talentcolumn

ガリットチュウ福島:「大ピンチ!家電!大崩壊!!!」

gari_22

「家電は一つ壊れると一気にくる」といわれます・・・
先日、冷蔵庫の調子が悪いといいましたが・・・

キターーッ!
一気にキターーーーーーーーーッ!!!

家族の団欒を記録するホームビデオが壊れました・・・
デジタルカメラも前に壊れていて、嫁のガラパゴス携帯電話のカメラ機能も壊れていて、嫁に
「ウチの家族の思い出を記録できるのはあんたの携帯のカメラだけだよ」、と悲しいことを言われました。

そして・・・NO MUSIC, NO LIFE. ・・・HDコンポが壊れました・・・
家にあった全てのCDを取り込んでそのCDを売ってしまったので、コンポが壊れたときに全てのデータが消えてしまい音楽が聞けません。
これもまた嫁に
「ウチで音楽が聴けるのはあんたの携帯電話だけだよ」、と悲しいことを言われました。

まだまだ崩壊は終わりません・・・
DVDレコーダーが壊れました!これはヤバイ!

息子が「ドラえもんが録れてない!!!」
娘が「プリキュアが録れてない!!!」
嫁が「テラスハウスが録れてない!!!」と苦情の嵐。
もちろん私の楽しみのサッカーも撮れてないよ!
だから大好きなワールドカップも夜明け頃だったけど起きてウトウトしながら見たよ!

DVDレコーダーがこれだけ家族の娯楽を助けていたとは・・・
慌てて近くの電気屋さんに見に行ったら、やっぱり激烈クソ貧乏芸人が直ぐに買える値段の物はなかった・・・。
修理は調べたら3万円かかってしまう・・・。
嫁には「これはあんたの携帯電話ではどうにもなんないね・・・」

そりゃそうだ!!!オーマイーゴッド!!!どうしましょう!!!

でも、DVDレコーダーってそんなに大事かなぁ?
私が子どもの頃は何曜日の何時に何の番組があるかしっかり覚えていたし、一回、一回を真剣に観て脳裏に焼き付けていたなぁ。今みたいに何回も見れないし。
続き物だと一回見れないと勝手に想像して次の回を見ていたなぁ。
今は最初に番組登録したら全て録れているし、もし忘れていてもメジャーな番組やドラマならネットで探せば見つかってしまう時代。

私にとって未だに忘れられないドラマがあります。
フジテレビで放送された鈴木保奈美さん主演「愛という名のもとに」です。
私は毎回楽しみに見ていてだんだんハマって行き、いよいよ最終回スペシャルという日に、当時やっていた部活動(柔道)の練習がキツ過ぎて家に帰って御飯食べてたら、いつの間にか寝てしまい、起きて直ぐに時計をみたら11時45分でした・・・完全に見逃してしまったんです。
その瞬間、テンパって母親に「なんで起こしてくんなかったのよー!!!最終回だよ!!最終回!!」とお門違いにキレて泣き叫んだことを未だにはっきり覚えてます。

悔し過ぎて何の意地かわかりませんが、レンタルビデオになっても見ていません!
だから私の中で「愛という名のもとに」は完結していないんです。

これもいい思い出かな。
やっぱり記憶力や感受性が高まるからDVDレコーダーは、そんなに必要ではないかも。
一回、一回の放送を楽しみに真剣みる!

と・・・このコラムを書いていると嫁、息子、娘が睨んでいます。
喋らなくてもわかります。
「DVDレコーダーを早くどうにかしろ」と目で訴えてます。
ギャーーーーッ!!
誰か助けて!!!
ダメ元でいい!誰か分解して直してください!
それかクソ芸人の私を分解して直してーーーー!!!

また来週!

⇒毎日更新!ガリットチュウ福チャンネル

https://www.youtube.com/user/fukuchannel55