life

普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

記事提供: LITALICO(りたりこ)発達ナビ

普通級から特別支援学級へと転学した長男。過ごしやすさはどう変化した?普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038021171

小5の長男には、自閉症スペクトラム・ADHD・学習障害の診断が出ています。

就学相談では普通学級を勧められて小学校へ入学しました。ところが学年が上がるごとに学習障害に苦しめられ、学校に行くことができなくなった長男。

いろいろ悩みましたが夫婦で話し合った結果、今年の2学期から知的障害対象の特別支援学級に転学しました。

長男が現在通っている支援学級では、3人の担任と4人の介助員とで、1年生から6年生まで十数人の子どもたちを指導しています。

授業では、学年ごと3、4人の少人数指導で、1人ひとりの実態と目標に合わせた課題の提示をしてくれるので、今まで授業のスピードについて行けず、わからなくても聞くこともできずに、ただ授業時間を耐えていた長男にとっては、やっと「学べる」授業を受けられるようになったのではないかと思います。

生活面では、朝学習と朝の会から始まる規則正しいスケジュールで時間にもゆとりがあり、スケジュール変更や慌ただしいことが苦手な長男にとっては、過ごしやすいようです。

また、友達と遊ぶことが大好きな長男に、新しい学校で友達ができるのか?楽しく遊べるようになるのだろうか?という不安もありました。

今は同じ学年の交流学級には行かず、支援級だけで学習や生活をしています。その中で、下級生の面倒をよく見るので慕われているらしく、6年生のお兄さんとは意気投合し、放課後お互いの家で遊ぶほど仲良くなることができました。

先生方のフォローなどがきっと行き届いていることもあるのでしょうが、すぐにみんなと仲良くなれて、休み時間には楽しく遊ぶ毎日を送れていること、本当に良かったと胸をなでおろしています。

それでも、悩みや不安は尽きなくて…普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10139003023

彼の特性に合ったカリキュラムにはなったけれど、長男本人にとっても、以前より学校生活は楽になったのかな…?

私たち親にとっては、それが何より気になるところです。

家での様子は、以前に比べて穏やかになったと感じています。イライラして当たり散らしたり、自分を責めて大泣きしたりすることは減ってきました。

それでもたまに、「学校いやだな~」「今日も疲れちゃったよ…」という言葉を長男から聞くたびに、「なんで?何があったの?何がまだ辛いの?」とビクビクしてしまう私がいます。

支援級に移ってもまだ毎日が辛いなら、後はどうしてあげたらいいの?わからない…。

また、将来のことを夫婦で話し合うたびに、「支援級に移ったことで、長男が将来やりたいことができなくなったらどうしよう…」という弱音を吐いてしまいます。

今まで辛そうな長男をずっと見てきたので、親の私が少し過敏になっているのかもしれません。

そんなある日、長男が自ら語ってくれた現在の心境普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28202000361

そんなある日のことでした。

大好きなハンバーガーショップでニコニコとお昼を食べていた長男が、私と2人きりになったとき、急に話し始めました。

長男「お母さんあのね…、今ね、毎日楽しいな~と思えるんだ。大変なこともあるけど、前より楽になった感じ。」

私は急に話し出した長男にビックリしましたが、笑顔で「うんうん」と聞くことにしました。

長男「そうだな~…小さい頃の僕に戻った感じかな。いろんなことが楽しいって思えるし、嫌なことがあっても、まあいっかって思えるんだ。

幼稚園の年中さんぐらいからね、僕ずっと辛かったんだ。グラグラする吊り橋にずっと乗ってるみたいで、いつかヒモがブチっと切れるんじゃないかって、怖かった。

今思えば、1番辛かったのが、3年生の頃だったな。色んなことがワーッて僕を襲ってきて、どうしたらいいのかわからなかった。今はね、大丈夫だなって、思えるんだよ。

私たちの選択は適切だった。長男に、そう励まされた気がして…普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038009766

私はただ笑って、彼の頭を優しくなでていました。

次男がそのとき席に戻って来なかったら、たぶん泣いていたでしょう。

長男は、幼児の頃から自分が抱えている辛さを自覚していたのでしょう。でも、上手に表現できなかったし、助けを求めることもできなかった。

ただただ「幼稚園行きたくない、学校行きたくない。」と言って泣くことしかできない彼に、当時の私は「わがまま言わないの!」と理解してあげられなかった…。

どれほど絶望的で救いがなく、辛い毎日だったのか…。

その頃の気持ちを客観的に捉え、今こうして表現できる長男に本当に驚きました。

そして、今を「楽しい!」と笑顔で話してくれた長男に、私の方が救われたような気がしたのでした。

夫婦で思い出したのは、子育てで最も大切なことだった普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186009018

ちょうどその日の翌日、夫が嬉しそうに私に話しかけてきました。

たまたま通勤途中に長男の学校を通りかかったところ、支援級のみんなで朝マラソンをしている長男に会ったそうです。

友だちと笑顔で話したり、じゃれあったり…本当に楽しそうだったとのこと。

夫「俺、思い出したんだよ。長男は小さい時、あんなふうに底抜けに楽しそうな笑顔をする子だったよね。長いことあんな笑顔見ていなかった気がするけど、そういえば最近また見られるようになったと思わない?」

ああ…支援級に移って、あの子は本当に良かったんだ。

やっと心底、そう思えるようになった瞬間でした。

不安は尽きない。それでも「楽しい!」と思える日々が、きっと将来への道につながっている普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10567001524

それでも、将来への不安はやはりあります。

彼が幸せな大人になるための道を、これからも親子で真剣に模索していかなくてはならないし、支援級にいたことで辛い思いをすることが、今後出てくるかもしれません。

それでも、今を「楽しい!」と言って、前を向いて生きていける。本来、長男が持っている明るさや優しさを活かし、伸ばすことができる。そんな長男なら、きっと困難にぶつかっても乗り越え、自分の道を前へと進んで行けるんじゃないか…。

今の彼を見ると、そう思えるのです。私たち親にできることは、彼が「楽しい!」と思える毎日を過ごせるよう、環境を整えていくこと。そして、困難にぶつかったときに、「一緒にいるよ」と伝えて、共に乗り越えていくこと。

これからも揺らぐことはあると思いますが、改めて親として彼を支え、見守っていきたいと思います。

関連記事

発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイント

「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点について

軽度知的障害とは?軽度知的障害の特徴と判明しやすい時期、本人に合った学習・支援方法まとめ

コラム出典:普通級から支援学級への転学を経て。発達障害の長男が語った心境とは
(by LITALICO(りたりこ)発達ナビ )