life

脱毛したら妊娠・育児中でもケアが楽だった。さらに……

pixta_20810961_M

夢のない話題なんですが、先日ママ友の集まりで、脱毛の話になりました。

「ワキとか、ほんとラクだよねえ。子どもが中学に入ったらサロンに連れて行く!」と誰かがいったのを皮切りに、「ワキだけ?」という話になり、「まあ、手足も毛深い子にとっては思春期の大きな悩みだからアリかもね」などと盛り上がります。そのうちに思いがけない話に飛ぶのですが……。

ちなみに私個人は独身時代に「両ワキ」「両膝下」の永久脱毛を完了しています。

妊娠~育児中、脱毛しておいてよかったことがたくさんあった

私が脱毛をしたのは10年以上前。今は時間的にも経済的にも負担は減っていると思いますが、当時で両ワキ5万円、両膝下15万円くらいだったでしょうか。高かったけれど、妊娠~育児の期間、永久脱毛しておいてよかったと思うことがたくさんありました。

日常生活はもとより、妊婦健診や出産にまつわる急な診察などでむだ毛の処理をできないで受診する時もありましたし、入院時は自分の望むタイミングでシャワーを浴びられなかったので、ムダ毛が心配になったこともありました。

さらにメリットを実感したのは、出産後、子どもと一緒にお風呂に入るとき。子どもが0歳~4歳くらいのときは離れる時間は少なく、一度寝てもすぐに起きてしまい、さらにパパは夜遅くまで仕事だったため、私が一人でお風呂に入る機会は、子どもが5歳を過ぎるまで皆無でした。「この状況でシェーバーで剃るとか! できなくはないだろうけど、子どもがシェーバーに興味を持ってしまうし、自分ならやっていく自信がないな。脱毛しておいて本当にラクだ」と思っていました。

ところがその上をいく人たちがいました。先述のママ友2人です。

衝撃発言! 「〇〇〇〇はむしろ……」

なんと2人のママが「全身脱毛をやっている」と衝撃の発言! 「全身!!?」さすがに驚く他のママたち。

全身脱毛は、していない者からすると想像できるようなできないような……? 足や手どころか、アソコまで、生まれたての赤ちゃんみたいにツルツルってこと!? それぞれのママたちが映像をイメージします。

ママ1「え、それってさ、妊婦健診のときとか見られちゃうよね?」
ママ2「この先介護とかあるし…」

全身脱毛を見られることへの心配をするママたち。でも全身脱毛のママは違いました。

「むしろラクじゃん!」

ラク!? 全員驚きました。そんな考えもあったかと眼からウロコでした。
確かに全身脱毛だったら、帝王切開後、術後の傷のケアにあれだけ苦労しませんでした。もし、無毛だったらどんなにスムーズだったか!

介護脱毛という考え方があるらしい

その後「介護脱毛」という言葉を知りました。子育てが落ち着き、時間とお金に余裕ができてきたであろう40代以上の女性が、「将来、介護を受けるかもしれないから、なるべく介護者の負担を減らす」べく、主な部分の脱毛をしておく、というのです!

介護してもらう側は、アンダーヘアを見られて恥ずかしい。その恥ずかしさの軽減もさることながら、未来の介護者に余計な手間をかけさせたくないとの気遣いもあるようです。なるほど……。全身脱毛ママと同じ考え方です。検討の余地アリかもしれない、と私は真剣に考えています。

まさか脱毛が、介護に絡む日が来ようとは。脱毛が将来も生活の質を上げてくれる……のかな?

 

文・武木芽衣