entertainment

”ももくろちゃん”が送る、幼児向け番組がいよいよ配信スタート!

通常のライブにちびっ子ファンが訪れるのはもちろん、「子供祭り」と題した親子向けライブも行っている人気アイドルユニット・ももいろクローバーZ。このたび新ユニット「ももくろちゃんZ」として、幼児向け新番組『ぐーちょきぱーてぃー』(Hulu)をスタートさせます!

170218_繧ゅb縺上m縺。繧・sZ_蝗イ縺ソ01

番組収録中のスタジオで先日開催された、その取材会にうかがいました。いつものメンバーカラーを進化させた衣装もキュートで、いったいどんな内容になるのか期待がふくらみます。

■街中によくあるものをモチーフにした、それぞれのキャラクター

番組に登場するのは太陽をイメージしたおひさまかなこちゃん(百田夏菜子さん)、たんぽぽをイメージしたたんぽぽしおりん(玉井詩織さん)、ハトをイメージしたぽっぽーあーりん(佐々木彩夏さん)、公衆電話をイメージしたもしもしももかちゃん(有安杏果さん)、傘をイメージしたれいにーれにちゃん(高城れにさん)の5人です。

「オデコが出ているので、よくみんなに”初日の出”って言われます」とかなこちゃん。「今回はせっかくこういうキャラクターなので初日の出=オデコも出して、全身でおひさまをイメージしてみました」。

そしてハトをイメージしたあーりんのすぐ隣にいたのが、ももかちゃん。「うちの有安はじつは鳥が苦手で……鳥モチーフもダメなんです」と、しおりんにバラされてしまいます。それを受けたあーりんが羽をイメージしたスカートを揺らすと……なんと、ハトの羽ばたきそっくりの音が!

「いちばん苦手なのがハトです」と苦笑いするももかちゃんでしたが「私は街にある公衆電話なんですけど、最近の子どもたちは「電話」といってこういうのをイメージしないので……これを機会に覚えてほしいですね!」。

■子どもたちがみんな元気だから、いつも以上にがんばります!

momoclochanz_asha

(C)「ぐーちょきぱーてぃー」製作委員会

3歳〜5歳をメインにした幼児たちを招く収録は、「ももくろちゃんZ」たちにとっても楽しいものだそう。

「みんなかわいいよね〜。大人になると心がけがれちゃって。花を見て涙が出るくらい感動するような純粋な気持ちを、ちっちゃい子を見て取り戻しています」(れにちゃん)。

「あれ? ウチらは忘れていなかったよ?」(あーりん)。

「いやいや。大事なことを忘れちゃいけないなって、あらためて思ってます!」(れにちゃん)。

「みんな吸収がとても早くて、はじめてでも『一緒に踊るよ!』って言うと進んでマネして踊ってくれるんですよ。ももクロも『ダンスが激しいね』ってよく言われるんですけど、それが薄れちゃうくらいみんな元気。なので、いつも以上にがんばらなきゃ!って思ってます」(しおりん)。

おなじみの童謡から「ももくろちゃんZ」の楽曲などたくさんの歌と、ダンス、昔話の読み聞かせなど楽しいコーナーが盛りだくさん。NHKの子ども番組でおなじみのひろみちお兄さんなど、幼児教育の第一人者がスタッフとして企画に参加しています。

「私、3〜4歳のときに、ひろみちお兄さんが出ていたあの番組に出たことがあるんですよ。一緒に撮った写真が今もまだ家にあります」と、自慢するのはあーりん

「ちっちゃい頃に毎日ひろみちお兄さんを観ていた世代だから、今も不思議な感じです」と、れにちゃん

今度は「ももくろちゃん」たち自身が、子どもたちのあこがれの”お姉さん”になりそうな予感ですね。

「子どもたちが観て楽しめて、自分もこの番組に出たいな〜って思ってくれたらいいな。大人になったときに、今私たちが歌っている曲をなんとなくでも心に残してもらえるような番組にしたいと思います。ぜひ観てくださ〜い!」(かなこちゃん)。

『ぐーちょきぱーてぃー』(Hulu)は2月24日(金)より配信スタートです!

 

文・鈴木麻子