birth

子育て中のママからも「ほしい! 」の声多数!「20年をつづる母子健康手帳」

2表1写真斜め
一般社団法人「親子健康手帳普及協会」の作成した「20年をつづる母子健康手帳」が話題を集めています。

妊娠が確定すると受け取ることができる“母子健康手帳”。

ママとお子さんの歴史・思い出がたっぷり詰まったのが母子手帳という存在。初めて母子手帳をもらった日のことを、まだ昨日のことのように覚えています。妊娠中、健診の度に記載されている体重の変化、健診結果の内容。出産の日の記録、生まれてからの成長の記録、予防接種の記録……。

筆者は、受け取って初めて中身を確認した時に、「なぜ、6歳までしか記録できないんだろう?」と思いました。

予防接種や熱を出した時期などを予備欄に記録すると、過去子どものこれまでにかかった病気などがわかるからとても便利ですよね。

このような使い方をしてますます「なぜ、6歳までなの?」と思う事が多くなったところ、今度は20歳までの記録を残せる母子健康手帳が発売になるとのニュースを耳にしました。

■このニュースを知ったママたちの反応

「欲しい! なんで6歳までしかないんだろう?って思ってたんだよね」

「うち、小学校4年生と6年生だけどほしい」

「子ども、中二だけどほしいな」

「予防接種欄はほしい。インフルも書いてもらってたら欄うまって、今はlotの紙をはさんでる。3人子どもがいるから、予防接種はほぼ受けてるけど接種時期は覚えてられない。
母子手帳を見ながら学校の書類なんかを書いてるから助かる!」

「これはほしい! とても良い! 」

この「20年をつづる母子健康手帳」は、もともと海外に住む日本人の妊婦さんへの配布用に作られたものなんだそうです。思春期の心・行動や性教育や飲酒、喫煙についての注意が記載されているのも、従来の母子健康手帳と異なる点。

妊娠中や出生時の記録だけではなく、育児をしていく中で1人で悩みを抱えてしまう親へのコラムや、各相談窓口の連絡先などの記入欄も設けてあります。

子どもの成長の記録を長く残したいというママは、ぜひこの20年手帳を手にしてみてください。現在は、下記サイトで予約受付中です。

「20年をつづる母子健康手帳」

写真_表1

※画像をクリックしていただくと、風間書房の予約ページへ飛ぶことができます。カバー代込みで1部400円、別途送料手数料130円の計530円で販売。

2/12更新 上記サイトでは販売代行を終了したとのこと。

尚、販売代行は、日本トイザらス株式会社に移行いたしまして、

2月2日よりベビーザらス単独店全国9店舗(宇都宮店、府中店、港北ニュータウン店、名西店、東大阪店、阪急宝塚店、HAT神戸店、豊中店、熊本店)

および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」にて取扱い開始しております。 ご購入希望の方は、下記よりお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

【ベビーザらス各店舗】

ベビーザらス宇都宮店(028-656-4581)、ベビーザらス府中店(042-334-4481)、ベビーザらス港北ニュータウン店(045-913-0460)、ベビーザらス名西店(052-523-6271)、ベビーザらス東大阪店(06-4309-0171)、ベビーザらス阪急宝塚店(0797-86-5153)、ベビーザらスHAT神戸店(078-261-2050)、ベビーザらス豊中店(06-6334-5865)、ベビーザらス熊本店(096-389-2211)

 

ベビーザらス商品ページへ

 

 

文・鈴木じゅん子