life

入眠儀式におすすめ!おやすみ前の絵本の読み聞かせ

Fotolia_47226343_Subscription_Monthly_M.jpg
みなさんのご家庭では寝かしつけの習慣“入眠儀式”はありますか?
筆者の場合は『絵本の読み聞かせ』が寝る前のお約束になっていて、4歳の息子は絵本を読み終えるとすんなり眠ってくれます。
1年程続けているので、体験談を元に効果や感じたことなどをご紹介します。

子どもの好きそうな題材で絵本への興味を惹く

まずは子どもが喜びそうな絵本から始めてみましょう。
寝る前の読み聞かせを始めた頃は「○○くんの好きな電車がたくさん出る絵本だよ!布団で読もう!」と息子を寝室へ誘っていました。興味を持ってくれたら大成功。
それまではダラダラしがちだったおもちゃの片づけや、歯磨きなどの寝仕度も、面白そうな絵本を読んでもらうために積極的に取り組んでくれるようになりました。また、図書館で幅広いジャンルの絵本をたくさん借りてくると読む側も飽きずに続けられます(笑)。
寝かしつけというよりも、寝る前のお楽しみタイムとして定着させました。

文字に興味を持つようになった

絵本を読み続けるうちに息子はひらがなに興味を持つようになりました。同じ絵本を繰り返し読むうちに表紙のタイトルが読めるようになったり、自分の名前に入っているひらがなを発見したり…少しずつひらがなに馴染んでいきました。
そろそろひらがなを教えようかと考えているママにもおすすめです。

大切な話も読み聞かせタイムのときに

少し難しい命の絵本や、絵本を通して伝えたいこと・教えたいことがあるときも寝る前の読み聞かせタイムのときに行っています。
息子は、ひいおじいちゃんが亡くなった後、死に対する恐怖心を持ってしまった時期がありました。そのときも布団で密着しながら命の絵本を読んで死について説明しました。うまく伝わったかわかりませんが、寝る前に安心感を与えられることができました。

寝る前の読み聞かせが定着した今では「布団の部屋に行こう!絵本読んで!」と息子の方から催促されるまでになりました(笑)。読む側もなかなか楽しいので、おやすみ前のふれあいタイムの参考にしてみてください。

転載元:入眠儀式におすすめ!おやすみ前の絵本の読み聞かせ(by マムメモ)

関連リンク

写真や動画データのバックアップに悩む方必見です!
スマホで撮影が決め手!プチ掃除&片付けを習慣化するコツ
学校や園からのお便り、みんなの整理術を聞き取り捜査!