life

大寒の日に卵を食べると金運アップ!? 我が家は今夜オムライスにします! 

2017年の大寒は、1月20日です。

1年で最も寒い時期とされる大寒。関東は雪の予報が出ていますね。

ちなみに「大寒」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?

「冬至」いえば、南瓜や柚子風呂が浮かびますよね。しかし、「大寒」と聞いても、冬至のようにパッと浮かぶものは少ないように思います。「大寒」と聞くと、この時期の寒さを利用して、酒やお味噌を仕込む「寒仕込み」を思い浮かべる人も多いのでは?

実は、「大寒」の日に食べると良いとされる食べ物があるんです。

その食べ物は、卵。

pixta_19695220_M

「大寒卵(だいかんたまご)」と呼ばれる卵があります。これは大寒の日に産まれた卵のこと。

なんと、この「大寒卵」を食べると、「金運」がアップすると言われているんだそうです!

「大寒卵」は、通販で購入することも可能ですが、縁起物とされるので、いつも買う卵よりはお値段が上がります。

しかし希少価値の高いものなので、現実的にはなかなか購入までは難しい場合もあります。

そのため我が家では、毎年大寒の日に卵を食べています。「大寒の日に卵を食べる」ことで、金運が上昇するという説も耳にしていたためです。

最近では、スーパーでも「大寒卵」が買えるところもあるようなので、気になる方は、スーパーの卵売場をチェックしてみてくださね。

 

文・鈴木じゅん子