life

最近増える『子供の肩こり』!体力の低下や精神に悪影響を及ぼすってホント?

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

最近増える『子供の肩こり』!体力の低下や精神に悪影響を及ぼすってホント?

肩こりというと、大人がなるものという印象を持っている人が多いと思いますが、実は肩こりは早ければ未就学児にも見られるものだそうです。

昔から筋肉が固い子供や、なで肩の子供は肩こりを起こすこともあったようですが、最近は生活習慣による子供の肩こりが増えています。

今回は、子供の肩こりの原因やそれによる弊害についてご紹介します。

肩こりの原因は姿勢やストレス

最近の子供は常にゲームをしていたり、塾通いなどで同じ姿勢で長時間座ったままだったりしますよね。また、座る姿勢が悪い子供も多く、それらが肩こりの原因にもなっているようです。

通常、子供は筋肉疲労の回復が早く、たとえ悪い姿勢をとっていても、そのあと体を動かすことで筋肉がほぐれていくことが多いです。しかし、ゲームや勉強ばかりであまり体を動かさない子供は、筋肉疲労がいつのまにか蓄積し、肩こりを引き起こしてしまうのです。

また、塾やお稽古などで忙しい子供は、疲労が溜まったままになり、心身ともにストレスがたまり、首や肩周りの筋肉がこり固まってしまうケースもあるようです。

子供の肩こりには意欲や視力の低下などの弊害も

ただの肩こりだとあなどるなかれ。肩こりは子供の成長に悪い影響を及ぼしてしまうので、早めの対策が必要です。

肩こりによって、筋肉の緊張が続いてしまうと、肩だけでなく首もこわばり、さらには頭痛まで引き起こしてしまうことも。

肩の痛みや、それに伴う頭痛があると、子供たちの学習意欲や集中力が低下してしまいます。

また、肩こりで血行の悪さで慢性的にこわばってしまった肩や首を無理やり動かそうとすると痛みが生じてしまうため、子供たちは体を動かしたがらなくなります。

それは子供の体力低下につながる可能性もあるでしょう。

さらに、肩がこった状態だと、頭が重く感じ、どんどん前のめりになってしまいます。

前のめりの姿勢だと、目と机の距離が近くなって、目が疲れてしまいます。

それに加え、子供のときに近い場所のものを見てばかりいると、目の機能が衰えて近視になってしまうこともあるので注意しましょう。

それから、“肩の筋肉がこわばった状態=常に興奮した状態”になるため、安眠することも難しくなってしまいます。

安眠できず睡眠不足になると、緊張状態が続き、精神的にも不安定になってしまう危険性もあります。

子供の肩こりサインを見逃さないで!普段からチェックしておきたいこととは

子供が「肩がこった」と訴えても、パパやママが「まさか子供が肩こりなんて」と認めてあげないケースもあるようですし、小さな子供だと肩こりがあっても「これが肩こりだ」と自覚できず、訴えることもできない可能性もあります。

ですから、パパやママが日頃から子供の様子をよく観察し、以下のようなことがあてはまらないかチェックしましょう。

ゲームや塾などで同じ姿勢を続けることが多い
外で遊ぶ機会が少ない
机に向かう姿勢が悪い
立ったときに左右の肩の高さが違い、ゆがみがある
ランドセルに余計なものが入っていて重い
かばんをいつも同じ肩にかけている
姿勢が悪く、猫背になっている
O脚やX脚である
頻繁に首を回す
よく肩に手をもっていく

 

子供の肩こりを改善するには外遊びが一番!

子供が肩こりになっていると感じたら、できるだけ体を動かす機会を増やすように働きかけましょう。

思い切り外で体を動かして遊ぶのがもっとも効果的です。

しかし、天気や時間の問題でそれが難しいという場合は、家の中でもお風呂掃除や洗濯干しなど体を使ってできるお手伝いをさせたり、ラジオ体操をしたりするなどして、できるだけ体を動かすようにしましょう。

なるべく同じ姿勢を取り続ける時間を減らすためにも、ゲームや勉強の合間に、こまめに休憩をとることもおすすめします。

また普段使っている学習机や椅子の高さを、正しい位置に調整してあげることも重要です。

自然に曲げた肘と机の高さが同じかどうか
背もたれはしっかり背中に当たっているか
足の裏が足置きや床にぴったりついているか
椅子に座った状態で、ひざの裏側と椅子の座面のふちに隙間があるか

などをチェックしてみてください。

子供の肩こりの原因が多忙によるストレスや緊張である場合は、自律神経の乱れから血行が悪くなっている可能性もあります。

その場合は、38~40℃のぬるめのお湯に肩までゆっくりと浸かり、全身をあたためるようにしてあげましょう。こうすると副交換神経が優位になり、リラックスできるようになります。

この入浴方法は、冷えで血行が悪くなっている子供にも有効ですよ。

最近の子供は、塾やお稽古などで時間に追われてしまい、ストレスや緊張の多い状態になっています。

家庭ではなるべく子供がリラックスして過ごせるように、パパやママがイライラすることなく、笑顔で穏やかな居場所を作るよう配慮してあげられると良いかもしれませんね!

PHOTO/Africa Studio/Shutterstock
参照/
子どもの整体「子どもの肩こり」
ヘルスケア大学「小学生に増えているって本当?子どもの肩こりの原因と成長への影響」
AllAbout「子どもの肩こり解消はお母さんの笑顔が効果的!」
花王ヘルスケアナビ「子どもが「肩がこる」と言うようになった。子どもなのに、肩こり!?」

関連コラム

これって反抗期?名前を読んでも返事をしない子供への対処法とは
子供の姿勢が悪いままだと『集中力』が低くなる?正しい姿勢の教え方
お友達ができないのは、パパとママのせい!?気をつけたい子供への接し方
4~5歳で1日10回以上のおトイレは頻尿かも!?その原因と対策とは

コラム出典:最近増える『子供の肩こり』!体力の低下や精神に悪影響を及ぼすってホント?
(by ならいごとキッズ マガジン)