pregnancy

妊婦の1日あたりの水分摂取量は?

記事提供:イクシル

妊婦の1日あたりの水分摂取量は?

むくみに悩まされている妊婦さんから、水分の摂り方についての質問が寄せられています。1日あたりどれくらい摂ればいいのか、どのように摂ればむくみにくいのか、専門家の皆さんのアドバイスを見てみましょう。

プレママからの相談:「妊婦に必要な1日の水分量とむくみを起こさない水の飲み方」

『妊娠30週です。妊娠週数が進むにつれ、足を中心にむくみがでてきてしまい家事をするのもやっとな状況です。水を飲み過ぎるとむくむと聞いて水を飲む量を少し控えていたのですが、妊娠情報雑誌には妊婦は水分をしっかり摂らないといけないと書いてありました。具体的に、妊婦は1日にどれくらいの水分を摂ればいいのでしょうか。また、むくみづらい水分の摂り方があれば教えていただきたいです。(20代・女性)』

妊娠中は1日あたり2リットルを目安に

妊娠中は普段より水分をしっかり摂る必要があり、1日に2リットルが目安と言われています。水分を控えると、逆にむくみやすくなるようです。

『おっしゃるように水分の摂り過ぎはむくみの原因になりますが、妊婦さんは羊水を作るためや血液量が増えるため、しっかり水分を摂る必要があります。一般的に1日に1500mlが目安ですが、妊婦さんは2000mlを目安に摂るようにしてください。水分量が少ないと身体が水分不足と勘違いし、水分を溜め込んでしまいます。また、血液が凝縮されて老廃物が蓄積されるため、逆にむくみやすくなります。(産科看護師)』

『水分を控えると、夏場は脱水を起こしたり老廃物が溜まって逆にむくみます。水分を摂取しても排泄のバランスが摂れていれば問題ありませんし、水分を摂取しても尿で排泄されないとむくむ原因になります。(内科看護師)』

ノンカフェインのものを温めて少しずつ摂取して

水分補給には、ノンカフェイン・ノンシュガーのものや利尿作用のあるものがお勧めです。一度にたくさん飲むのではなく、少しずつこまめに飲むようにしましょう。冷たい飲み物はむくみを引き起こすため、温かい飲み物で水分補給すると良いようです。

『一度にたくさん飲むのではなく、こまめに水分補給してください。手の届くところにペットボトルを置いておけば、無意識に飲めると思います。飲み物は、カフェインのない麦茶・そば茶・黒豆茶・ドクダミ茶などが良いです。むくみ予防のために、利尿作用のあるゴボウ茶やタンポポ茶もお勧めです。(産科看護師)』

『飲み物は水の他、麦茶やルイボスティーなどノンカフェインで糖分を含まない飲み物がお勧めです。一度にたくさん摂るのではなく、1回につき100ml~200mlを飲みます。就寝前や起床時、入浴の後、散歩の前や帰宅後などこまめに摂取するとむくみ防止になります。冷たい飲み物は老廃物が蓄積され、むくみの原因となるので、温めて摂取して下さい。(内科看護師)』

妊娠中、1日に必要な水分は2リットルが目安と言われています。ノンカフェイン・ノンシュガーの物や利尿作用のあるものが望ましく、温めて飲むと良いでしょう。一度に少しずつこまめに補給するのが効果的です。

<関連リンク>
むくみで足がパンパンに!その原因とは?痛みがあるけど、大丈夫なの?
妊娠中のむくみは、どの程度まで大丈夫?
妊婦さんの多くが経験する「むくみ」の正体と、その解消法は?

コラム出典:妊婦の1日あたりの水分摂取量は?
(by イクシル)