life

目だけじゃもったいない!「あずきのチカラ 目もと用」でいろんなところを温めよう

S__5103624.jpg

あたためケアでお馴染みの「あずきのチカラ 目もと用」。愛用者である記者が、そのチカラを120%発揮する使用方法をレポートします!

「あずきのチカラ」とは

桐灰から発売されている「あずきのチカラ」シリーズは、小豆を使用した温感グッズ。目もと用と首肩用の2種類が発売されています。

桐灰化学 あずきのチカラ 目もと用 -
桐灰化学 あずきのチカラ 目もと用 –

電子レンジで温めることで小豆から天然の蒸気が発生し、じんわりとした温かさで身体の各部を温めてくれます。シートタイプの蒸気アイマスクに比べ、適度な重みがあるのが特徴。また繰り返し使えるのでコスパも良く、数年来愛用していますが、実は“目”以外を温めても気持ちが良い! ということで、記者が実際に行っている方法をご紹介します。

その1:“目”からの“首”

1.png

まずは「あずきのチカラ」を電子レンジでチン(600Wで30秒)。仰向けになって目を閉じ、目元を温めます。ここまでは普通の使い方ですが、その温かさが残っている状態で今度はうつ伏せになり、首にオン。首肩用も売っていますが、意外にも目もと用の形状が首にぴったりフィットして気持ち良いのです。

その2:“肝臓”

2.001.png

飲み過ぎや疲れがたまったときに行うのが“肝臓あたため”。「あずきのチカラ 目もと用」を右胸下に置くと、ちょうど肝臓付近を温めることができます。肝臓はアルコールの分解や解毒のはたらきをしているほか、血液も集まる場所なので、ここを温めることで全身が効率的に温まります。寝付きが悪いときなど、肝臓を温めるとスッと眠りに入っていける気がします。

その3:“子宮”

3.001.png

生理痛のとき、カイロをお腹や腰に貼る人は多いと思いますが、ちょっと熱すぎることがありますよね。その点「あずきのチカラ」は優しい温かさ。下腹部に置くと子宮から卵巣辺りをじんわり温めてくれるので、とっても助かります。

その4:“足首”

4.001.png

足首に「三陰交(さんいんこう)」というツボがあるのをご存知でしょうか。冷えのツボとして知られ、鍼灸院に行くと必ずケアされる場所です。記者は「あずきのチカラ 目もと用」を2つ用意し、両足首を同時に温めています。目もと用の形状はここでもチカラを発揮。足首にフィットするので、ずれることなく快適です。

冷えは万病の元。皆さんも「あずきのチカラ 目もと用」を活用して“温活”してみて下さいね。

※この記事は個人の体験を元に書かれたものです。メーカーサイトを確認するなどし、ご自身の責任でご使用下さい。

転載元:目だけじゃもったいない!「あずきのチカラ 目もと用」でいろんなところを温めよう(by マムメモ)

関連リンク

写真や動画データのバックアップに悩む方必見です!
入眠儀式におすすめ!おやすみ前の絵本の読み聞かせ
学校や園からのお便り、みんなの整理術を聞き取り捜査!