾートの提携ホテルの中から宿泊先を決めることに。そのなかにも、ディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテル、グッドネイバーホテルと4種類ありますが、一番お部屋やサービスが豪華なディズニーホテルは、高かったり予約が取りにくかったり……。でも特典や特別感はほしい!ということで、オフィシャルホテルの中から選ぶことに。
とくに今回は、「ホテルでもお誕生日のお祝いをしてもらいたい!」と思っていたので、子どものお誕生日ケーキをレストランの利用時に無料で用意してもらえるという「ヒルトン東京ベイ」での宿泊に決定しました。
また、このヒルトン東京ベイには、「ファミリーハッピーマジックルーム」という子連れファミリー向きのお部屋もあります。「いつもとは違う環境で過ごすのだから、子どもが楽しいと感じられる空間がいいな」と思っていたため、こちらもポイントが高かったです。

■いよいよ「お泊りディズニー」当日!

ヒルトン東京ベイのチェックインは15時ですが、宿泊用の大きな荷物を持ったままパーク内を行動するのは大変。
そこで、舞浜駅の改札を出て左に進んだところにある「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」を利用しました。ここでは、チェックインの手続きや、荷物を預け、ホテルの客室まで運んでおいてもらうといったサービスが受けられます。オフィシャルホテルを利用する場合にはオススメです!

荷物を預けたら、身軽に東京ディズニーランドを満喫! いろんなアトラクションやショー、キャラクターグリーディングを楽しみます。

そして遊び疲れた娘と、夕方に一度ホテルへ戻りチェックイン。
フロントの前には、靴を脱いで遊べるキッズスペースが用意されています。モニターではディズニーのアニメーションが流れており、娘はアニメに夢中!
チェックイン時に、子どもを遊ばせておける場所が目の前に用意されているのは、パパ、ママからのポイントがかなり高いですよね。

S__92741656

予約をした「ファミリーハッピーマジックルーム」は専用フロアにあり、エレベーターを降りると、このルームのコンセプトとなっている魔法の森の世界が広がっています。お部屋に着く前にエレベーターホールでしばらく遊べてしまうくらい、娘は大興奮でした。

S__92741657

そして、お部屋がこちら。モダンな雰囲気で色もうるさくない、大人も落ち着けるデザインになっています。

S__92741658 S__92741659

お部屋はなんと、5人家族でも楽々泊まれる広さ! お子さんの多いご家庭や、おじいちゃん、おばあちゃんや、ママ友親子と一緒に宿泊する人たちにも嬉しいですね。

また、バスルームには子ども用のかわいい踏み台が用意してあったりと、随所に子連れ家族への気遣いが見られます。

S__92741661

「ファミリーハッピーマジックルーム」には、オリジナルの絵本が置いてあります。このお部屋は「みならい魔女ティアラ」の世界感を再現したものなんだそう。お部屋にも絵本が用意してあるので、寝かしつけの時に読みました。

S__92741665

さらにチェックイン時には、宿泊する子どもに絵本の主人公・ティアラからお手紙が!

S__92741666

これにはまだ文字が読めない娘も大喜び。お手紙にはちゃんとその子のお名前も書いてあり、「自分にお手紙をくれた」という特別感が嬉しいようです。こちらは予約時にホテルに確認してみてくださいね。

お部屋の中には、このほかにも魔法をモチーフにした楽しい仕掛けがたくさん!
「魔法の鏡」や「魔法の鍵穴」など、魔法の森の不思議をお部屋で体験することができます。
娘は、「魔法の鍵穴」に夢中になり、お部屋にいる間は何度も何度も遊んでいました。
ただ寝るだけの場所ではなく、楽しい仕掛けがあるお部屋だと、子どもが夢中になって遊んでくれて、その間にパパとママはソファで一休み……なんて時間が持てたりするので、親にとってもありがたいお部屋ですよ!

■ブッフェなら子どもも飽きずに楽しめる! お誕生日ケーキのサービスも

S__92741664

そしていよいよお誕生日祝いのディナー。今回はホテル内にある、アジア料理のブッフェが楽しめる「フォレストガーデン」を予約しました。
娘が食事の途中で飽きてしまう可能性があるので、ブッフェスタイルのこちらを選びましたが、これは大正解でした。一緒にメニューを選んだり、運んだりすることで、飽きずに楽しんで食事をしてくれました。
子ども用のお皿に、箸、スプーン、フォークも用意されていて安心です。

デザートコーナーは、疲れたママを癒してくれるスイーツがいっぱい!
このコーナーに一番テンションが上がった筆者です(笑)。一日中子どもと歩き回って疲れているので、この日ばかりはダイエットのことは忘れて、食べたいだけ食べました。

S__92872709

このレストランでは、事前に頼んでいたお誕生日ケーキでお祝いをしてもらえました。
スタッフの方たちが、「ハッピーバースデイ」の歌を歌ってくれるので、娘は照れながらも大喜び。こんな素敵なケーキが、無料でサービスしてもらえるなんて!

S__92848137

ブッフェでスイーツがたくさんあるので、このケーキは持ち帰れるよう箱に入れてきてくれます。この気遣いも嬉しい!

ゆっくりとホテルでのディナーを食べた後は、再入場で東京ディズニーランドへ戻り、『アナと雪の女王』のプロジェクションマッピングを楽しんできました。
そんな楽しみ方ができるのも、お泊りディズニーならではですよね。

■娘がずっと笑顔だった、ヒルトン東京ベイでの宿泊

翌日のチェックアウトは12時なので、朝食を食べた後にも部屋に戻ってゆっくりすることができました。
ホテルから舞浜への直通バスが出ているので、これに乗ると舞浜駅にもすんなり移動でき、とっても便利です。

S__92741672

今回、娘の誕生日祝いのために東京ディズニーランドに行き、ヒルトン東京ベイに宿泊して楽しんだ二日間。親子ともに大満足で過ごせました。

そして何より心に残ったのは、ヒルトン東京ベイに滞在している間、娘がずっと楽しそうにしていたこと。
子どもと一緒にホテルに泊まるときは、いつもと違う場所で過ごすことへの不安がありますが、このホテルには子どもが“楽しい”と感じられる仕掛けが随所にあって、退屈せずに過ごせました。
グズることもそれほどなく、いつもよりもずっとご機嫌に過ごしてくれていた気がします。

日常からちょっと離れて、家族で特別な時間を過ごすとき、それをとても心地いい素敵なものにしてくれる魅力が、ヒルトン東京ベイにはありました。

娘は、家に帰ってからも「あのお部屋でまた寝たーい」と毎日言っています。
お部屋の楽しさが子どもの記憶に残る、そんなホテルを選べてよかったなと思いました。

特別な日を東京ディズニーリゾートで祝いたい!と思っているパパやママにオススメのヒルトン東京ベイ、ぜひご家族でお泊りしてみてくださいね。

取材協力:ヒルトン東京ベイ http://www.hiltontokyobay.jp/

 

文 鈴木じゅん子

こちらの記事もオススメです