育児に全力! 自分は二の次……そんなママに試してほしいあるものとは?

R_S1C0288_m

「スキンケアに5分もかけられたら、贅沢したなと感じます」
育児がスタートした日から、1日24時間では、とても時間が足りないという忙しさに追われるママたち。

楽しみだったお風呂あがりのひとときは、今では戦場。子どもを拭いて、お着替えさせて、自分のお手入れは後回し。たまにパックが出来ても、子どもがじゃれて、貼ったばかりのパックを速攻で剥される。

自分の顔を、鏡でじっくり隅々まで見たのは、いつが最後だったかな?
心の中にはいつも「女性としての輝きは失いたくない」「スキンケアする心の余裕くらい持ちたい……」という気持ちを抱えているママも多いのでは?
自分のために使える時間が限られたママたちに、その中でできる最高のスキンケアアイテムをご紹介したいと思います。

忙しい毎日で気持ちに余裕が……そんなママに寄り添う化粧水がAQUALABEL(アクアレーベル) から登場!

「きれいなママになりたい」と思っていたのに、子育てに追われる日々の中では、自分磨きをする時間どころか、スキンケアすら満足にできない……。そんなママたちを救ってくれる商品が、2月にAQUALABEL(アクアレーベル)から発売されるという噂を耳にしたママスタセレクト編集部。
育児中はスキンケアすらままならない……と悩んでいるママたちに、早速そのアイテムを試してもらいました。
R_S1C0265_m

肌あれ・大人のニキビ・毛穴の目立ちを防ぐ「つるつる肌ライン」<写真向かって左>
アクアレーベル バランスアップ ローション(化粧水 医薬部外品)
アクアレーベル バランスアップ エマルジョン(乳液 医薬部外品)

明るくみずみずしい透明感のある肌へ導く「美白ライン」写真中央
アクアレーベル ホワイトアップ ローション(化粧水 医薬部外品)
アクアレーベル ホワイトアップ エマルジョン(乳液 医薬部外品)

美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。
弾むような若々しいつや肌へ導く「ハリつやライン」写真向かって右
アクアレーベル バウンシング ローション(化粧水)
アクアレーベル バウンシング エマルジョン(乳液)

この他、各ラインからクリームも発売中

ママたちに聞いちゃいました! 気になる使用感って?

R_S1C0503_m

◇「つるつる肌ライン化粧水」を使用<写真向かって左>
中村さん(20代後半) 男の子(4歳)と女の子(3ヵ月)の二児のママ。
2人育児がスタートし、嵐のような日々の中でスキンケアにかける時間も余裕もない日々。

◇「美白ライン化粧水」を使用<写真中央>
栗原さん(30代前半) 男の子2人(2歳、1歳)の二児のママ。
活発な年子の男の子2人と毎日の公園通い。紫外線対策や美白効果のあるスキンケアが気になっている。

◇「ハリつやライン化粧水」を使用<写真向かって右>
佐々木さん(30代後半) 女の子(5歳)男の子(1歳)の二児のママ。
現在育児休暇中。4月の復帰を前に、年齢にあったスキンケアをしたいと悩み中。

-実際に使ってみた感想を聞かせてください。

栗原さん:普段使っている化粧水は水っぽい感じがするんですが、アクアレーベルはトロみがあって、手に乗せた瞬間に期待度が上がりました。

佐々木さん:私も、普段はパシャパシャと何度かパッティングをするのですが、アクアレーベルは、トロっとしていて、何度もパッティングしなくてもすっとなじむので、すごく楽だなと思いました。

中村さん:みなさんが言うように、手にした時のトロっとしたテクスチャは、「あれ? 化粧水だよね?」と、思わずパッケージを見直してしまうほど。実際肌に乗せてみた時に感じた伸びの良さは、時間のない私にはありがたいなと思いました。
R_S1C0341_m

-アクアレーベルを使ってみて何か変化はありましたか?

