entertainment

大塚愛さんが娘の成長と仕事のスタンスを語る 「娘が最近『お手伝いすることある?』って」

P1060983

2月2日(木)に日本橋で開幕したアートイベント『FLOWERS by NAKED』。昨年大反響を呼んだこのイベントが、今年は「立春」をテーマに「日本一早いお花見」を東京にお届けします。

開幕前日のプレイベントには、演出を手がけたNAKEDの村松亮太郎さんとともに、今年のテーマソング「サクラハラハラ」を歌う大塚愛さんが、しっとりとしたドレス姿で登場。
大塚愛さんといえば、やはり春先に聴きたい「さくらんぼ」の元気でポップなイメージが強いですが、今回の楽曲は一味違った大人の雰囲気。「恋をしてハラハラする気持ち」と「ハラハラと舞い散る桜」を重ねた歌になっているそうです。イベントのメインである桜のアート「桜彩」の下で、「夢なのか現実なのか分からなくなってしまうような幻想的な空間を楽しんでほしい」と語りました。

2011年に女の子を出産した大塚さんですが、近況についてたずねられると、「最近はようやく自分の時間が持てるようになりました。出産以来お花見に行けていないので、このイベントをきっかけに娘と行ってみようと思います」とコメント。
「娘は最近では『何かお手伝いすることある?』と言ってくれるようになりました。娘に負担をかけない程度に、これからもお仕事を頑張りたいです」と、娘さんの成長とご自身の仕事のスタンスについても話し、ママらしい笑顔を見せていました。

『FLOWERS by NAKED』では、生け花にプロジェクションマッピング、オブジェ、香り、音楽にファッション、飲食といったさまざまな演出で一足早い春を体感できます。とくに巨大な桜のオブジェと、日本一早く咲く桜を楽しむことができる「桜彩」は時間を忘れて見入ってしまうオススメゾーンです。ぜひ足を運んで、幻想的な空間に酔いしれてみてくださいね。

文・餅井アンナ

『FLOWERS by NAKED』

まとめ

場所:日本橋三井ホール COREDO 室町1 5F(エントランスは4F)
会期:2017年2月2日(木)~3月20日(月・祝)
営業時間:10:00~20:00 ※入場は閉場の30分前まで・会期中無休
入場料:大人(高校生以上)1,400円、小人(小・中学生)900円、未就学児無料

こちらの記事もオススメです