health

知って得する!チョコレートに含まれるカラダ良い成分とは?

チョコレートは、アフリカ・ブラジルなどの熱帯地域で栽培されているカカオの木の実の中の「カカオ豆」から出来ます。「カカオ豆」は15~20%が食物繊維でこの豆そのものは甘くなく、逆に苦いのです。私たちが普段食べているチョコレートにはどのような成分があるのでしょうか。

pixta_10851744_S-600x384[1]

チョコレートの成分・栄養

ポリフェノール

チョコレートの原料である「カカオ」には、ポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールは動脈硬化などさまざまな病気の原因と言われる活性酸素を除去する働きがあり、生活習慣病の予防に効果的といわれています。

テオブロミン

大脳を刺激して集中力や思考力を高め、やる気が出てきます。また、自律神経を調節する作用もあるので、リラックス効果も期待できます。

ブドウ糖

脳にとっての唯一の栄養素がブドウ糖です。脳の働きをよくするエネルギー源だけでなく、脳の神経伝達物質・アセチルコリン生成の手助けもします。

食物繊維

チョコレートの特徴は食物繊維が豊富なこと。板チョコレート1枚には約2gの食物繊維が含まれています。腸内環境を整えることで、便通を改善したり栄養の消化吸収を高めたりする働きがあります。

ビタミン・ミネラル類

脳の代謝に必要な栄養素のビタミンE・ナイアシンなどのビタミン類やカルシウム・マグネシウム・亜鉛・リンなどのミネラルも豊富に含む、栄養バランスのとれた食品です。カテキンやアントシアニンなどもボケ防止に効果があるとされています。

このようにチョコレートに含まれている成分は私たちのカラダにとって良い効能が期待できます。しかし、調理工程で砂糖などが使われているのでカロリーが高くなっています。食べ過ぎには注意しないといけないですね。

【コラム出典】:ママと子どもの健康づくりを栄養士がサポート「あすけん」
http://column.asken.jp