中村さん:今、産後3カ月なんです。授乳もしているので、水分が失われている状態が悩みで、メイクをするモチベーションがなかなか持てないんです。 でも、メイクをしないわけにもいかないじゃないですか。アクアレーベルはそのモチベーションを上げてくれる存在だなと思いました。朝、気持ちよくメイクができると気持ちが上がって、育児にも余裕が持てるので、息子もありがたいと思っていると思います(笑)

佐々木さん:アクアレーベルは、すごく香りが良いので、寝る前に使用すると、良い香りに包まれて眠りにつけるんです。その香りに癒されたり、パッケージを見てもかわいいので気分があがりますね、忘れていた美容への気持ちを高めてくれました。
線消しました_S1C0428_m
栗原さん:普段あまりメイクをしないんですが、「美白ライン」の化粧水を使ったので、美白肌に栄えそうなチークを塗りたくなりました。使っているうちに、メイクも「ちゃんとやろう!」という気持ちが沸いてくるので、そう思わせてくれるアイテムとの出会いは大事なんだなと感じました。

-アクアレーベルを、どんなふうに使っていますか?

栗原さん:お風呂あがりに、子どもを拭いて、パジャマを着せて、髪を乾かして……としていると、30分くらいすぐに過ぎちゃうんです。その間にどんどん自分の肌はパサパサになって、髪もクセがでちゃうような状態になって……それにイライラしたりして。でも、乾燥が怖いので子どもに服を着せながらパッとアクアレーベルをつけたら、バタバタ着替えさせた後でも、まだ化粧水が肌の上で乾いていなくて感動しました。お風呂上りの一瞬を、自分のケアのために使っても良いんだと思えました。

佐々木さん:ママになってから、自分のために使う時間に罪悪感を持ってしまうんですよね。そんな中で、時間をかけずに自分の悩みを解決してくれて、モチベーションを上げてくれるアイテムに出会えることは幸せだなって思うんです。アクアレーベルは、時間をかけずに、求めているものを与えてくれるので、自分のために贅沢に使っていきたいなと思います。

中村さん:長男の時は、育児の忙しさにかまけてスキンケアができてなかったので、今回はちゃんとしたいと思っていたんです。アクアレーベルは、ちゃんとやりたいなという気持ちにさせてくれました。子ども優先なので、普段は自分のために使うお金も節約しがちなんですが、すごく手軽な金額なことにもびっくりしました。これなら、続けていけそうです。

「ママってすごいな」、この座談会でのお話を聞いて、そう感じました。
「たった5分の自分時間が贅沢」で、「自分のために使う時間に罪悪感を感じる」と語るママたち。
そんなママたちが願う「キレイになりたい」という気持ちに寄り添って、心と時間に余裕を持たせてくれるアクアレーベルは、ママたちを幸せにしてくれるアイテムかもしれません。

お手軽! そしてたっぷりつかえてコスパよし! それがAQUALABEL(アクアレーベル)

試したママたちが大絶賛のアクアレーベル
手にした瞬間に感じられる潤い、無理なく続けられるお財布に優しい価格。さらに、資生堂が10年以上かけて研究してきた、「ベビーアミノ酸*」を配合しています。

「ベビーアミノ酸*」は資生堂が10年以上かけて研究し、世界で初めて肌効果を発見証明した成分です。
みずみずしい赤ちゃんの肌にたくさん含まれている「ベビーアミノ酸*」。
肌本来の保水バリアを守り続け、肌にうるおいを貯蓄する鍵となります。

* ベビーアミノ酸:D-アミノ酸の一種、D-グルタミン酸(保湿)

これだけの成分が入っていますが、なんと価格設定はお財布を預かるママにとって、手に取りやすい価格帯になっているとのこと。

AQUALABEL(アクアレーベル)は全国のドラッグストアで手に入る! まずは手に取ってみて!

「気になるアクアレーベル、どこで買えるの? 」
実は、全国のドラッグストアで購入できます。ドラッグストアで手軽に手にとれるのはポイントが高いですね。嬉しすぎるアイテムです。

価格も手頃、ドラッグストアで気軽に買えるアクアレーベル。
ママたちの忙しい日々の中で、自分のために使う時間を積極的に持ちたくなるスキンケアとの出会いは、時間と心に余裕を持たせてくれそうですね。

R_S1C0148_m

「忙しくてなかなかお手入れできなかった……」、「自分のスキンケアに使う時間を持つことに罪悪感を感じていた」というそこのママ、一度手にとってみてはいかがでしょうか?
きっと、「やっと出会えた!」という驚きと感動を味わえると思いますよ!

AQUALABEL(アクアレーベル)について詳しくはこちら

提供:
株式会社 資生堂
資生堂ジャパン株式会社