life

ハーフバースデーの記念写真には「裸」もおすすめ

DSC_9129 のコピー.jpg

赤ちゃんのハーフバースデーのお祝いは、もう常識!?ってくらい、みなさんするようになりましたよね。
お祝いの仕方は、家族それぞれ。部屋をデコレーションして写真を撮ったり、赤ちゃんは離乳食だけど、みんなでケーキを食べたり。
そんなハーフバースデーですが、子供写真館では「裸」の写真を撮るのが流行っているらしいんです。

ぽちゃぽちゃむちむちな可愛い姿を残したい!

例えば、新宿の子供写真スタジオ『アトリーチェ』では、通常は衣装2パターンの撮影なのですが、ハーフバースデーの時には、「裸」の写真もサービスで撮影できるそうです。

「1歳の誕生日の頃になるとシュッと引き締まるので、ぽちゃぽちゃむちむちな可愛い姿を残すなら今ですよ!とご説明すると、ほとんどの方が希望されます。裸といってもオールヌードではなく、可愛いふりふりブルマーやコスプレ衣装を着て、背景も可愛くデコレーションして撮影します。裸にするとニコニコになる赤ちゃんが多いんです。気持ち良いのかもしれませんね」(『アトリーチェ』スタッフ)

そこで、家庭でもできる「裸」撮影のコツをきいてきました!

可愛い衣装でオムツは隠す!

t02200147_0800053413210351478.jpg

『アトリーチェ』で用意されている衣装のふりふりブルマーはこんな感じです。
オムツが見えると、一気に日常的になってしまうので、何かを穿かせて隠しましょう。

でも、家庭だったらオールヌードもあり、とか?

「スタジオだとおもらしの心配があるので、オムツの上に衣装を着るスタイルにしていますが、ご家庭だったら、オールヌードも良いと思います。汚れても大丈夫なバスタオルや布の上に寝かせて。6ヶ月くらいだとうつ伏せも楽しい時期なので、うつ伏せにすると後で本人が見ても恥ずかしくない、きれいな写真が撮れると思います」(『アトリーチェ』スタッフ)

コスプレも楽しい!

DSC_9109 のコピー.jpg

こちらも『アトリーチェ』の衣装、絵本でおなじみの「はらぺこあおむし」です。

赤ちゃんの時期にしかできない、こんなコスプレがおすすめです!
衣装に合わせて葉っぱをあしらっています。これだったら、赤ちゃん本人が2、3年後に見ても喜ぶんじゃないでしょうか?

「女の子の場合は、人魚姫も可愛いですね。まだスタジオではご用意していないのですが、お持ち込みされた方はいらっしゃいますよ」(『アトリーチェ』スタッフ)

ふわふわの布を敷いてデコレーションしよう!

背景や小物も可愛くしてみましょう。
寝相アート、流行ってますよね?そんな感じでのデコレーションがおすすめです。

まずは、ふわふわの布を敷きましょう。肌に当たる布がふわふわだと赤ちゃんもご機嫌です。

o0800053413281905378.jpg

こちらの赤ちゃんは、ふわふわボアの布の上で、コットンの星を散りばめての撮影。星を手に持って楽しく撮影できました。

むちむちの腕やお腹が最高に可愛いハーフバースデーの頃、記念写真に可愛い「裸」も撮っておけば、良い思い出になること間違いなしです。
写真館でもご家庭でも、赤ちゃんの「裸」写真、ぜひ撮ってみてくださいね。

【参考】
子供写真スタジオ『アトリーチェ』

転載元:ハーフバースデーの記念写真には「裸」もおすすめ(by マムメモ)

関連リンク

大切な出産だから。自分の希望をバースプランにまとめよう
買い足しはレギンスのみで。マタニティ期の賢いおしゃれ
リーズナブルで一点物、子供用古着が魅力的な理由。