entertainment

「私も“奇妙な子ども”だった」ティム・バートン監督来日、ピース又吉さんが空中浮遊!

P1060876

『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』など、数々の大ヒット映画を生み出してきたティム・バートン監督。ファンタジックでちょっぴりダークな作品の数々は、大人も子どもも関係なく、人びとを魅了し続けています。『シザーハンズ』のハサミ人間・エドワードに『チョコレート工場』のウィリー・ウォンカといった、奇妙でありつつも人間味あふれるキャラクターたちも、彼の作品の大きな魅力ですよね。
そんな彼の最新作が、2月3日(金)公開の『ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち』。孤島の森にひっそりとたたずむお城のような屋敷を舞台に、周囲になじめない孤独な少年・ジェイクと、人とは違う特別な能力を持った“奇妙な子どもたち”の冒険を描きます。

この映画の公開に先駆けて、なんとティム・バートン監督が来日! お笑いコンビ・ピースとともに、都内で開催されたスペシャルイベントに登場しました。
ピースの綾部さん、又吉さんは映画をイメージしたというミステリアスな衣装に身を包んで登壇。又吉さんはヒロインのエマに寄せた服装とのことでしたが、綾部さんはそれについて「(又吉)先生は首から上は『シザーハンズ』ですよね」とコメントし、笑いを誘いました。
実は以前にもバートン監督に会ったことがあるというお二人は、監督について「まるで彼の映画の登場人物のように、不思議だけどぬくもりがある人」とコメント。再び会える日を非常に楽しみにしていたそう。

P1060774○

バートン監督は “奇妙な子どもたち”という題材で映像化をしようと思った理由について「自分は子どものころからとても変わった、奇妙な子であると周りから言われてきました。この作品には、人とは異なった奇妙な子どもたちが登場するということで、非常に共感することができたのです」と語っていました。
映画に登場する“奇妙な子どもたち”は、体が宙に浮かんだり、透明人間だったりと、みんなそれぞれ不思議な能力を持っていて、それゆえに“ふつうの”人びとと同じ世界では生きることができません。しかし子どもたちはみな、ただ単に“奇妙な”存在としてではなく、この世でたったひとつの、きらめく個性を持った子どもたちとして、あたたかく描かれているのです。自身も幼いころから「奇妙な子」と呼ばれ、人とは違う個性の尊さを誰よりも知っていたからこそ、バートン監督はこの物語を映画にすることができたのですね。

また、監督は「この映画の深いテーマ」について尋ねられると、「何が現実で何がファンタジーであるか、この二つを分けたがる方もいると思うのですが、私は、人生とはこの二つの要素が混在しているものなのだと思っています。そういうことを伝えたかった」とコメント。見る者すべてを映画の世界に引き込む、バートン監督らしい言葉でした。

そしてこの日は、はるばる来日したバートン監督のために、又吉さんが習得したというある“奇妙な”能力を披露! 宙に体が浮かんでしまうヒロイン・エマをイメージした格好の又吉さんでしたが、彼女と同じ「空中浮遊」を見せてくれました。体にロープを巻きつけ、相方の綾部さんに端を握ってもらい……ふわ~っと宙に浮かび上がる又吉さんに、バートン監督も「美しいね!」と大喜びでした。

P1060858

奇才、ティム・バートン監督が送る“奇妙な子どもたち”の冒険の物語『ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち』は、2月3日(金)全国ロードショー!

文・伊東杏奈

(c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.