entertainment

ママだって女ですもの! 最新化粧品で今年のママが一味違うトコ魅せちゃおう!

IMG_8930

ママになってからというもの、子どものことに気を取られすぎてついつい自分のことは後回し。ふとした瞬間に気付くシミやしわ。お風呂の鏡でがく然とする全身のたるみ。あれ? わたしいつの間にこんなになっちゃったんだろう……なんて、自分の老化に気付かないほどの忙しい日々を送っているママたち。

その、シミ・しわ・たるみは頑張っているママの勲章です! 胸を張りましょう! ……なんて言っても、やっぱりない方が嬉しいですよね。

東京国際フォーラムで開催された「第5回 国際 化粧品展-COAME TOKYO 2017」にお邪魔してきました。ママたちが今以上に輝ける、最新化粧品をご紹介します。

■洗濯してもふわふわ感持続。赤ちゃんの肌にも優しい魔法の吸収力「エアーかおる」

IMG_8917

今日は化粧品だ! と意気込んで会場入りすると、まず目に留まったのは「エアーかおる」というタオル。浅野撚糸株式会社が開発・販売されています。化粧品の展示会なのにタオル? と思いましたが、そのタオルのすごさに思わず立ち止まってしまいました。驚くのは、“バスタオル”の小ささです(社長さん、ありがとうございます)。

IMG_8922

バスタオルなのにスポーツタオルほどの大きさですが、それはタオルの吸収力が良いから。この大きさで十分なのだそうです。タオルを軽くあてるだけで、水分が残りません。独自の特許技術によるもので、コットンの繊維一本一本の「空気のすき間」に水分が吸い込まれ、しっかり! スッキリ! と拭き取ってくれます。デリケートな赤ちゃんの肌や、女性の美容にも最適ですね。お風呂上りや洗顔後などは、ついタオルで肌をこすってしまいがちですが、このタオルだと肌をあまりこすらずに済むのでキレイなお肌の維持に期待が持てます。だから化粧品店にタオル屋さんが出店していたのですね。

また洗濯を重ねても柔らかいふわふわ感が持続。通気性もよく、抜群に速乾性があるため、普通のタオルの半分の時間で乾くとのこと。忙しいママたちには嬉しいですね。毛羽落ちが少ないので空気中に綿のホコリが舞うことはなく、コットンの繊維が鼻や口から呼吸器に入る危険が軽減されるため、喘息持ちのお子さんにも安心してお使いいただけます。

あっという間にビチョビチョになってしまうキッチンや洗面台の手拭きタオルとしても重宝しそう。ハンカチサイズのタオルも、一日持ち歩いても乾いたままなので、プレゼントにも喜ばれそうですね。

■消せないなら隠したい! カリプソ「マジックコンシーラー」

IMG_8926

次は「ほうれい線・くま・毛穴・シミを隠す」という大きな見出しについ吸い寄せられてしまいました。毎年増え続けるシミとしわ。いっそ全部なくなってくれたらどんなに良いか……でも現実はそうはいきません。だったら、キレイに隠してしまいたい! と願うママは多いのではないでしょうか? そんなママさんたちの救世主! カリプソの「マジックコンシーラー」です。一見若々しいそのポップなパッケージに筆者は「若者向けでは?」と疑問を持ちましたが、50代の方でも使っているのだとか。女性の切実な悩みに年齢なんか関係ありません。

光拡散パウダー配合で、光拡散効果によってほうれい線やしわが目立ちません。真珠パウダーも配合されており、肌に塗ることで毛穴やしわに入り込み表面の凹凸をカバーしてくれます。他にも保湿成分が豊富であったり、長時間ヨレずに長持ちしてくれたり……と、多機能性のコンシーラー。シリーズ累計100万本を突破した超売れスジの化粧品です。ファンデーションやベースも要チェックです。

IMG_8930

姉妹商品のアマールカ「BBクリーム」も、時短を求めるママたちにとってお助け化粧品。一本で日焼け止め・美容液・化粧下地・クリーム・ファンデーションの5役がすんでしまいます。ひとつひとつケアしていると、本当に時間がかかってしまい大変。でも、どれも欠かせないし……というママたちの切実な悩みに答えてくれたかのような商品ですね。こちらもシリーズ累計50万本を突破した人気商品。カワイイパッケージに朝から癒されてみてはいかがでしょう。

■子どもの肌がうらやましい方必見! 肌にハリをとりもどす最先端素材のクリーム

IMG_8933

年齢を重ねるほどに重力には逆らえない身体。いつの間にかたるんでくる頬や、幾重にも重なった目のしわ。最後に強く惹かれたのは「女神のリフティリフティ」というクリームです。そのキャッチコピーは「マイナス10歳」。あぁ、自分もこんなキャチコピーに反応するようになってしまったのだなぁ……と思いながら、ブースへ向かいます。何が10歳若返るのだろう……と伺ってみると、なんとこちらの商品“形状記憶”の成分がウリでした。

クリームを塗ってから、目元・ほうれい線・えらの3ポイントからこめかみに向けてやさしく指を滑らせてなじませていくと、20秒もしないうちに“ピーン”とリフトアップ! そして、その効果は夜まで続くのだそう。また、使えば使うほどその“形状記憶”が皮膚になじんで目元を整え、顔のラインがスッキリするという、まるで夢のような化粧品。

え~本当かな……と半信半疑でしたが、モデルやアイドルが実際に使用しているというところから広まり、今では売り切れ続出の大ヒット商品なのです。もっと肌にハリをもたせたい……という方にはもってこいですね!

イマドキの最新化粧品が、進化していて驚きました。子どもが生まれる前は、化粧の時間に平気で1時間以上かけていた筆者でしたが、子どもが生まれてからというもの5分で終了。“化粧”なんて朝の忙しい時間の中で、最も短縮されてしまう項目でした。でも、ママたちだって女です! ママがキレイだと子どももパパも喜びます。最新の化粧品技術のチカラをかりて、今年はちょっぴり違うママの顔を見せてあげてはいかがでしょうか?

文・渡辺 多絵