life

肌が乾燥していそうな都道府県ランキング、第一位はどーこだ?

pixta_12938369_M

この寒~い冬からあと少しで抜け出せる……なんて、カレンダーを気にしてしまう今日この頃。しかし相変わらず乾燥には注意したい気候が続いています。気を抜かずに“保湿”対策を行っていかなくてはいけませんね。

世の女性は乾燥をどれだけ気にしているのかな……と思っていたら、面白そうな調査を発見! ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社が「肌が乾燥していそうな都道府県ランキング」「肌が乾燥していそうな職業ランキング」など“乾燥”に対する女性の声を集めていました。さて、各ランキングの1位はどうなったでしょう? 

最も乾燥してそうだと思う都道府県、1位はやっぱり……

「お肌の乾燥に関する調査」は20~59 歳の女性500人を対象に行われました。

pixta_16207860_M

「あなたが最も肌が乾燥していそうだと思う都道府県は?」という質問の結果はコチラ!
1位:東京都(36.6%)
2位:北海道(20.6%)
3位:群馬県(12.8%)

栄えある(?)1位に輝いたのは、東京都。3分の1以上の方が、東京は乾燥していると思っているのですね。その理由は

「ビルが多く、風が冷たいから」(26 歳・女性)

「人が多くて空気が薄そうだから」(28歳・女性)

「車・建物が多く、自然が少ないから」(53 歳・女性)

などがあげられました。確かに都会は、建物も人も車も多くゴミゴミしたイメージ。空気自体が薄くて汚れている=乾燥しているという発想につながったのかもしれません。ちなみに筆者は、東京生まれの東京育ち。そんな場所は、都心のごく一部だけ……とフォローしておきたいところ(笑)。しかし、東京の湿度は全国的にみても低いとのことなので、あながちこのイメージは間違っていないようです。

2位の北海道(20.6%)は「寒いから」という理由。しかし3位の群馬県は何故なのでしょう? 理由は

「赤城颪(あかぎおろし)で乾燥すると聞いたことがあるので」(30 歳・女性)

「群馬は空っ風のイメージがあるから」(57 歳・女性)

「吹き下ろしが、凄そうなので」(50 歳・女性)

など。群馬県の特徴が見れて面白いですね。

ちなみに、1位の東京都に限定して「23区内で最も乾燥していそうだと思う区は?」の質問には
1位:新宿区(20.6%)
2位:千代田区(18.2%)
3位:港区(7.4%)

との結果に。高層ビル群がひしめき合う新宿をはじめ、“都会”のイメージが強いところは乾燥していそうだと思われがちなのですね。

肌が乾燥していそうな職業ランキング1位は憧れの……

pixta_13983135_M

「肌が乾燥しているイメージの最も強い職業は?」の質問の結果はコチラです。

1位:キャビンアテンダント(27.8%)
2位:サーファー(16.4%)
3位:OL(15.6%)

キャビンアテンダント(以下CA)強し! 確かに、常に暖房完備で空気の入れ替えが難しい機内は乾燥しているイメージです。CAが1位になるのは当然なのかも。実際CAさんも乾燥のケアに気を遣っていらっしゃる方が多いようです。その中で、素敵な笑顔と気配り……お見それいたしました。

2位のサーファーは、海水と海辺の風からのイメージでしょうか。色の抜けた髪の毛も、何だか乾燥をイメージさせるような。

3位のOLは、分かります! オフィスに一日いると、乾燥して喉をやられそう。これは全国共通の悩みなのかもしれません。

顔以外の保湿ケア、したいけどなかなか……

5

調査によると、乾燥を感じる部位ランキング1位はダントツで「顔」でした。確かに、常に外にさらされている「顔」は乾燥しやすく、「顔」や「手」は乾燥を感じやすいですよね。しかし約9割の女性が保湿ケアは顔だけではダメだと思っているのだそうです。

一方で、実際に顔以外に保湿ケアをきちんと行っている女性は38.2%なのだとか。分かっているけど、なかなか……といったところですね。筆者も、お風呂上りに子どもたちには全身くまなく保湿クリームを塗っているのに、自分には顔と手のみ……。子どもと自分の肌の潤いを比べたら、クリームを必要としているのは断然自分のはずなのに……つい、後回しにしてしまうんですよね。反省。

【調査概要】 

調査期間:2016 年12 月28 日(水)~2017 年1 月5 日(木)
対象人数:500 人
対象年齢:20~59 歳・女性
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング

Dove画像

リニューアルしたダヴ 液体ボディウォッシュ。高保湿ミルク配合で、肌の奥までうるおってくれる深層保湿なのだそう。毎回毎回クリームを全身に塗る時間はない、けれど保湿対策はしたい……そんな方にはピッタリですね。

文・渡辺 多絵