life

夫にも読ませたい!川上未映子著『きみは赤ちゃん』

筆者は妊娠中、ひどいつわりに悩まされていました。それに並行して気持ちもどんどん沈むばかり。そんな私を気遣ってくれた夫ですが、行き違いも多く衝突することもしばしば。「なんで私の気持ちを分かってくれないの……」と夜、メソメソと一人で泣いていました。

夫だって頑張って理解しようとしていたはずです。ただ、なかなか理解できないのは、筆者が言葉で伝えることが不足しているのも一因としてありました。ですが、自分もつわりやらで未知の経験をしているので、具合が悪すぎて話すことも億劫だったり、いざ伝えようともなかなか的確な言葉が出てきません。

そんな時に出会ったのがこの川上未映子著『きみは赤ちゃん』。出産関係のエッセイ集だと、普通は女性が読んで共感したり泣いたり笑ったりとするイメージですが、これは是非パートナーである旦那さんに読んでもらいたい本です。
S__11993101

作家ならではの鋭い観察眼で妊娠、出産を克明に描く

2008年『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞した作家の川上未映子さん。2011年に同じく芥川賞作家の阿部和重さんと結婚。翌年、35歳で男児を出産しました。『きみは赤ちゃん』は、妊娠から出産、そして初めての育児について、作家ならではの鋭い観点から描かれています。

この本では、出産編・産後編に分かれており、出産編「できたら、こうなった!」では、つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を受けるべきか、お金の問題、心とからだに訪れる激しい変化、分娩の苦しみで構成されています。産後編「産んだら、こうなった!」では、産後クライシス、仕事と育児の両立、夫婦間の考えの違いからくる衝突、病気との闘い、離乳食・卒乳の体験など、息子さんである通称オニちゃんが1歳になるまでの様子がまとめられています。

共感の連続! 旦那に伝えたいのはこのこと!

この本は、川上さんの体験として描かれています。当時、自分も妊娠中で、「妊娠し気持ちも体も不安定で、思い通りにいかないもどかしさ」を感じていました。そのため、川上さん流の大阪弁混じりの軽快かつ丁寧な言い回しはとても心に響き、まるで自分自身の気持ちを代弁してくれているかのように感じました。また、産後体験するであろう「壮絶な育児」のイメージを自分の中で掴めました。

なかでも「そうそう!」とすごく納得しまったのが、「全方位的にまじ限界」という言葉。「疲れた」「無理」「もう嫌」などの言葉でも言い換えれそうな表現ですが、筆者の場合マイナスな言葉を吐いてしまうと、ますますマイナス思考に陥ってしまいます。ですが「全方位的にまじ限界」だと、「結構頑張ってきたけど、もうそろそろ無理。なんとかしてくれ!」という状態を相手にも自分にも軽く伝えられるような気がしました。

慣れない体や産後すぐの育児疲れはまさしく「全方位的にまじ限界」的な状態で、夫にこの言葉を言えば、我が家では‟かなりやられている状態だから、全力で助けてほしい”というサインになっていました(笑)。

川上さんの夫は、家事は手伝ってくれるものの料理だけはできない。夫に「なにか作ろうという気はないのか」と直談判するものの、夫は「料理をしたくないなら、総菜でも買ってくればいいだろう」という考え。「料理ができない時でも、惣菜や店屋物も食べたくない時がある。さっと簡単に茹でた野菜でいいから、そういうものを食べたい時もあるのに、なぜ分かってくれないのだ」と川上さんが投げかけるシーンは、思わず心の中で「わかる!! 別に料理をして欲しいのではなく、こういう気持ちがあることを分かって欲しい~!」と叫んでしまいました。

「全部は分からないけど、なんとなく理解できる」夫の誕生

そして、読み終わったら、「この本がすべてではないが、こういう気持ちになることもあるんだよ。日常のちょっとしたやり取りでわざわざ言うのも躊躇するようなこととか、女性の気持ちの変化も、わかりやすく書かれているから、ざっくりでいいから読んでみて」と夫にこの本を渡して読んでもらいました。

読み終わった夫は「出産とか育児の大変さは分かってるつもりだったけど、その大変さに紐付いた女性の気持ちも理解できた」と言ってくれました。

これを機に、なかなか伝わりづらかった私の気持ちのモヤモヤも、夫は「全部は分からないけど、なんとなく理解できる」というスタンスに変わってくれて自然と喧嘩も無くなりました。

もちろん、夫が家事をフルにできたり、生活がガラリと変わったわけではありません。ちょっとした気遣いが増えたり、女性の体や気持ちの変化に対して「何が起こっているのか全然わからない」から「自分の体で体験はできないけど、辛さは理解できるかも」という考え方になってくれました。

家事の役割分担など、工夫すればいくらでも解決策が見える問題以外で、なかなか気持ちが伝わりづらい……と悩んでいる方がいたら、旦那さんに一度「この本を読んでみて!」と渡してみては? もしかしたら、思いもしなかった発見があるかもしれません。

文・三浦びあ

きみは赤ちゃん ※クリックでAmazon.co.jp商品ページへ

著:川上未映子
出版社: 文藝春秋