life

わたしだけのお気に入りの場所! 絵本『ここがすき』

朝起きると、隣にいるはずの息子がいない!? 慌てて飛び起き部屋中を探してみると、壁とふとんの隙間に転がっている。またある朝は、部屋のスミにある椅子の足の間に転がっている。またある日はふすまと布団の隙間に……これはまだ息子が寝返りを覚えたばかりのあかちゃんの頃の話。

少し大きくなって、自分で本を読むようになったのはいいけれど、その場所はいつもベッドと壁の間にできる隙間。やめなさいと言っても、気がつけばそこいる。

どうやら息子は「隙間」が好きらしい。無自覚で気がつけば「はさまっている」というのだから仕方がない。

そういえば、自分にも家の中で落ち着く場所ってあったな。一番はリビングの足の低いテーブルの下。気がつけばそこに潜り込んで寝ていたんだから、ベッドの隙間よりもタチが悪い。2番目はソファーの裏。とにかくそこで絵を書いたり妄想をしたりして……意外にもクリアに覚えているからびっくり。

そんなふうに「お気に入りの場所」を思い出すのって、結構楽しいのです。それはきっと幸せを感じていた時間だったからかもしれませんよね。
この絵本を読んでいて、ふと思い出したのでした。

◆ 絵本『ここがすき』

350_Ehon_108460ここがすき
作: きたやまようこ 出版社: こぐま社

ねえ、自分の好きな場所ってある?
そこにいると、なんだか安心する場所。

お砂場、すべり台のてっぺん?
それとも、おかあさんのひざの上?
いぬさん、かえるさん、かめさん、ねこさんにも
お気に入りの場所があるんですって。

そういえば、気が付いたらいつもおんなじ場所にいることって多いよね。この絵本では、そっと横にいって彼らの目線の先を見せてくれます。すると見えてくるのは、納得の理由。くさはらだったり、日の良く当たる石の上だったり。きっと風が気持ちいいんだろうな、とか。お庭や家の人がよく見えるんだろうな、とか。

じゃあ、わたしのすきなところはどーこだ?
ふふふ、わたしだけのひみつの場所。
どんなところだろうね、絵本を見てのお楽しみ。

そういえば、私の子どもの頃のお気に入りの場所は、テーブルの下とソファーの裏だったなあ。せまいところが落ち着いたのかな。なんだか、みんなの好きな場所も聞いてみたくなってきました。

きたやまようこさんの柔らかくて優しい絵と文章はとっても心地良くて、絵本の中にも「お気に入りの場所」をつくってくれているみたいですね!

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

4772102272_20150703103910_op1

ちなみに、今はと言えば。
ヒーターの目の前に置いてあり、暖かい風があたり続け、一旦座ると二度と動けなくなる為に「魔の椅子」と呼ばれている場所。そこを息子と激しく奪い合いをしている毎日です。

こちらの情報は850万人の絵本ためしよみサイト絵本ナビさんからいただきました。この他にもおすすめの絵本が紹介されています。気になる絵本を探しに訪れてみては?

絵本ナビ:【連載】「絵本ナビ編集長の気になる1冊」
絵本ナビ:【記事】「ねえ、自分の好きな場所ってある? わたしはね…」