life

賢いママは図書館を利用している!子連れで気をつけるべきマナーは?

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

賢いママは図書館を利用している!子連れで気をつけるべきマナーは?

絵本の読み聞かせが、子供のさまざまな能力を育むということは、ご存知のパパ・ママも多いでしょう。

でも絵本はけっこう価格が高いものですし、収納スペースにも限りがあるので、どんどん新しい本を買ってあげることは難しいですよね。かと言って、同じ本をずっと読んであげると子供も飽きてしまいます。

そんなときは、ぜひ図書館を利用してみましょう。賢いママは図書館をフル活用しているようですよ。

お金をかけず、たくさんの本に触れさせてあげられるのが図書館の魅力

読書は、子供の考える力・想像力・表現力・集中力・共感力など、生涯を通じて非常に重要な資質と言われる能力を向上することができるそうです。

また、読書を通じて、楽しみながら自然に語彙力や読解力という学習の基礎とも言える能力を身につけることができると言われています。

子供にとってはメリットがたくさんの読書。その読書をする機会をたくさん与えてくれるのが図書館なのです。

書店ですと、売り物の本に子供が触れるとき、「汚さないかしら」「手にとって大丈夫かしら」と少しハラハラドキドキしてしまいますが、図書館であれば、気軽にさまざまな本に触れることができますので、子供もパパ・ママも安心して本を手にとることができるでしょう。

また、たくさんの選択肢の中から、子供がどんな本を選ぶのか、どんな本に興味を示すのかということを観察することができるのも、パパやママにとって、重要な気づきになるのではないでしょうか。

無料でたくさんの本を読むことができる図書館は、「本をたくさん読んであげたい!」「読書好きな子供に育ってほしい」というパパやママにはメリットの多い環境と言えます。

▼関連記事
「読書で得られる効果がすごい!本好きな子供に育てる方法」

子供向けイベントや設備があるところも

図書館によっては、お話会、読み聞かせ会、人形劇やお楽しみ会など、子供向けのイベントを開催しているところもありますので、ぜひお近くの図書館のホープページをチェックしてみましょう。

あまり本に興味を示してくれない子供も、読み聞かせ会などに参加することで、他のお友達が熱心にお話を聞いている姿に触発されて、絵本や紙芝居の読み聞かせに興味を持ってくれることもあるようですよ。

子供たちが大好きな「むし」「のりもの」などの本や、「料理」「工作」などの本を集めたコーナーをつくって、子供の興味をひくような工夫がしてある図書館もあります。

また、幼児とパパ・ママが、靴を脱いでリラックスして本を読むことができるスペースや子供用のトイレ、おむつ台、飲食や授乳のためのスペースなどの設備を整えている、小さな子供連れでも安心して通うことができる図書館も増えているようですよ!

図書館デビューは何歳から?気をつけなくてはいけないマナーを覚えておこう!

子供を初めて図書館に連れて行く場合、事前にその図書館がどんな図書館なのか調べておくと安心です。

基本的に大人のみを対象としている図書館には、ちょっと連れていきにくいかもしれませんが子供用コーナーやこども図書館を併設しているような図書館であれば、パパやママも気兼ねなく、連れていけますね。

子供向けのスペースや設備が整った図書館であれば、0歳児から連れていっても大丈夫でしょう。

ただし、2歳以下の子供は、本を破ったり、舐めたりしてしまう可能性もありますので、実際に自由に本を触らせるのは2歳くらいからが安心かもしれませんね。

また、いくら子供用コーナーがある図書館でも、図書館は基本的に静かにするべき場所。

赤ちゃんや子供がぐずってしまったり、走り回ってしまったりしたら、他の利用者に迷惑をかけないように外に出るのがマナーであるということも覚えておきましょう。

お昼寝の時間やごはんどきなどお腹がすく時間は子供がぐずってしまうので、図書館に行くのは避けたほうがよいかもしれませんね。

読み聞かせ会などのイベントの日に合わせて、子供を図書館デビューさせようかと考えているパパやママもいるでしょう。

ただ、初めて図書館に行くのなら、平日の朝やお昼前、昼食の時間の直後など、比較的空いているタイミングがおすすめです。(雨の日は、お出かけができないので図書館にでも行こうという人が増え、意外と混むので要注意です。)

こういった人が少ない日であれば、図書館独特の「しーん」と静まり返った雰囲気を体感でき、「図書館は静かにするべきところ」ということを、子供に感じさせることができます。

もちろん、図書館に入る前に、子供に「図書館では静かにしようね!」と言い聞かせておくことも必要です。

子供向けの蔵書の数は圧倒的!子供もママも安心して楽しめる子ども図書館がおすすめ!

図書館の中でも、子供や、子連れのパパ・ママにおすすめしたいのが、「子ども図書館」です。

子ども図書館には、子供の心をつかむ魅力的な本や紙芝居が多数置いてあります。

読み聞かせ会、お話会、映画会、人形劇などの子供むけイベントが年中行われているため、親子ともに楽しめます。

また子ども図書館であれば、子供用のトイレやおむつ替えスペースなど設備も充実しているため、ママも安心ですよ!

国際子ども図書館
東京子ども図書館
飯能市こども図書館
流山市立おおたか図書館

ほかにもたくさんの子ども図書館がありますのでインターネットなどで探してみてくださいね!

図書館には、子供の好奇心や情緒を育ててくれる本がたくさんあります。

ただ本を読むだけではなく、親子でその本について感想や意見を言い合ったりすることでものごとを多角的にとらえるセンスも身につくかもしれませんよ。

ぜひ図書館を大いに活用し、子供の心や能力を育ててあげましょうね!

PHOTO/Tyler Olson/Shutterstock
参照/
東洋経済オンライン「日本人がまだ知らない、図書館の可能性」
東洋経済オンライン「本の読み方ひとつで、子どもは変わる!」

関連コラム

子供とスーパーに行く前に教えたい買い物マナー
“箸袋で作る”簡単・かわいい『箸置き』で、お箸マナーを正しく、楽しく身につけよう!
しつけの差が出る!子供に教えておきたい『トイレ』のマナー
芸術の秋到来!子供と美術館に行くときに覚えておきたいマナー&ルール

コラム出典:賢いママは図書館を利用している!子連れで気をつけるべきマナーは?
(by ならいごとキッズ マガジン)