life

お腹を下してしまったら…食事はどうしたらいい?

記事提供:Doctors Me

お腹を下してしまったら…食事はどうしたらいい?

お腹を下すと、身動きが取れないし、ちょっとした刺激でまたお腹が痛くなったりして本当に困りますね。

今回は、お腹を下した場合に、どんなものを食べたらいいのかなど、医師に詳しい対処を聞いてきました。

お腹を下した状態とは

お腹を下してしまうのは、何らかの原因で腸内の便が水分過剰な状態になっているものと考えられます。

通常の状態であれば、水分のほとんどは腸で再吸収され、10%程度のみが便に混じって排泄されると考えられます。ただ、これは通常時、便が腸内を通過していく時間が十分とれるときのことで、何らかの原因によって腸の動きが活発になりすぎてしまうと、水分が腸で十分再吸収されないまま腸内を通過してしまい、下痢便や軟便が排泄されることになり、これがお腹を下した状態です。

原因は、ウイルスや細菌によるもののほか、ストレスや暴飲暴食によるもの、少量であっても極端に辛いものなどの刺激物を取った場合など、多岐にわたります。多くは数日で症状が落ち着く急性下痢ですが、3週間以上もの間、症状が完全におさまらずに、とぎれとぎれに続く慢性下痢もあります。

お腹を下したときの食事で気をつけること

急性下痢の食事としては、いったん胃腸を休ませるために食事そのものを控えるのも有効な方法です(長くても丸一日程度)。

水分は、冷たすぎない常温、あるいはぬるい白湯やスポーツドリンク、カフェインを含まない麦茶などを少しずつ摂るとよいでしょう。カフェインを含むコーヒー、栄養ドリンク類、炭酸入りのものなどは好ましくありません。もちろん、アルコールは刺激になるので避けましょう。

慢性の下痢の時の食事は、刺激の少ない食べ物、消化の良い食べ物を選んで食事をしましょう。うどん、おかゆ、豆腐などを薄味でいただいたり、あるいはりんごも食べたりするのもいいでしょう。

また、一人ひとり食べ物との相性がある場合もありますので、自分がお腹を下しやすい食べ物などを把握しておくことも体調管理の一環として大切なことです。

お腹を下したときに適した消化のいい食べ物は?

・柔らかく煮込んだ具のないうどん
・おかゆや軟らかく炊いたご飯
・バナナ
・リンゴ(すりおろしなども)
・ヨーグルト
・脂肪分の少ない白身魚
・イモ類を柔らかく煮つけたもの
などです。

お腹を下してしまったときの水分補給のコツは?

お腹を下してしまったら脱水にならないために、水分補給が非常に重要です。ただ、一気に水分をとると腸にとって新たな刺激となり、お腹を下している症状をひどくしてしまう場合があります。

常温またはぬるめの水や麦茶など、カフェインや炭酸を含まない飲料を少しずつ補給することが大切です。電解質やカロリーも補給してくれるスポーツ飲料も好ましいです。

医師からのアドバイス

お腹を下してしまったときは、食事も大切ですが安静も非常に重要です。無理せず、場合によっては1日絶食をし、安静にして過ごすようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)
【関連記事】

《ノロウイルス体験談あるある》辛〜い7つの症状の対処法をご紹介

乳幼児や子供がかかりやすい?ロタウイルス胃腸炎って一体なに?

教えて!ノロウイルスの潜伏期間と初期症状って?

コラム出典:お腹を下してしまったら…食事はどうしたらいい?
(by Doctors Me)